155件中 51 - 60件表示
  • 南口繁一

    南口繁一から見た加藤一二三加藤一二三

    弟子に森信雄及び滝誠一郎がおり、村山聖をはじめとする森門下の棋士及び阿久津主税(滝の弟子)は孫弟子にあたる。加藤一二三も入門当初は南口門下であったが、1998年に自ら申し出て、剱持松二門下に変わっており、現在の加藤一二三の公式プロフィールから南口の名は消えている。これは相当異例なことである。また、伊藤果も関西奨励会に入会した当初は南口門下だったが、その後関東奨励会に移籍した際に高柳敏夫門下に変更している。そのため伊藤の公式プロフィールにも加藤の公式プロフィール同様南口の名はない。南口繁一 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷達人

    熊谷達人から見た加藤一二三加藤一二三

    1947年10月、府立天王寺中学5年在学中に野村慶虎門下に入門。1949年に四段に昇段。1950年のC級2組順位戦では同率決戦に敗れて昇級はならなかったが、成績優秀により昇段。1962年、王座戦に挑戦したが加藤一二三に0-2で敗れる。熊谷達人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤庄平

    佐藤庄平から見た加藤一二三加藤一二三

    師匠の原田とは10歳違いであり、1949年に佐藤が6級で原田門に入門したとき、原田はまだ26歳であった。プロ入りは1954年の7月、棋士番号は63であり、その直後(約1か月後)にプロ入りしたのが史上初の「中学生棋士」・加藤一二三である。佐藤庄平 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部久雄

    長谷部久雄から見た加藤一二三加藤一二三

    第3期(1964年度)十段戦で、難関の十段リーグに入るが、2勝8敗の成績に終わる。リーグには升田幸三、二上達也、加藤一二三らがいた。長谷部久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 芹沢博文

    芹沢博文から見た加藤一二三加藤一二三

    14歳の時に入門。19歳で四段となる。1年目の順位戦こそ惜しくも昇級を逃すが、2年目からは4年続けて昇級し、24歳でA級八段となる。ちなみに、C級2組から4年続けて昇級を果たしたのは、芹沢の他に加藤一二三、中原誠、谷川浩司の名人経験者3名に、田中寅彦の計4名しかいない。このようなことから、芹沢は『若き天才』『俊英』と呼ばれた。芹沢博文 フレッシュアイペディアより)

  • 剱持松二

    剱持松二から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三の後年の師匠として知られている。年上だがプロ入りが加藤より遅いのに師匠という不思議な関係である。これは剱持の師匠の荒巻がキリスト教の信仰に理解があり、加藤が師匠を変更する時には既に故人であったため、荒巻の弟子の剱持を師匠にしたということらしい。なお後に剱持自身、加藤とは「升田(幸三)先生が仲人を務めた」という共通点が有り、過去に何度も升田邸で顔を合わせていて「気持ちは通じていた」との裏話を明かした上で、「誰も引き受けたがらないという話になると、棋界広しとはいえ、私しかいないでしょう」と語っている。剱持松二 フレッシュアイペディアより)

  • 高島弘光

    高島弘光から見た加藤一二三加藤一二三

    1975年度に新たなタイトル戦として誕生した棋王戦は、第1期に限り3名によるリーグ戦(2局ずつの総当り)で行われた。予選で森安秀光、加藤一二三、大内延介、真部一男らを破った高島は、大内、内藤國雄とともに決勝リーグに進出。結果は4戦全敗に終わり、初代棋王にはなれなかった。高島弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 木下晃

    木下晃から見た加藤一二三加藤一二三

    第31回(1981年度)NHK杯戦で大内延介八段、森雞二八段、大山康晴王将らを破りベスト4進出の活躍(準決勝で加藤一二三十段に敗れる)。木下晃 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺一郎

    田辺一郎から見た加藤一二三加藤一二三

    1973年度、第1回名将戦で予選を突破。1974年度に行われた本戦では、1回戦で加藤一二三九段を破るが、2回戦で中原誠名人(三冠)に敗れる。なお、同棋戦では第3回、第4回、第7回、第13回でも本戦出場している。田辺一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高田丈資

    高田丈資から見た加藤一二三加藤一二三

    第1回(1972年度後期)早指し将棋選手権で本戦2回戦に進出(中原名人(三冠)に敗れる)。同棋戦ではその後も活躍しており、第4回(1974年度前期)では本戦3回戦進出(桐山に敗れる)。第5回(1974年度後期)では早指しを得意とする加藤一二三(元十段)を予選で破り、本戦では2回戦まで進出。第10回(1977年度前期)では本戦1回戦進出。第11回1977年度後期)では本戦2回戦進出(中原名人(四冠)に敗れる)。第12回(1978年度)では本戦で森安秀光らを破り4回戦進出(有吉道夫(元棋聖)に敗れる)。高田丈資 フレッシュアイペディアより)

155件中 51 - 60件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード