155件中 71 - 80件表示
  • 稲築町

    稲築町から見た加藤一二三加藤一二三

    加藤一二三(将棋棋士・元名人)稲築町 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河戦

    銀河戦から見た加藤一二三加藤一二三

    第13期(2004-2005年)のCブロック9回戦(2005年5月26日放送、5月10日対局)で、加藤一二三が阿部隆との対局で「待った」の反則をしたとして、次回第14期大会への出場停止と対局料没収の処分を科された。実際には加藤が秒読みに追われいったん△3七桂不成と着手して秒読みが止まった後で、その駒を再び取り上げて桂成に指し手を変更したもので、阿部がその場で秒読みの扱いについて抗議した。その結果、加藤の消費時間を算入した上で対局は続行され、結果、加藤の勝ちとなった。しかし放映後に視聴者からの抗議が寄せられた為、将棋連盟の理事会で検討した結果、反則と裁定された。ただし、理事会の決定が次の10回戦の対局後だったため、加藤の勝ちは変わらなかった(結局、加藤はその10回戦で深浦康市に敗れた)。銀河戦 フレッシュアイペディアより)

  • 杉内雅男

    杉内雅男から見た加藤一二三加藤一二三

    1800年代生まれの棋士(瀬越憲作など)、1900年代生まれの棋士(多数)および2000年代生まれ(大西竜平)の棋士との対戦経験を持つ(将棋棋士では加藤一二三が同様の経験を持つ)。杉内雅男 フレッシュアイペディアより)

  • 中田功

    中田功から見た加藤一二三加藤一二三

    第70期(2011年度)順位戦で降級点を抱えた状態で3勝しかできず降級のピンチに立たされる。最終局の相手は現役最古参の加藤一二三で、加藤の棒銀に対し振り飛車で挑んだが完敗。降級点累積により19年所属したC級1組からC級2組へ降級となった。中田功 フレッシュアイペディアより)

  • 本田維憲

    本田維憲から見た加藤一二三加藤一二三

    カトリック教徒。1989年9月30日に東京・麹町教会(聖イグナチオ教会)でルイス・アロイジオ・カンガス司祭から受洗。代父は将棋棋士の加藤一二三本田維憲 フレッシュアイペディアより)

  • Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太

    Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太から見た加藤一二三加藤一二三

    中学2年生で迎えた第59回奨励会三段リーグ戦(2016年度前期)で、2016年9月3日に10月1日付・14歳2か月での四段昇段=プロ入りを決め、最年少棋士記録(加藤一二三が1954年8月1日に14歳7か月で四段昇段)を62年ぶりに更新した。中学生でプロ入りを果たしたのは、加藤一二三・谷川浩司・羽生善治・渡辺明に続いて5人目、また三段リーグを1期抜けしたのは、小倉久史・屋敷伸之・川上猛・松尾歩・三枚堂達也に続いて6人目であった。Https://ja.wikipedia.org/wiki/利用者:Pooh456/sandbox/藤井聡太 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤誠也

    近藤誠也から見た加藤一二三加藤一二三

    プロ棋士としてのデビュー戦は2015年12月24日・第42期棋王戦で対局相手は加藤一二三。最新参の棋士の公式戦初対局が現役最古参の棋士、年齢差56歳7か月・プロ棋士歴の年数差61年2か月という非常に珍しい対局となった。(結果は近藤の勝ち)近藤誠也 フレッシュアイペディアより)

  • 柿沼昭治

    柿沼昭治から見た加藤一二三加藤一二三

    1977年 日本アマチュア将棋連盟の設立に参画。同年、原田と今福が企画した「アマプロ角落ち戦十番勝負」のアマ側一番手として加藤一二三と対戦するも敗れる柿沼昭治 フレッシュアイペディアより)

  • 真部一男

    真部一男から見た加藤一二三加藤一二三

    第10回(1977年度前期)早指し将棋選手権・準決勝で大山康晴を破るが、決勝で加藤一二三に敗れ、準優勝。真部一男 フレッシュアイペディアより)

  • 居飛車舟囲い急戦

    居飛車舟囲い急戦から見た加藤一二三加藤一二三

    後手の中飛車に対して加藤一二三が定跡を整備したため、加藤流とも呼ばれる。舟囲いから▲5七銀(右)▲6八銀の形から▲3八飛として3筋の歩を交換し、3六飛・3七桂型の好形を目指す。居飛車舟囲い急戦 フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード