155件中 41 - 50件表示
  • 畝美与吉

    畝美与吉から見た加藤一二三加藤一二三

    戦後は戦災のために第1期順位戦は不参加。1947年の第2期順位戦からC級に参加。1954年11月2日、第9期順位戦(C級2組)で当時14歳の加藤一二三と対戦したが、敗れている。1956年の第11期順位戦でC級2組から降格し、翌年は56歳にして予備リーグ(現在の三段リーグに相当)で対局する。1957年前期予備リーグでも1勝11敗と大きく負け越し、引退。畝美与吉 フレッシュアイペディアより)

  • 盤寿

    盤寿から見た加藤一二三加藤一二三

    現役で盤寿を迎えた棋士は、近代将棋史上ではまだ存在しない。2017年時点までの現役最年長記録は加藤一二三で、数えの78歳(盤寿の3年前、満77歳6ヶ月。丸田祐三も数え78歳まで指したが引退時満77歳0ヶ月だった)。参考ながら、囲碁には橋本宇太郎・杉内雅男など、数えの81歳を現役で迎えた棋士が複数存在する。盤寿 フレッシュアイペディアより)

  • 野村慶虎

    野村慶虎から見た加藤一二三加藤一二三

    1930年に神田辰之助門下に入門し1936年に四段に昇段する。戦後、戦災により1947年の第2期順位戦C級クラスから参加する。第9期順位戦C級2組で、当時15歳の加藤一二三と対局する。加藤が順位戦で対局した棋士で最年長、かつ唯一の1800年代生まれの棋士である。1957年に引退。野村慶虎 フレッシュアイペディアより)

  • 戸辺誠

    戸辺誠から見た加藤一二三加藤一二三

    2007年8月22日の朝日杯将棋オープン戦一次予選で、加藤一二三九段に勝利。加藤にとっては、この敗戦が史上初の公式戦1000敗目となった。戸辺誠 フレッシュアイペディアより)

  • 棋風

    棋風から見た加藤一二三加藤一二三

    将棋の場合、「居飛車党」と「振り飛車党」のいずれかに該当し、さらに「急戦派」か「持久戦派」のどちらかに分類される。また、羽生善治のように相手にあわせて自在に戦法を変えたり、加藤一二三のように一つの戦法にこだわりを見せる、などの信念の違いも棋風の一つとされる。棋風 フレッシュアイペディアより)

  • 神武景気

    神武景気から見た加藤一二三加藤一二三

    また、当時は「の○○」という言葉が流行した(「神武以来の美少年(美輪明宏)」、「神武以来の天才(加藤一二三)」など)。神武景気 フレッシュアイペディアより)

  • 師弟

    師弟から見た加藤一二三加藤一二三

    一旦四段になれば将棋界では、同門はおろか師弟でも対戦し、師匠が稽古場所を提供するわけでも技術指導をするわけでもないため師弟関係は落語や相撲ほど強いものではないが、それでもやはり棋士には師匠がいなくてはならないことになっている。加藤一二三が名人にもなり功成り名遂げた後に「わけあって今の師匠(南口繁一)の門下でいたくない」と言いだした時にも、別の棋士(剱持松二)を新たな師匠に選ぶ形としている。剱持は四段になったのが加藤より遅いのだが、「師匠不在」に比べれば「後輩の弟子」のほうがより許容範囲内とみなされたようである。師弟 フレッシュアイペディアより)

  • 55年組 (将棋)

    55年組 (将棋)から見た加藤一二三加藤一二三

    55年組はプロ棋士になって直ぐに頭角を現す。高橋が1983年に内藤國雄から王位のタイトルを奪取したのを先駆けとして、55年組は順位戦をはじめ多くの棋戦で活躍し、中原誠・米長邦雄・加藤一二三・谷川浩司・桐山清澄・福崎文吾らと激しいタイトル争いを演じた。55年組 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 金子金五郎

    金子金五郎から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三『日本将棋大系 第14巻 坂田三吉・神田辰之助』(筑摩書房、1979年)金子金五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 荒巻三之

    荒巻三之から見た加藤一二三加藤一二三

    なお、荒巻の死後、加藤一二三は1998年に当初の師匠である南口繁一を逆破門し、剱持松二門に移った。剱持に師匠になってもらった理由は、加藤が剱持と懇意であったこともあるが、剱持の師匠である荒巻が、加藤と家族ぐるみの付き合いをしていた縁があったからだという。荒巻三之 フレッシュアイペディアより)

155件中 41 - 50件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード