105件中 11 - 20件表示
  • 谷川浩司

    谷川浩司から見た加藤一二三加藤一二三

    そしてプロを目指すことになった浩司は、小学5年の4月(1973年)に、5級で奨励会で指し始める。以降、順調に昇級・昇段を重ね、中学2年時代の1976年12月20日に四段に昇段してプロデビューした。加藤一二三以来、史上2人目の「中学生棋士」の誕生である。プロ将棋史上、中学2年以下でプロ入りした棋士は谷川のみである。ただし、最年少棋士の記録保持者は加藤である(谷川は4月生まれ、加藤は1月生まれであるため)。谷川浩司 フレッシュアイペディアより)

  • NHK杯テレビ将棋トーナメント

    NHK杯テレビ将棋トーナメントから見た加藤一二三加藤一二三

    第61回(2011年度)までの最多優勝は羽生善治の10回であり、次いで大山康晴が8回、加藤一二三が7回優勝している(下表を参照)。NHK杯テレビ将棋トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 高島弘光

    高島弘光から見た加藤一二三加藤一二三

    1975年度に新たなタイトル戦として誕生した棋王戦は、第1期に限り3名によるリーグ戦(2局ずつの総当り)で行われた。予選で森安秀光、加藤一二三、大内延介、真部一男らを破った高島は、大内、内藤國雄とともに決勝リーグに進出。結果は4戦全敗に終わり、初代棋王にはなれなかった。高島弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 55年組 (将棋)

    55年組 (将棋)から見た加藤一二三加藤一二三

    55年組はプロ棋士になって直ぐに頭角を現す。高橋が1983年に内藤國雄から王位のタイトルを奪取したのを先駆けとして、55年組は順位戦をはじめ多くの棋戦で活躍し、中原誠・米長邦雄・加藤一二三・谷川浩司・桐山清澄・福崎文吾らと激しいタイトル争いを演じた。55年組 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 村中秀史

    村中秀史から見た加藤一二三加藤一二三

    2010年3月9日のC級2組順位戦最終戦で、有吉道夫九段に勝利。有吉はこの敗戦で加藤一二三に次ぐ史上2人目の公式戦1,000敗に到ると同時に、延べ54期に亘り参加し続けた順位戦から退いた。村中秀史 フレッシュアイペディアより)

  • 戸辺誠

    戸辺誠から見た加藤一二三加藤一二三

    2007年8月22日の朝日杯将棋オープン戦一次予選で、加藤一二三九段に勝利。加藤にとっては、この敗戦が史上初の公式戦1000敗目となった。戸辺誠 フレッシュアイペディアより)

  • 剱持松二

    剱持松二から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三の後年の師匠として知られている。年上だがプロ入りが加藤より遅いのに師匠という不思議な関係である。これは剱持の師匠の荒巻がキリスト教の信仰に理解があり、加藤が師匠を変更する時には既に故人であったため、荒巻の弟子の剱持を師匠にしたということらしい。剱持松二 フレッシュアイペディアより)

  • 笠井友貴

    笠井友貴から見た加藤一二三加藤一二三

    詰将棋が好きで、月に1冊は詰将棋の書籍を買う。2008年1月2日放送の「大逆転将棋2008」では、“T-1(詰めワン)グランプリ”に出場し、加藤一二三九段らを抑えて出場5人中2位の成績を収める。笠井友貴 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋大賞

    将棋大賞から見た加藤一二三加藤一二三

    6位(1回)二上達也、加藤一二三、高橋道雄、森内俊之、佐藤康光将棋大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 稲築町

    稲築町から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三(プロ将棋棋士)稲築町 フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード