155件中 61 - 70件表示
  • 河口俊彦

    河口俊彦から見た加藤一二三加藤一二三

    1971年度(第13期)王位戦予選では、当時A級に在位していた加藤一二三を、1975年度(第8回)早指し戦予選では元名人の塚田正夫を、第1回(1982年度)全日プロ2回戦では名人失冠直後で王位のタイトルを有していた中原誠を、それぞれ破る殊勲を挙げた。河口俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 勝浦修

    勝浦修から見た加藤一二三加藤一二三

    第29回(1981年度)王座戦(タイトル戦昇格以前)で挑戦者となり、決勝三番勝負では大山康晴王将に1-2で敗れる。同年度、第14回日本将棋連盟杯争奪戦で大山康晴(準々決勝)、加藤一二三(準決勝)、森安秀光(決勝)を破って優勝。第8回将棋大賞で技能賞を受賞。勝浦修 フレッシュアイペディアより)

  • 石田和雄

    石田和雄から見た加藤一二三加藤一二三

    1998年第11期竜王戦2組ランキング戦・対加藤一二三戦で、自玉に掛かってた王手をうっかり放置したまま加藤の玉に王手を掛け「王手放置」の反則負けをしている。石田和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 武市三郎

    武市三郎から見た加藤一二三加藤一二三

    第24期(1984年?85年)十段戦予選で準決勝まで勝ち進むも、加藤一二三に敗れ、またもや十段リーグ入りを果たせなかった。武市三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 待った

    待ったから見た加藤一二三加藤一二三

    将棋では加藤一二三は銀河戦で「待った」をしたとして処分を受けたことがある。待った フレッシュアイペディアより)

  • ひふみん

    ひふみんから見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三 - タレントを副業とする日本のベテランのプロ棋士、男性。ひふみん フレッシュアイペディアより)

  • 天成園

    天成園から見た加藤一二三加藤一二三

    将棋・囲碁のタイトル戦の舞台となることも多い。中でも1979年の王将戦(中原誠対加藤一二三)では、玉簾の瀧の音で集中を削がれた加藤が、旅館側に頼んで滝を止めさせたという伝説が残っている。天成園 フレッシュアイペディアより)

  • 破門

    破門から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三 - 将棋棋士。師匠の死後に日本将棋連盟に申請して師匠を変更した。俗に「逆破門」といわれることがある。破門 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木勇気

    佐々木勇気から見た加藤一二三加藤一二三

    奨励会三段リーグには、第44回(2008年度後期)から参加。2回(1年)以内に四段昇段すれば加藤一二三・谷川浩司・羽生善治以来4人目の「中学生棋士」、3回(1年半)以内に昇段すれば、渡辺明と同じく中学卒業と同時のプロ入りという記録がかかっていたが、第44回6位(12勝6敗)、第45回17位(9勝9敗)、第46回4位(13勝5敗)と、四段昇段に迫るも果たせなかった。佐々木勇気 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部光瑠

    阿部光瑠から見た加藤一二三加藤一二三

    11歳、小学6年生時の2006年9月、6級で奨励会入り。以来、快進撃を続け、中学2年生時の2009年1月に三段に到達。三段リーグを2期以内で抜ければ、現行三段リーグ制度のもとでは渡辺明に次ぐ2人目の中学校在学時でのプロ入り決定となり、1期で抜ければ、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治に次ぎ4人目となる中学校在学中プロとなるところであったが、3期目までは10勝8敗が最高で、昇段争いに加わることはなかった。阿部光瑠 フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード