159件中 31 - 40件表示
  • 加瀬亮

    加瀬亮から見た2009年

    2009年 - フジテレビ系ドラマ『ありふれた奇跡』で連続ドラマ初出演。仲間由紀恵とW主演。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見たアッバス・キアロスタミ

    行定勲監督『ロックンロールミシン』、黒沢清監督『叫』、森崎東監督『ニワトリはハダシだ』、周防正行監督『それでもボクはやってない』、山田洋次監督『おとうと』、北野武監督の『アウトレイジ』などの日本映画をはじめ、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』、ミシェル・ゴンドリー監督『TOKYO! インテリア・デザイン』、ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』、アッバス・キアロスタミ監督の『Like Someone in Love』など、海外の監督作品へも積極的に出演している。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見たエドワード・ヤン

    映画に対する思い入れは強く、「世界感覚」を変えたと語る監督にジョン・カサヴェテス、ビクトル・エリセ、相米慎二を挙げ、映画との「出会い」はカサヴェテスの『こわれゆく女』、エドワード・ヤンの『牯嶺街少年殺人事件』であったという。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見た木下惠介

    はじまりのみち(2013年予定) - 主演・木下惠介加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見たビクトル・エリセ

    映画に対する思い入れは強く、「世界感覚」を変えたと語る監督にジョン・カサヴェテス、ビクトル・エリセ、相米慎二を挙げ、映画との「出会い」はカサヴェテスの『こわれゆく女』、エドワード・ヤンの『牯嶺街少年殺人事件』であったという。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見たガス・ヴァン・サント

    行定勲監督『ロックンロールミシン』、黒沢清監督『叫』、森崎東監督『ニワトリはハダシだ』、周防正行監督『それでもボクはやってない』、山田洋次監督『おとうと』、北野武監督の『アウトレイジ』などの日本映画をはじめ、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』、ミシェル・ゴンドリー監督『TOKYO! インテリア・デザイン』、ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』、アッバス・キアロスタミ監督の『Like Someone in Love』など、海外の監督作品へも積極的に出演している。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見た相米慎二

    映画に対する思い入れは強く、「世界感覚」を変えたと語る監督にジョン・カサヴェテス、ビクトル・エリセ、相米慎二を挙げ、映画との「出会い」はカサヴェテスの『こわれゆく女』、エドワード・ヤンの『牯嶺街少年殺人事件』であったという。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見た付き人

    浅野の付き人からスタートし、『バトル・ロワイアル』などの現場に製作スタッフとして参加しながら、2000年に映画『五条霊戦記』(石井聰亙監督)でスクリーンデビュー。以降、映画を中心に活動を続ける。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見た李相日

    「草食系」で、はにかみ屋の印象を持たれているが、映画監督の李相日は、それらと同時にハプニングを楽しむ破壊衝動をあわせ持つ「肉食系」の二面性を持っていると語る。また、芝居に対しては演出の意図以上の深い解釈を提示し、2010年代に入っては監督との意見の食い違いも取り込める幅の太さを身に付けてきていると評した。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

  • 加瀬亮

    加瀬亮から見た加瀬豊

    加瀬豊(当時は日商岩井勤務、現双日会長・元社長)の長男として生まれる。父親の仕事の都合により、生後まもなく渡米。7歳までの約7年間をアメリカ合衆国のワシントン州ベルビュー(Bellevue)市で過ごす。加瀬亮 フレッシュアイペディアより)

159件中 31 - 40件表示

「加瀬亮」のニューストピックワード