105件中 71 - 80件表示
  • 伊藤果

    伊藤果から見た加藤一二三加藤一二三

    初参加から4期目のC級2組順位戦(第39期、1980年度)で、7勝3敗の成績ながら前期の好成績による高順位が活き、3位でC級1組へ昇級。また、第12回(1981年度)新人王戦で準優勝(優勝は田中寅彦)。さらには、本戦出場者が50人となってから初めてのNHK杯戦(第31回、1981年度)で準優勝(優勝は加藤一二三)。これらの活躍の原動力となったのが、居飛車穴熊への対策として自ら考案した「風車」戦法であった。相手の攻めに備えることに特化した戦法である。伊藤果 フレッシュアイペディアより)

  • 天才

    天才から見た加藤一二三加藤一二三

    そのようなアンバランスに偏った才能のため、天才は、特定分野や一定範囲内に限って優れた才覚を発揮し、芸術(音楽・美術・文学)やスポーツ、政治・科学・数学・哲学ほか、様々な分野毎に天才と称される人が見られる。ただし、スポーツなどでの「天才」には「(努力というよりも)持って生まれた才能で成功した人物」というニュアンスもあるため、横綱大鵬のように「私は天才でなく努力家」と天才と言われるのを強く嫌う者も存在する。また、将棋界で「神武以来の天才」といわれながらも盤上の勝負ではついに17歳年長の大山康晴を越えられなかった将棋棋士の加藤一二三のように、秀才タイプに勝てずに終わる天才も存在する。天才 フレッシュアイペディアより)

  • 深浦康市

    深浦康市から見た加藤一二三加藤一二三

    2007年、第48期王位戦で羽生善治に挑戦。11年前と同じタイトル戦で同じ顔合わせとなった。七番勝負はフルセットの熱戦となったが、4勝3敗で制し、35歳にして初タイトルとなる王位奪取に成功して、「九州にタイトルを持って帰る」という対局前の言葉を現実のものとした。九州出身棋士のタイトル獲得は、1984年の加藤一二三(福岡県出身)以来23年振りで、奇しくも同じタイトル(王位)であった。七番勝負の中で、特に最終局(第7局、出だしは後手の羽生の中飛車)は、中盤から終盤にかけての攻防が非常に難解で、NHK BS2の囲碁・将棋ジャーナルで解説をした佐藤康光は「歴史的な終盤の名局」と絶賛。将棋世界2008年3月号の「プレイバック2007(プロ棋士が選ぶ2007年名局集ベスト10)」では圧倒的支持を受け第1位に輝き、第35回将棋大賞の名局賞を羽生とともに受賞した。深浦康市 フレッシュアイペディアより)

  • 師弟

    師弟から見た加藤一二三加藤一二三

    一旦四段になれば将棋界では、同門はおろか師弟でも対戦し、師匠が稽古場所を提供するわけでも技術指導をするわけでもないため師弟関係は落語や相撲ほど強いものではないが、それでもやはり棋士には師匠がいなくてはならないことになっている。加藤一二三が名人にもなり功成り名遂げた後に「わけあって今の師匠(南口繁一)の門下でいたくない」と言いだした時にも、別の棋士(剱持松二)を新たな師匠に選ぶ形としている。剱持は四段になったのが加藤より遅いのだが、「師匠不在」に比べれば「後輩の弟子」のほうがより許容範囲内とみなされたようである。師弟 フレッシュアイペディアより)

  • 名人戦 (将棋)

    名人戦 (将棋)から見た加藤一二三加藤一二三

    最年少挑戦 - 加藤一二三 20歳名人戦 (将棋) フレッシュアイペディアより)

  • 敗戦

    敗戦から見た加藤一二三加藤一二三

    将棋の最多敗戦記録は加藤一二三(元名人・九段)が保持しており、2007年には史上初の通算1000敗を記録し2013年3月現在なおも更新中である。敗戦 フレッシュアイペディアより)

  • 早指し将棋選手権

    早指し将棋選手権から見た加藤一二三加藤一二三

    早指し将棋選手権の最多優勝は大山康晴と米長邦雄の4回である。優勝3回で中原誠・加藤一二三・羽生善治、優勝2回で桐山清澄・有吉道夫・丸山忠久が続いていた。早指し将棋選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤國雄

    内藤國雄から見た加藤一二三加藤一二三

    2013年1月現在、現役最年長棋士(現役最古参の加藤一二三より二ヶ月弱年長)。内藤國雄 フレッシュアイペディアより)

  • 芹澤博文

    芹澤博文から見た加藤一二三加藤一二三

    14歳の時に入門。19歳で四段となる。1年目の順位戦こそ惜しくも昇級を逃すが、2年目からは4年続けて昇級し、24歳でA級八段となる。ちなみにC級2組から4年続けて昇級を果たしたのは芹澤の他に加藤一二三、中原誠、谷川浩司の名人経験者3名に、田中寅彦の計4名しかいない。芹澤が『若き天才』『俊英』と呼ばれたのは、こういった出世の速さがあったからであろう。芹澤博文 フレッシュアイペディアより)

  • 将棋界

    将棋界から見た加藤一二三加藤一二三

    長考派で有名な加藤一二三が、一方で「1分将棋の神様」とも言われ、さらには早指し戦のNHK杯戦で7回優勝していること。将棋界 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード