155件中 101 - 110件表示
  • 北村昌男

    北村昌男から見た加藤一二三加藤一二三

    2年後、第10期(1955年度)C級1組順位戦で11勝2敗の1位で、B級2組へ昇級。このとき、2位で同時に昇級した‘神武以来の天才’こと加藤一二三を破っている。北村昌男 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋めし

    将棋めしから見た加藤一二三加藤一二三

    盤外戦術で相手を揺さぶるのが常套手段で、作中でも格下のなゆたを相手にわざと下座に座る、なゆたの背後から盤面を覗き込む(いわゆる「ひふみんアイ」)などの手を繰り出す。終いにはなゆたが注文したカツ丼を、間違えたふりをしてわざと食べてしまった。将棋めし フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のラジオ (日本)

    2017年のラジオ (日本)から見た加藤一二三加藤一二三

    5日 - NHKラジオ第一にて夏恒例の音楽特番『第49回思い出のメロディー』(19:30 - 21:59、総合テレビでも同時放送)を東京・渋谷のNHKホールから生放送。司会は氷川きよし(演歌歌手)と有働由美子(NHKアナウンサー)が担当。今回、特別ゲストとして加藤一二三(元・将棋九段)が出演ほか、1982年に名曲「待つわ」を大ヒットさせた女性デュオ・あみん(岡村孝子・加藤晴子)が一夜限りの復活出演。2017年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 敗戦

    敗戦から見た加藤一二三加藤一二三

    将棋の最多敗戦記録は加藤一二三(元名人・九段)が保持しており、2007年には史上初の通算1000敗を記録し、2017年の引退時点で1180敗となった。敗戦 フレッシュアイペディアより)

  • 聖イグナチオ教会

    聖イグナチオ教会から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三 - 棋士。カトリックの信者でもあり、本教会で結婚式を挙げる前に、カップルに対して結婚講話(婚姻の秘跡)を行なっている。聖イグナチオ教会 フレッシュアイペディアより)

  • 南芳一

    南芳一から見た加藤一二三加藤一二三

    1984年度と1985年度は順位戦に星を集める。1984年度(第43期・B級2組)で9勝1敗・1位の成績、1985年度(第44期・B級1組)は9勝2敗・1位の成績。デビューから僅か5年で4度の昇級をし、一気にA級八段に昇格。22歳でのA級昇級は、加藤一二三、谷川浩司に次ぐ3位タイの記録(ほかには中原誠、羽生善治)。1985年度は15連勝を記録し、将棋大賞の連勝賞を受賞。南芳一 フレッシュアイペディアより)

  • 平畑善介

    平畑善介から見た加藤一二三加藤一二三

    なお、その際に九州の有望な若手として加藤一二三を挙げていた。平畑善介 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋道雄

    高橋道雄から見た加藤一二三加藤一二三

    1984年度、王位を加藤一二三に奪われるが、その翌年(1985年)すぐに奪還する。高橋道雄 フレッシュアイペディアより)

  • 郷田真隆

    郷田真隆から見た加藤一二三加藤一二三

    序盤から長考することが多いが、持ち時間の少ない早指し将棋や残り時間の無い秒読みの戦いにも強い。これに関しては、加藤一二三との類似性がある。郷田真隆 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋日本シリーズ

    将棋日本シリーズから見た加藤一二三加藤一二三

    1981年(昭和56年、第1回) - 大山康晴の発案で創設(この回のみ年初頭に行われたため1980年度の開催となる)。タイトル保持者であった、中原誠名人、加藤一二三十段、大山康晴王将、米長邦雄棋聖(肩書きは大会開始時点のもの)の4人によるトーナメントだった。将棋日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

155件中 101 - 110件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード