105件中 51 - 60件表示
  • 佐藤庄平

    佐藤庄平から見た加藤一二三加藤一二三

    師匠の原田とは10歳違いであり、1949年に佐藤が6級で原田門に入門したとき、原田はまだ26歳であった。プロ入りは1954年の7月、棋士番号は63であり、その直後(約1か月後)にプロ入りしたのが史上初の「中学生棋士」・加藤一二三である。佐藤庄平 フレッシュアイペディアより)

  • 中村修

    中村修から見た加藤一二三加藤一二三

    1984年度、第43期順位戦B級2組では、初戦から5連敗を喫し、4勝6敗と振るわず。しかし、第45期棋聖戦で、当時全盛期を迎えていた米長邦雄三冠(棋聖・棋王・王将)への挑戦権を獲得し、タイトル戦への初登場を果たす。挑戦者決定トーナメントの対戦相手は、谷川浩司、二上達也、加藤一二三、森安秀光で、全員がタイトル経験者であった。五番勝負はフルセットの戦いとなったが、2勝3敗で惜敗し、タイトル奪取には至らなかった。ちなみに、この五番勝負は全て後手番を持った方が勝った。タイトル戦における後手番全勝は史上初である。第12回将棋大賞で敢闘賞を受賞。中村修 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生世代

    羽生世代から見た加藤一二三加藤一二三

    1980年代後半、彼らは先輩棋士達を打ち負かしていく。1988年度のNHK杯戦では、18歳の羽生が4人の名人経験者(大山康晴十五世名人、加藤一二三九段、谷川浩司名人(準決勝)、中原誠棋聖・王座(決勝))を破るという、まるで作ったような舞台設定で優勝し、チャイルドブランドからの初の棋戦優勝者となる。羽生世代 フレッシュアイペディアより)

  • 居飛車舟囲い急戦

    居飛車舟囲い急戦から見た加藤一二三加藤一二三

    後手の中飛車に対して加藤一二三が定跡を整備したため、加藤流とも呼ばれる。居飛車舟囲い急戦 フレッシュアイペディアより)

  • 棒銀

    棒銀から見た加藤一二三加藤一二三

    プロの対局でもしばしば現れ、加藤一二三、木村一基、渡辺明らは振り飛車に対して棒銀戦法を得意としている。棒銀 フレッシュアイペディアより)

  • 矢倉3七銀

    矢倉3七銀から見た加藤一二三加藤一二三

    1990年代前半、勝率7割ともいわれた森下システム全盛時にも、独特のこだわりをもつ加藤一二三九段によって指され続けた息の長い戦法で、今でも矢倉を得意とする居飛車党によって愛用されている。当初は▲2六歩を早くから突く矢倉24手組からの移行であったが(頑なに飛車先不突矢倉を拒んでいた加藤一二三九段も)現在は飛車先不突矢倉から組むことが多い。矢倉3七銀 フレッシュアイペディアより)

  • 大内延介

    大内延介から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三に対局時の癖(空咳をする、相手の後ろに回り込んで将棋盤を見るなど)の改善を求め、将棋連盟理事会に申し入れをしたことがある。「気にしては損だとわかってはいるんだけど、気になるのだからしようがない」と語ったこともある。自身のタイトル防衛がかかった第2期棋王戦は、加藤に0-3で敗れた。大内延介 フレッシュアイペディアより)

  • 横歩取り

    横歩取りから見た加藤一二三加藤一二三

    かつては脇謙二・佐藤康光などが多用した戦法。加藤一二三も自身が解説者のときに指され、解説してみると案外と有力な戦法であったため一時期よく使っていた。とりわけ佐藤は1999年に名人戦の第1戦(谷川浩司 - 佐藤康光)でこの戦法を使用し、勝利を収めている。しかしながら、現在はほとんどプロの間で採用されていない。横歩取り フレッシュアイペディアより)

  • 地域猫

    地域猫から見た加藤一二三加藤一二三

    しかし同活動が2000年代になって急速に名前だけが知られるようになると、無造作に餌を与えるだけの活動を地域猫活動だと自称して住民間の摩擦を生むケースも相次ぐようになった。例えば、プロ将棋棋士の加藤一二三が1993年頃から集合住宅の自宅庭で野良猫に餌やりをしていたケースでは、最大で18匹にもなった猫の糞や騒音・生ゴミの食い散らかしが問題となった。2002年頃より集合住宅の住民17人が、管理組合と共に餌やり行為に反対し抗議していたが、加藤側は地域猫活動だとした上で、猫に避妊手術を受けさせたなどとも主張して、2008年より係争関係となった。住人側と管理組合は、加藤が餌やりを中止することと慰謝料など645万円を賠償することを求めていた。2010年5月13日、東京地方裁判所立川支部は、加藤に餌やり中止と204万円の支払いを命じる判決を言い渡した。地域猫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木慎

    佐々木慎から見た加藤一二三加藤一二三

    第59期(2011年度)王座戦で加藤一二三・戸辺誠およびA級九段の高橋道雄らを破り本戦進出。本戦では青野照市に勝ちベスト8。準々決勝で久保利明棋王・王将に敗れる。佐々木慎 フレッシュアイペディアより)

105件中 51 - 60件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード