105件中 11 - 20件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た日本将棋連盟

    NHK杯戦で優勝した際、優勝セレモニーの祝辞で当時の日本将棋連盟会長・二上達也九段に、「アマチュアの人が(加藤の対局中の奇行を)真似すると困るのでマナーに気を付けて欲しい」と言われた。もっとも二上は著書で、そのようなしぐさは本人が形勢の容易でないと思っているときに出るもので、対局相手にとっては良い兆候だったと述べている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た筑摩書房

    加藤一二三名局集 現代将棋名局集5 (1981年1月、筑摩書房加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た河口俊彦

    1998年11月6日の対土佐浩司戦(棋聖戦)から1999年10月2日の対丸山忠久戦(A級順位戦)にかけて、21連敗した。トップ棋士であるはずのA級棋士が21連敗したことは、河口俊彦「新対局日誌」(「将棋世界」誌に連載)などで話題にされた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た北浜健介

    2008年6月22日放送のNHK杯(石田和雄対北浜健介戦)では北浜のことを何度も「北野さん」と誤って呼んだ。感想戦でも、ボヤくことで知られる石田とともにしゃべりまくった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た土佐浩司

    1998年11月6日の対土佐浩司戦(棋聖戦)から1999年10月2日の対丸山忠久戦(A級順位戦)にかけて、21連敗した。トップ棋士であるはずのA級棋士が21連敗したことは、河口俊彦「新対局日誌」(「将棋世界」誌に連載)などで話題にされた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た大内延介

    中原との対戦成績は一時1勝19敗という大差であったが、本人は特に苦手意識はなかったという。この期間、タイトル戦に14回登場したが、そのうち中原との対決は9回にも上った。当初は、1973年度の名人戦、および、1976年度・1977年度の十段戦で、中原の前に3回連続で敗退した。ところが、1977年度の第3期棋王戦では、前年に大内延介から奪った棋王位を、中原五冠王を相手に3-0のストレートで防衛し、六冠独占を阻止した。1978年度の王将戦では中原から王将位を奪取し、(直後に棋王戦で米長邦雄に敗れるまでの束の間ではあるが)自身初の二冠王となった。1980年度の十段戦では中原から4-1で奪取、翌年度も米長を相手に防衛を果たす。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た荒巻三之

    当初の師匠は南口繁一九段であったが、1998年に、剱持松二八段の門下に変わった(変えた)。剱持とは以前から懇意にしており、また、剱持の師匠である荒巻三之九段(1993年に死去)とは家族ぐるみの付き合いだったという縁もあった。南口については「私が奨励会に入る時の師弟関係は親が勝手に決めた名目上のことで、私は師匠から一切世話にならなかった。私の師弟関係は無効であるにも関わらず、あたかも関係があったかのように扱われて、不名誉な思いをしてきた。また妻や妻の親戚の人達に長年にわたり不名誉で不快な思いをさせてきた。」との旨を述べている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た阿部隆

    第13期銀河戦の阿部隆戦(2005年5月26日放映)の終盤で、桂馬を成らずで動かし、いったん指を離したが、直後に持ち直して成りに指し直してしまった。当初は対局者阿部の指摘で30秒経過し持ち時間を使って指したとみなし、持ち時間が減らされただけで勝敗の記録自体は加藤の勝ちのまま変更はなかった。後日、視聴者から「待った」ではないかとの指摘があり理事会で検討した結果「待った」の反則と確認された。加藤への処分として対局料没収の上、罰金が科せられ次期の銀河戦は出場停止になった。(銀河戦の項参照)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た戸辺誠

    一方、2007年8月22日の朝日杯将棋オープン戦予選、戸辺誠(当時四段)との対局において、史上初の通算1000敗を記録する(1261勝1000敗)。これは、加藤のキャリアの長さもさることながら、トーナメント戦(1敗すれば終わり)以外の対局、すなわち、タイトル戦の番勝負や挑戦者決定リーグ戦に数多く登場したことをも表す。なお、本人はテレビでこの話題に触れられた際、「150局くらいは逆転負けでした」と述べている。ちなみに、同日時点での通算敗数の史上2位は、有吉道夫九段の955敗(1061勝)であり、その後、有吉も通算1000敗を記録した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た有吉道夫

    一方、2007年8月22日の朝日杯将棋オープン戦予選、戸辺誠(当時四段)との対局において、史上初の通算1000敗を記録する(1261勝1000敗)。これは、加藤のキャリアの長さもさることながら、トーナメント戦(1敗すれば終わり)以外の対局、すなわち、タイトル戦の番勝負や挑戦者決定リーグ戦に数多く登場したことをも表す。なお、本人はテレビでこの話題に触れられた際、「150局くらいは逆転負けでした」と述べている。ちなみに、同日時点での通算敗数の史上2位は、有吉道夫九段の955敗(1061勝)であり、その後、有吉も通算1000敗を記録した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード