前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示
  • 中原誠

    中原誠から見た加藤一二三加藤一二三

    中原 誠(なかはら まこと、1947年9月2日 - )は、将棋棋士。2009年3月、引退。十六世名人、および、永世十段・永世王位・名誉王座・永世棋聖という5つの永世称号を保持し、かつ、いずれも引退前から名乗る。通算1308勝は大山康晴、羽生善治、加藤一二三に次ぎ歴代4位。通算タイトル獲得数64期は羽生、大山に次ぎ歴代3位。中原誠 フレッシュアイペディアより)

  • 大逆転将棋

    大逆転将棋から見た加藤一二三加藤一二三

    ●神田紅?○羽生善治 「中原誠対加藤一二三の対局から(勝ち加藤)」大逆転将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年度の将棋界

    2016年度の将棋界から見た加藤一二三加藤一二三

    第59回奨励会三段リーグ戦18・19回戦にて、藤井聡太三段が四段昇段を決め、加藤一二三九段の14歳7ヶ月の記録を5ヶ月更新し、14歳2ヶ月で史上最年少プロ棋士となった。2016年度の将棋界 フレッシュアイペディアより)

  • 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト

    日テレ系音楽の祭典 ベストアーティストから見た加藤一二三加藤一二三

    今年で振り付けソングが生まれて50周年になることを祝して、『みんな踊れる!振り付けソング50年メドレー』という企画を豪華コラボで10曲披露。ラインナップは嵐×乃木坂46の「A・RA・SHI」、モーニング娘。×Sexy Zoneの「LOVEマシーン」、堺正章×関ジャニ∞の「バン・バン・バン」、荻野目洋子×ジャニーズWESTの「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」、EXILE THE SECOND×TAKAHIRO×堺正章の「Choo Choo TRAIN」、修二と彰×Hey! Say! JUMPの「青春アミーゴ」、RADIO FISH×NEWSの「PERFECT HUMAN」、AKB48×加藤一二三×ANZEN漫才×にゃんこスター×羽鳥慎一×桝太一の「恋するフォーチュンクッキー」、増田恵子×E-girlsの「UFO」、Perfume×水卜麻美×近藤春菜の「ポリリズム」である。日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト フレッシュアイペディアより)

  • 2017 FNS歌謡祭

    2017 FNS歌謡祭から見た加藤一二三加藤一二三

    バラエティ番組『アウト×デラックス』発!! “ひふみん”こと加藤一二三が音楽番組で初歌唱&モーニング娘。'17と一夜限りのスペシャルコラボ!!2017 FNS歌謡祭 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本

    2017年の日本から見た加藤一二三加藤一二三

    史上最年長プロ棋士(当時77歳)である加藤一二三九段が現役を引退し、62年10か月にわたるプロ棋士生活を終える。その愛らしいキャラクターから「ひふみん」の愛称で親しまれた。2017年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 順位戦

    順位戦から見た加藤一二三加藤一二三

    初の中学生棋士となった加藤一二三は、C級2組からA級まで1期抜けを果たし18歳でA級八段となり、「神武以来の天才」と呼ばれた(八段昇段、A級昇級ともに最年少記録)。その後、現在に至るまで10代のA級棋士は現れていない。当の加藤にとって最初のA級順位戦は、4勝5敗と負け越しを喫するも、次期1960年の(19期で)は6勝2敗で最年少(20歳)の名人挑戦者となる。大山康晴名人に挑戦したが、1勝4敗で名人を獲得することはできなかった(奪取失敗)。20期は3勝6敗で降級を喫し、初の前期挑戦者の降級となった。名人になったのは、初挑戦から22年を経た1982年であった。順位戦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生善治

    羽生善治から見た加藤一二三加藤一二三

    同年、奨励会入会試験に合格。以降、1年あまりで6級から初段に昇段するなど驚異的な速度で昇級・昇段(後述)を重ね、1985年12月18日に三段での13勝4敗を記録。この成績をもって、当時の規定により四段に昇段してプロに昇格。加藤一二三、谷川浩司に続く史上3人目の中学生棋士となる。羽生善治 フレッシュアイペディアより)

  • 棋士 (将棋)

    棋士 (将棋)から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三(1940-) - 通算獲得タイトル8期(うち名人1期)。当時史上最年少となる14歳でのプロ棋士資格。連続昇級による18歳でのA級棋士と20歳での名人戦挑戦(最年少記録)。A級順位戦通算149勝(歴代1位)。62歳のA級在位(歴代2位)。初の1000敗達成。史上初の勤続60年。公式戦の生涯対局数は2505局(歴代1位)。通称「神武以来(じんむこのかた)の天才」。棋士 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 竜王戦

    竜王戦から見た加藤一二三加藤一二三

    2016年12月24日のランキング戦6組1回戦にて同年9月に史上最年少の14歳2か月で四段に昇段した藤井聡太のデビュー戦、かつ第30期の開幕局として、奇しくもこれまでの四段昇段最年少記録を保持していた加藤一二三との対局が行われた。対局当時、藤井は14歳5か月、加藤は76歳11か月で年齢差62歳という将棋の公式戦史上年齢差のある対局となり、結果は110手で藤井四段の勝ちとなった。この対局で藤井は公式戦での最年少勝利を収めた一方、加藤は将棋界史上初めて(かつ唯一の)19世紀生まれ?21世紀生まれの棋士と公式戦で対局した人物となった。のちに加藤九段はC級2組順位戦で3つ目の降級点を喫し引退が決定したので両者が共にエントリーする棋戦はこの第30期竜王戦の他に第43期棋王戦と第66回NHK杯戦だけだった。加藤はその後行われた3位決定戦が現役最後の対局となった一方で、藤井はそのままランキング戦で優勝し史上最年少で本戦に出場することになっただけでなく他の公式戦でも無敗を続け、2017年6月26日に本選トーナメント1回戦対増田康宏戦の勝利で神谷広志が30年近く保持していた最多連勝記録28を抜き歴代単独1位の29連勝を樹立。第30期竜王戦は将棋界の世代交代を象徴する棋戦となった他、後述する羽生の永世七冠達成など記録づくめの棋戦ともなった。竜王戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
155件中 1 - 10件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード