128件中 81 - 90件表示
  • 前田遼一

    前田遼一から見た暁星中学校・高等学校

    2歳年長の兄の影響でサッカーを始め小学3年生の時に本格的に取り組み始める。1993年度の全国高校選手権を観て、同大会に出場した暁星高校への進学を決め1994年より暁星中学校へ進学。中学生時には東京都選抜やナショナルトレセンに選出された。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た2014 FIFAワールドカップ

    2013年のFIFAコンフェレーションズカップでも、得点場面だけではない90分通しての貢献度を高く評価されて全3試合に出場。ザッケローニからはイタリア代表戦においてアンドレア・ピルロ対策を完璧に行ったと賛辞され、元イタリア代表監督のアリゴ・サッキからも同試合で一番印象に残った選手として挙げられたが、好機を逸し無得点に終わる。その後、代表経験の少ない選手中心で臨んだ東アジア選手権で柿谷と大迫が活躍すると、以降はその2人を起用する形となり、2014 FIFAワールドカップ本大会メンバーからも外れた。W杯メンバーからは外れたものの、メンバー発表後にザッケローニは通訳の矢野大輔を通じて電話で前田にこれまでの感謝の言葉を送っている。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たJ2・J3入れ替え戦

    2012年の対象クラブはJリーグの「オリジナル10」の一つであり、降格経験のないガンバ大阪であったが、G大阪もまた前年まで3、2、3位と続いていた好成績が一転して残留争いに巻き込まれ、最終節で磐田との対戦に敗れれば降格という事態に陥る。そして試合は、前田の1得点1アシストを含む2-1のスコアで磐田が勝利し、G大阪の降格が決定。6年連続でジンクスが継続する結果となったが、2013年に前田がシーズン初ゴールを決めた浦和レッズは残留し、逆にこの年は自身の所属する磐田がJ2に降格してしまった。2014年に前田がシーズン初ゴールを決めたカマタマーレ讃岐も年間21位の成績でJ2・J3入れ替え戦に回るも、AC長野パルセイロに勝ち、J2残留を決めた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た静岡ダービー

    磐田にはドリブルを得意とするミッドフィールダー(MF)として加入するも磐田のMFの選手層が厚かったことやから、トップ下、1.5列目のFWなど起用法が一貫せず、2001年までは出場機会が乏しかった。同年9月のJ1セカンドステージ第1節清水戦(静岡ダービー)でJリーグ初得点。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た国民体育大会サッカー競技

    高校生時には国体東京都代表として1学年下の田中達也(帝京高校)らとともに2年次にベスト8入り。暁星高では主将も務めていたが、全国高校選手権は高2高3のいずれも東京都予選の準決勝で敗退したため1度も出場できなかった。また、ヴェルディ川崎の強化指定選手に登録されていた。当時は全国高校選手権で活躍した3学年年上の中村俊輔に憧れ、足元の技術やプレースタイル全般について影響を受けた。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た2001年のJリーグカップ

    2001年8月28日:公式戦初得点 - ナビスコカップ vsジェフユナイテッド市原戦 (市原臨海競技場)前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たミッドフィールダー

    磐田にはドリブルを得意とするミッドフィールダー(MF)として加入するも磐田のMFの選手層が厚かったことやから、トップ下、1.5列目のFWなど起用法が一貫せず、2001年までは出場機会が乏しかった。同年9月のJ1セカンドステージ第1節清水戦(静岡ダービー)でJリーグ初得点。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見たサッカー選手

    前田 遼一(まえだ りょういち、1981年10月9日 - )は、兵庫県神戸市出身のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションはフォワード(FW)。元日本代表。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た査証

    2011年はシーズン中盤の負傷離脱もあり3年連続での得点王を逃したが、怪我からの復帰後は9試合6得点と奮闘し、通年では14得点を挙げた。この年限りで磐田との契約が切れることもあって、横浜FMなどの他、イングランド2部リーグ・ウェストハムUtdから獲得オファーを受け渡英。メディカルチェック及び練習参加を行うも、労働ビザ取得がネックとなり契約には至らなかった。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田遼一

    前田遼一から見た2010年のJリーグカップ

    2010年、磐田との2年契約を締結。なお、クラブからは同年限りで磐田を退団する中山の背番号9を託されていたが、これを固辞している。同年11月のヤマザキナビスコカップ決勝戦では広島を相手に、延長戦に入っても衰えないプレーぶりで自身の挙げた2得点を含めて4得点に絡む大活躍を見せ大会MVPに選出された。同月27日のJ1第33節名古屋戦ではヘディングシュートを決め、史上9人目 (日本人では5人目) にして歴代最年少となるJ1通算100得点を達成。積極的にプレスを掛け、味方のスペースを作る動きと正確なトラップ、懐の深いポストプレーで確実にボールを繋ぐ多様な働きに加え、通年での活躍によって前年より減ったもののシーズン通算17得点を記録。2年連続の得点王(ジョシュア・ケネディ(名古屋)と同点で両名受賞)に輝き、Jリーグベストイレブンにも選出された。2年連続得点王は史上初である。前田遼一 フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示

「前田遼一」のニューストピックワード