105件中 31 - 40件表示
  • 熊谷達人

    熊谷達人から見た加藤一二三加藤一二三

    1947年10月、府立天王寺中学5年在学中に野村慶虎門下に入門。1949年に四段に昇段。1950年のC級2組順位戦では同率決戦に敗れて昇級はならなかったが、成績優秀により昇段。1962年、王座戦に挑戦したが加藤一二三に0-2で敗れる。熊谷達人 フレッシュアイペディアより)

  • 野村慶虎

    野村慶虎から見た加藤一二三加藤一二三

    1930年に神田辰之助門下に入門し1936年に四段に昇段する。戦後、戦災により1947年の第2期順位戦C級クラスから参加する。第9期順位戦C級2組で、当時15歳の加藤一二三と対局する。加藤が順位戦で対局した棋士で最年長、かつ唯一の19世紀生まれの棋士である。1957年に引退。野村慶虎 フレッシュアイペディアより)

  • 木下晃

    木下晃から見た加藤一二三加藤一二三

    第31回(1981年度)NHK杯戦で大内延介八段、森雞二八段、大山康晴王将らを破りベスト4進出の活躍(準決勝で加藤一二三十段に敗れる)。木下晃 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺一郎

    田辺一郎から見た加藤一二三加藤一二三

    1973年度、第1回名将戦で予選を突破。1974年度に行われた本戦では、1回戦で加藤一二三九段を破るが、2回戦で中原誠名人(三冠王)に敗れる。なお、同棋戦では第3回、第4回、第7回、第13回でも本戦出場している。田辺一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北村昌男

    北村昌男から見た加藤一二三加藤一二三

    2年後、第10期(1955年度)C級1組順位戦で11勝2敗の1位で、B級2組へ昇級。このとき、2位で同時に昇級した‘神武以来の天才’こと加藤一二三を破っている。北村昌男 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部久雄

    長谷部久雄から見た加藤一二三加藤一二三

    第3期(1964年度)十段戦で、難関の十段リーグに入るが、2勝8敗の成績に終わる。リーグには升田幸三、二上達也、加藤一二三らがいた。長谷部久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高田丈資

    高田丈資から見た加藤一二三加藤一二三

    第1回(1972年度後期)早指し将棋選手権で本戦2回戦に進出(中原名人(三冠)に敗れる)。同棋戦ではその後も活躍しており、第4回(1974年度前期)では本戦3回戦進出(桐山に敗れる)。第5回(1974年度後期)では早指しを得意とする加藤一二三(元十段)を予選で破り、本戦では2回戦まで進出。第10回(1977年度前期)では本戦1回戦進出。第11回1977年度後期)では本戦2回戦進出(中原名人(四冠)に敗れる)。第12回(1978年度)では本戦で森安秀光らを破り4回戦進出(有吉道夫(元棋聖)に敗れる)。高田丈資 フレッシュアイペディアより)

  • 待った

    待ったから見た加藤一二三加藤一二三

    囲碁や将棋で、一度指した手を指し直すことも「待った」といわれる場合もある。公式ルールでは即座に反則負けとなる。加藤一二三はこれで処分を受けたことがある。待った フレッシュアイペディアより)

  • 日本将棋大系

    日本将棋大系から見た加藤一二三加藤一二三

    坂田三吉・神田辰之助 / 加藤一二三著 1979年1月日本将棋大系 フレッシュアイペディアより)

  • 袖飛車

    袖飛車から見た加藤一二三加藤一二三

    対後手ツノ銀中飛車に対する有力な対策として、加藤一二三の「加藤流袖飛車」は実戦例も多く、対ツノ銀中飛車における主流戦法であった。近年は居飛車穴熊戦法がツノ銀中飛車を壊滅に追いやったために、ツノ銀中飛車自体が採用されず、殆ど見ることが無い。袖飛車 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード