105件中 31 - 40件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た王座戦 (将棋)

    王座戦(非タイトル戦時代) 1回(1962年度=第10回)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たファン

    1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)生まれ。同年代の棋士からの愛称は「ピン(一)さん」。ファンからは「ヒフミン」の愛称で親しまれている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)

    1986年にローマ法王ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章。有事の際には馬に乗って駆けつけなければならない、と、将棋観戦記者である東公平に語ったのは、湾岸戦争の話をしていた時であった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た棋王戦

    中原との対戦成績は一時1勝19敗という大差であったが、本人は特に苦手意識はなかったという。この期間、タイトル戦に14回登場したが、そのうち中原との対決は9回にも上った。当初は、1973年度の名人戦、および、1976年度・1977年度の十段戦で、中原の前に3回連続で敗退した。ところが、1977年度の第3期棋王戦では、前年に大内延介から奪った棋王位を、中原五冠王を相手に3-0のストレートで防衛し、六冠独占を阻止した。1978年度の王将戦では中原から王将位を奪取し、(直後に棋王戦で米長邦雄に敗れるまでの束の間ではあるが)自身初の二冠王となった。1980年度の十段戦では中原から4-1で奪取、翌年度も米長を相手に防衛を果たす。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た早稲田大学

    早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒業。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たワニブックス

    老いと勝負と信仰と(2011年4月、ワニブックス、ISBN 4-8470-6035-0)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た日本放送協会

    NHKでかつて放送されていた音楽の広場にゲスト出演した時には、対局中に相手の側に立って自陣を反対から眺めるというエピソードが紹介されたが、それを極めて早口で説明したために、早口で鳴らす司会の黒柳徹子から「将棋の棋士なのに早口でいらっしゃるんですね」と感心されてしまう。対して加藤は「将棋はじっくり考えるんですがしゃべるのは早いんです」と応じた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た順位戦

    現役棋士生活58年超、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位(更新中)、通算1309勝は大山康晴に次ぎ歴代2位であり、1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である(他には大山康晴が1940年代から1990年代までA級在籍。6つのディケイドでのA級在籍はこの二人のみ)。史上最年少(14歳)でプロ棋士になった記録は半世紀以上過ぎた今もなお破られていない。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た聖シルベストロ教皇騎士団勲章

    カトリック教徒であり、1986年に聖シルベストロ教皇騎士団勲章受章。紫綬褒章受章(2000年)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た銀河戦

    第13期銀河戦の阿部隆戦(2005年5月26日放映)の終盤で、桂馬を成らずで動かし、いったん指を離したが、直後に持ち直して成りに指し直してしまった。当初は対局者阿部の指摘で30秒経過し持ち時間を使って指したとみなし、持ち時間が減らされただけで勝敗の記録自体は加藤の勝ちのまま変更はなかった。後日、視聴者から「待った」ではないかとの指摘があり理事会で検討した結果「待った」の反則と確認された。加藤への処分として対局料没収の上、罰金が科せられ次期の銀河戦は出場停止になった。(銀河戦の項参照)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード