2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
105件中 91 - 100件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た逸話

    盤上・盤外においての独特なこだわり、その強烈な個性と言動は老年においてなお話題を欠かせない棋士であり数多くの逸話(伝説)を残し続けている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た将棋栄誉敢闘賞

    1982年 - 将棋栄誉敢闘賞(通算八百勝達成)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た天王戦

    天王戦 1回(1985年度=第1回)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たNHK杯将棋トーナメント

    NHK杯将棋トーナメント 7回(1960年度=第10回、1966、1971、1973、1976、1981、1993年度)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たひねり飛車

    また、ひねり飛車や横歩取り3三桂のような空中戦も得意としている。横歩取り3三桂戦法も、一時期後手番で採用した。さらに、その後は、後手番では矢倉中飛車を多用した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た嘉穂郡

    1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)生まれ。同年代の棋士からの愛称は「ピン(一)さん」。ファンからは「ヒフミン」の愛称で親しまれている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た名将戦

    名将戦 1回(1982年度=第9期)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た三間飛車

    対振り飛車戦の居飛車では、特に大山康晴との戦いの経験を生かして作り上げた居飛車舟囲い急戦の各種の定跡において、加藤の創案が多い。対三間飛車急戦も、加藤の創案した仕掛けが多い。基本的に振り飛車には急戦で立ち向かうが、大山康晴にタイトル戦で挑戦した際に居飛車穴熊を採用したことが2回ほどある。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た朝日杯将棋オープン戦

    一方、2007年8月22日の朝日杯将棋オープン戦予選、戸辺誠(当時四段)との対局において、史上初の通算1000敗を記録する(1261勝1000敗)。これは、加藤のキャリアの長さもさることながら、トーナメント戦(1敗すれば終わり)以外の対局、すなわち、タイトル戦の番勝負や挑戦者決定リーグ戦に数多く登場したことをも表す。なお、本人はテレビでこの話題に触れられた際、「150局くらいは逆転負けでした」と述べている。ちなみに、同日時点での通算敗数の史上2位は、有吉道夫九段の955敗(1061勝)であり、その後、有吉も通算1000敗を記録した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た野良猫

    2008年12月、自宅マンションそばで野良猫を餌付けしたため、ふん尿をまき散らされるなどの被害を受けたとして、マンションの他の住人や管理組合から、餌やり中止と慰謝料など約645万円の賠償を求める訴訟を起こされた。2010年5月13日、東京地裁は原告の訴えを認め、加藤に餌付け中止と慰謝料204万円の支払いを命じた。本人は「猫に長く生きてもらいたいと思ってした行動なのに、理解できない」と控訴する意向を示していたが、26日、控訴しない方針を明らかにした。毎日新聞の取材に加藤は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている。私の主張は変わらないが、判決なのでルールとして受け入れる」と述べた。加藤自身は以前から、周辺住人の協力によらず、ほぼ一人で避妊や去勢手術を漸次施しているため、現在では4匹前後にまで野良猫は減っていたと報道されている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
105件中 91 - 100件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード

  • 将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会 東京大会

  • 将棋日本シリーズテーブルマークこども大会

  • バリー・シール アメリカをはめた男