155件中 11 - 20件表示
  • 内藤國雄

    内藤國雄から見た加藤一二三加藤一二三

    2010年5月24日、有吉道夫の引退に伴い、現役最年長棋士となる。(最古参は加藤一二三であるが、出生日は内藤の方が2ヶ月ほど早い)内藤國雄 フレッシュアイペディアより)

  • ツノ銀中飛車

    ツノ銀中飛車から見た加藤一二三加藤一二三

    戦いながら左の金銀を手順に玉の守備に回すのがかつて大山康晴が得意とした指しまわし。また、3八(7二)飛からの袖飛車での逆襲も有力な手筋。これに対して居飛車側は対四間飛車の時とは違い、棒銀などの急戦を仕掛けるのは非常に困難であるが、後手中飛車に対しての加藤流袖飛車や金立ち戦法が知られている。また、持久戦としては居飛車穴熊や玉頭位取り戦法などが有力な対策である。ツノ銀中飛車 フレッシュアイペディアより)

  • 丸田祐三

    丸田祐三から見た加藤一二三加藤一二三

    1996年3月12日、76歳11か月で、植山悦行に順位戦で勝利した(2017年1月20日に加藤一二三が更新するまでは、最年長勝利記録であった)。丸田祐三 フレッシュアイペディアより)

  • ひねり飛車

    ひねり飛車から見た加藤一二三加藤一二三

    升田幸三が升田式石田流と並んで多く採用し、加藤一二三・中原誠を破った独特な指し方で、玉を坊主美濃(2七歩のない片美濃囲い)に囲うのが特色。ひねり飛車 フレッシュアイペディアより)

  • 袖飛車

    袖飛車から見た加藤一二三加藤一二三

    対後手ツノ銀中飛車に対する有力な対策として、加藤一二三の「加藤流袖飛車」は実戦例も多く、対ツノ銀中飛車における主流戦法であった。近年は居飛車穴熊戦法がツノ銀中飛車を壊滅に追いやったために、ツノ銀中飛車自体が採用されず、殆ど見ることが無い。袖飛車 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木慎

    佐々木慎から見た加藤一二三加藤一二三

    棋王戦では予選から加藤一二三らを制するも、挑戦者決定トーナメント2回戦で当時タイトルホルダー(棋聖・王将)の佐藤康光に敗れる。佐々木慎 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋大賞

    将棋大賞から見た加藤一二三加藤一二三

    升田幸三賞特別賞 加藤一二三 「棒銀をはじめとする数々の新工夫」※将棋大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 名人 (将棋)

    名人 (将棋)から見た加藤一二三加藤一二三

    実力制第六代名人 加藤一二三名人 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 谷川浩司

    谷川浩司から見た加藤一二三加藤一二三

    プロを目指すことになった浩司は、小学5年の4月(1973年)に、5級で奨励会で指し始める。以降、順調に昇級・昇段を重ね、中学2年時代の1976年12月20日に四段に昇段してプロデビューした。加藤一二三以来、史上2人目の「中学生棋士」となっている。プロ将棋史上、中学2年以下でプロ入りした棋士は谷川が史上初である(加藤の方が年齢は若いのだが、誕生日の関係で加藤のプロ入りは中学3年である)。谷川浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 升田幸三

    升田幸三から見た加藤一二三加藤一二三

    実質的な後継者は加藤一二三であるとされているが、加藤のみならずその棋風を慕う棋士は多く、現在の第一人者の羽生善治も、将棋を指したい人は誰かと言う問いに「升田先生と指したい」と述べている(羽生は升田の引退後に囲碁を打ったことはあるが、将棋は指してもらえなかった)。将棋年鑑で「指してみたい棋士」という全棋士アンケートが実施された際にも(羽生世代の棋士は大山と指したことがあるという事情はあるにせよ)、升田の名をあげた棋士の数は、大山・木村を凌いでいる。谷川浩司とはペア将棋では対局したことはあるが、通常の対局で指したことはなかった。升田幸三 フレッシュアイペディアより)

155件中 11 - 20件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード