前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た米長邦雄

    大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖を相手に、それぞれ100回以上対局(百番指し)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た中原誠

    大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖を相手に、それぞれ100回以上対局(百番指し)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た大山康晴

    現役棋士生活58年超、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位(更新中)、通算1309勝は大山康晴に次ぎ歴代2位であり、1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である(他には大山康晴が1940年代から1990年代までA級在籍。6つのディケイドでのA級在籍はこの二人のみ)。史上最年少(14歳)でプロ棋士になった記録は半世紀以上過ぎた今もなお破られていない。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    NHKでかつて放送されていた音楽の広場にゲスト出演した時には、対局中に相手の側に立って自陣を反対から眺めるというエピソードが紹介されたが、それを極めて早口で説明したために、早口で鳴らす司会の黒柳徹子から「将棋の棋士なのに早口でいらっしゃるんですね」と感心されてしまう。対して加藤は「将棋はじっくり考えるんですがしゃべるのは早いんです」と応じた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た羽生善治

    半世紀にわたる棋士人生を通して居飛車党を貫き、数々の定跡の発展に貢献してきた。また、よいと思った戦型は何度も何度も採用し続ける傾向にある。羽生善治は「作戦が立てやすいことは立てやすいが100%同じ戦法で来るとなると不気味でもある。一つの戦法を突き詰めていくのも一つの行き方だし、一局一局が確実に次への知識になる。悪いことばかりでもないようだが、作戦が読まれて相手の研究にはまる危険性を考えると現実にそういう人はほとんどいない。だが加藤先生は全然恐れておられないようだ」と書いている(羽生善治「羽生善治 好機の視点」小学館文庫、初出は月刊将棋マガジン)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た後藤理

    2009年の名人戦(羽生-郷田)第2局で立会人を務めた際、羽生の封じ手が収められた封筒に対局者だけでなく自らもサインし、また、翌朝の封じ手開封の時には自分が封じ手を見る前に郷田に封じ手用紙を渡して見せるという趣向を見せた。これに関してNHK BS2の中継で司会を担当していた後藤理アナウンサーに問われると、「私がタイトル戦に出ていた当時は、第三者である立会人もサインしていた」「封じ手を最も見たい人に先に封じ手を見せたのは、私の‘新手’です」と自慢した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た光文社

    楽しむ詰将棋(1992年12月、光文社、ISBN 4-334-71632-6)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た丸田祐三

    このため、加藤が順位戦を全うすれば、引退年齢が77歳3か月以上となり、丸田祐三の持つ最年長引退記録(77歳0か月)を更新する。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た南口繁一

    加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。実力制6人目の名人。剱持松二八段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た剱持松二

    加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。実力制6人目の名人。剱持松二八段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード