105件中 21 - 30件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た二上達也

    NHK杯戦で優勝した際、優勝セレモニーの祝辞で当時の日本将棋連盟会長・二上達也九段に、「アマチュアの人が(加藤の対局中の奇行を)真似すると困るのでマナーに気を付けて欲しい」と言われた。もっとも二上は著書で、そのようなしぐさは本人が形勢の容易でないと思っているときに出るもので、対局相手にとっては良い兆候だったと述べている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た藤森哲也

    2011年11月1日、史上3人目の1300勝を達成。2012年7月26日、通算勝数歴代2位の中原誠に並ぶ1308勝を達成。2013年2月15日、東京・将棋会館で行われた王将戦1次予選で藤森哲也四段に勝ったため、公式戦通算成績が1309勝(1098敗)となり、通算勝数が歴代単独2位になった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た東公平

    1986年にローマ法王ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章。有事の際には馬に乗って駆けつけなければならない、と、将棋観戦記者である東公平に語ったのは、湾岸戦争の話をしていた時であった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た石田和雄

    2008年6月22日放送のNHK杯(石田和雄対北浜健介戦)では北浜のことを何度も「北野さん」と誤って呼んだ。感想戦でも、ボヤくことで知られる石田とともにしゃべりまくった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た関根茂

    1954年8月1日に四段となってからの現役棋士生活57年超は、大山(1940年四段 - 1992年現役のまま死去)、関根茂(1953年四段 - 2002年引退)や有吉道夫(加藤より9か月遅れて1955年に四段、2010年引退)、史上最年長の丸田祐三(戦争によるブランクもあるが1946年四段 - 1996年引退)らを押さえて歴代1位であり、なお更新中である。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た丸山忠久

    1998年11月6日の対土佐浩司戦(棋聖戦)から1999年10月2日の対丸山忠久戦(A級順位戦)にかけて、21連敗した。トップ棋士であるはずのA級棋士が21連敗したことは、河口俊彦「新対局日誌」(「将棋世界」誌に連載)などで話題にされた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た小池重明

    昭和50年代のトップアマ棋士との駒落ち将棋に強く、昭和の真剣師小池重明にも角落ちで勝利している。金銀の使い方のうまさから下手泣かせとして知られた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た高橋道雄

    その後は、1984年度の第25期王位戦で高橋道雄から奪取するが、翌年に高橋に奪回され、以降、タイトル戦の舞台から遠ざかっている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た阿部健治郎

    その後、2013年3月12日の第71期名人戦・順位戦C級1組10回戦、阿部健治郎五段との対局において、通算1100敗を記録した。(1309勝1100敗)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た井上慶太

    ハイトーンの早口が特徴的で、人によっては慣れるまで聞き取りづらいこともある。NHK将棋講座の講師を務めたときも、やはり早口であった。2008年の第66期名人戦第3局の立会人を務めた際にNHK衛星放送の中継でゲスト解説も行ったが、解説に熱が入るあまり中継終了間際まで話し続け、司会者や放送解説の井上慶太らを慌てさせた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 21 - 30件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード