105件中 61 - 70件表示
  • 有吉道夫

    有吉道夫から見た加藤一二三加藤一二三

    1957年度、難関・王将リーグ(第7期)に、初めて入る。第12期(1962年度)には、二上達也、加藤一二三、升田幸三、山田道美らを破り6勝1敗で1位タイとなるが、プレーオフで二上に敗れ、挑戦権を逸する(一方の二上は、その勢いに乗ったまま大山から王将位を奪取する)。有吉道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木勇気

    佐々木勇気から見た加藤一二三加藤一二三

    奨励会三段リーグには、第44回(2008年度後期)から参加。2回(1年)以内に四段昇段すれば加藤一二三・谷川浩司・羽生善治以来4人目の「中学生棋士」、3回(1年半)以内に昇段すれば、渡辺明と同じく中学卒業と同時のプロ入りという記録がかかっていたが、第44回6位(12勝6敗)、第45回17位(9勝9敗)、第46回4位(13勝5敗)と、四段昇段に迫るも果たせなかった。佐々木勇気 フレッシュアイペディアより)

  • 百番指し

    百番指しから見た加藤一二三加藤一二三

    最も多くの相手と百番指しを達成したのは大山康晴で、5人の相手(升田幸三、中原誠、二上達也、加藤一二三、米長邦雄)と達成している。また、百番指しの組み合わせで年齢差が最も大きいのは、大山康晴と中原誠の24歳差である。百番指し フレッシュアイペディアより)

  • 関根茂

    関根茂から見た加藤一二三加藤一二三

    奨励会同期には加藤一二三、弟子に泉正樹、飯野健二、北島忠雄、千葉幸生、佐々木慎、田中悠一、矢内理絵子、神田真由美らがいる。女流棋士の師弟制度が確立した後、妻である紀代子も弟子としている。関根茂 フレッシュアイペディアより)

  • 升田幸三

    升田幸三から見た加藤一二三加藤一二三

    実質的な後継者は加藤一二三であるとされているが、加藤のみならずその棋風を慕う棋士は多く、現在の第一人者の羽生善治も、将棋を指したい人は誰かと言う問いに「升田先生と指したい」と述べている(羽生は升田の引退後に囲碁を打ったことはあるが、将棋は指してもらえなかった)。将棋年鑑で「指してみたい棋士」という全棋士アンケートが実施された際にも(羽生世代の棋士は大山と指したことがあるという事情はあるにせよ)、升田の名をあげた棋士の数は、大山・木村を凌いでいる。谷川浩司とはペア将棋では対局したことはあるが、通常の対局で指したことはなかった。升田幸三 フレッシュアイペディアより)

  • 山田道美

    山田道美から見た加藤一二三加藤一二三

    山田の現役時代は、大山康晴十五世名人の全盛期と重なっていた。打倒大山の担い手として二上達也、加藤一二三と共に期待されていたが、道半ばで急逝した悲運の棋士。山田道美 フレッシュアイペディアより)

  • 真部一男

    真部一男から見た加藤一二三加藤一二三

    第10回(1977年度前期)早指し将棋選手権・準決勝で大山康晴を破るが、決勝で加藤一二三に敗れ、準優勝。真部一男 フレッシュアイペディアより)

  • 塚田正夫

    塚田正夫から見た加藤一二三加藤一二三

    1960年の第1期王位戦、1962年の第1期棋聖戦でタイトル戦登場を果たすが、いずれも大山康晴に敗れた。晩年には順位戦でB級1組に陥落していたが、塚田はB1に陥落して現役を続けた最初の名人経験者である(後に加藤一二三、中原誠、佐藤康光、丸山忠久が記録)。塚田正夫 フレッシュアイペディアより)

  • 神武景気

    神武景気から見た加藤一二三加藤一二三

    また、当時は「神武以来の○○」という言葉が流行した(「神武以来の美少年(美輪明宏)」、「神武以来の天才(加藤一二三)」など)。神武景気 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤天彦

    佐藤天彦から見た加藤一二三加藤一二三

    デビュー戦(2006年12月11日)は女流棋士の千葉涼子との対局であったが勝利。以後、2007年3月5日まで負けなしのデビュー9連勝を飾った。その中で、瀬川晶司との因縁の対決で勝ち、3人の元タイトルホルダー(加藤一二三、塚田泰明、中村修)を負かしている。3月16日、第20期竜王戦6組3回戦で同年代のライバル・広瀬章人にプロ入り初黒星を喫し連勝が途絶えたが、9連勝の中には広瀬との初対戦があったので、いわばリベンジをされた格好となった。なお、第20期竜王戦6組の敗者復活戦(3位昇級者決定トーナメント)では、またしても瀬川との対決があり、こちらでは瀬川に敗れている。佐藤天彦 フレッシュアイペディアより)

105件中 61 - 70件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード