245件中 61 - 70件表示
  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見た福原香織

    2011年9月、劇団ひとりプロデュースで声優の福原香織とダンスユニットRABが「福原香織とRAB」としてCDデビューすることが発表された。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見た横山雄二

    KEN-JIN BANDとして(元猿岩石の有吉弘行、RCC横山雄二アナとともに)CD『ロケット/働クオトコノウタ』発売(2004.4.29)。C/Wの「働クオトコノウタ」は、音楽プロデューサーの山本淑稀と共作ながら作曲を担当。HMV広島J-POPシングル6週連続1位を獲得した。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見たジャニーズJr.

    滝沢翼(ジャニーズJr\.志望の男)劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見た安田和博

    元々コンビを組んでいたが解散してピン芸人になったので、優香を真似てネットで芸名公募し「カツカレー」という芸名にしたが事務所から「これじゃ未来が見えない」とNGになった。続いて「波打際立夫(なみうちぎわたちお)」という芸名にしたが、これも同じ理由でNGだった。そのためデンジャラスの安田和博に相談したところ「好きな俳優とかいる?」と聞かれロバート・デ・ニーロが好きと答えると「炉端出二郎(ろばたでにろう)」と付けられた。これもNGになり遂には自分で「劇団ひとり」という芸名を決めた。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見たデンジャラスデンジャラス

    元々コンビを組んでいたが解散してピン芸人になったので、優香を真似てネットで芸名公募し「カツカレー」という芸名にしたが事務所から「これじゃ未来が見えない」とNGになった。続いて「波打際立夫(なみうちぎわたちお)」という芸名にしたが、これも同じ理由でNGだった。そのためデンジャラスの安田和博に相談したところ「好きな俳優とかいる?」と聞かれロバート・デ・ニーロが好きと答えると「炉端出二郎(ろばたでにろう)」と付けられた。これもNGになり遂には自分で「劇団ひとり」という芸名を決めた。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見た山本淑稀

    KEN-JIN BANDとして(元猿岩石の有吉弘行、RCC横山雄二アナとともに)CD『ロケット/働クオトコノウタ』発売(2004.4.29)。C/Wの「働クオトコノウタ」は、音楽プロデューサーの山本淑稀と共作ながら作曲を担当。HMV広島J-POPシングル6週連続1位を獲得した。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見た憑依芸人

    『劇団ひとり』という芸名にも表れている通り、様々なキャラクターを演じ分ける一人芝居風のコントを行う(『憑依芸人』とも呼ばれる)。川島省吾を「座長」とし、川島演じる数々のキャラクターを「団員」と呼ぶ。また、誇張の少ない妙に生々しい演技が特徴で、ネタで演じるキャラクターはマニアックな人物が多い。最近ではその演技力に注目され、俳優としての仕事やイメージが強い。そのせいかネタを披露することが激減している。ただし、『やぐちひとり』では山岡春樹姿で出演し続けた。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見た棟方志功

    我はゴッホになる! 〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜(2008年10月25日、フジテレビ) - 棟方志功 役(初主演)劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見たTake2Take2

    猿岩石は、同じ日に太田プロ入りし地方営業など一緒にまわることが多かった。猿岩石が大ブレイクした『進め!電波少年』のヒッチハイクのオーディションには劇団ひとりも参加した。このオーディションには他にバナナマン、TIMら、多くの芸人が参加したが、番組プロデューサー・土屋敏男はTake2にするつもりだったが、所属事務所から断られ、しょうがなく猿岩石にしたと話している。劇団ひとりは「猿岩石の人気が日に日に増していくと共に、嫉妬心も増幅した」と話している。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

  • 劇団ひとり

    劇団ひとりから見たU-turn

    太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある劇団日本児童出身の秋永和彦とお笑いコンビ「スープレックス」を組み漫才を展開。しかし、『ボキャブラ天国』『進め!電波少年』で、太田プロがU-turnや猿岩石などのグループをメインに売り出していたことや、川島自身の遅刻・ドタキャン癖が影響し、ブレイクの機会を逸したまま2000年5月に秋永の借金による蒸発を理由にコンビを解散、川島はピン芸人として再出発することとなった。劇団ひとり フレッシュアイペディアより)

245件中 61 - 70件表示

「劇団ひとり」のニューストピックワード

  • 足が細い、細すぎだよ

  • 初めから(役柄が)しっくりきていた気がする

  • COYOTE UGLY SALOON ROPPONGI