105件中 41 - 50件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た特別将棋栄誉賞

    1989年8月21日、大山に次いで史上2人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を達成。さらに勝ち星を重ね、2001年には史上3人目の通算1200勝達成。棋士会において、自身が‘九段昇段後の1000勝’を達成したことを示し、(タイトル称号の「十段」ではなく)段位としての「十段」の新設を提案した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た早指し将棋選手権

    常に最善手を探すタイプのため、序盤からたびたび長考することが多い。有名なのは1968年の十段戦第4局で、一手に7時間も考えたことである(休憩時間も含む)。長考するため終盤では持ち時間がなくなり、秒読みに追い込まれることが多い。しかし、そこからがまた強く、「秒読みの神様」あるいは「1分将棋の神様」の異名を持つ。その強さは早指しの棋戦でも発揮され、NHK杯戦では羽生、大山に次いで歴代3位の優勝7回を誇り、他の早指し棋戦(早指し選手権戦、日本シリーズ、早指し王位決定戦)でも数々の優勝をしている。ただしNHK杯戦においては、1993年の優勝以来、決勝の舞台に登場していない(もっとも、1993年当時53歳での優勝は大山には及ばないものの早指し戦としては際だった年長記録である)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た早指し王位決定戦

    常に最善手を探すタイプのため、序盤からたびたび長考することが多い。有名なのは1968年の十段戦第4局で、一手に7時間も考えたことである(休憩時間も含む)。長考するため終盤では持ち時間がなくなり、秒読みに追い込まれることが多い。しかし、そこからがまた強く、「秒読みの神様」あるいは「1分将棋の神様」の異名を持つ。その強さは早指しの棋戦でも発揮され、NHK杯戦では羽生、大山に次いで歴代3位の優勝7回を誇り、他の早指し棋戦(早指し選手権戦、日本シリーズ、早指し王位決定戦)でも数々の優勝をしている。ただしNHK杯戦においては、1993年の優勝以来、決勝の舞台に登場していない(もっとも、1993年当時53歳での優勝は大山には及ばないものの早指し戦としては際だった年長記録である)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たJT将棋日本シリーズ

    常に最善手を探すタイプのため、序盤からたびたび長考することが多い。有名なのは1968年の十段戦第4局で、一手に7時間も考えたことである(休憩時間も含む)。長考するため終盤では持ち時間がなくなり、秒読みに追い込まれることが多い。しかし、そこからがまた強く、「秒読みの神様」あるいは「1分将棋の神様」の異名を持つ。その強さは早指しの棋戦でも発揮され、NHK杯戦では羽生、大山に次いで歴代3位の優勝7回を誇り、他の早指し棋戦(早指し選手権戦、日本シリーズ、早指し王位決定戦)でも数々の優勝をしている。ただしNHK杯戦においては、1993年の優勝以来、決勝の舞台に登場していない(もっとも、1993年当時53歳での優勝は大山には及ばないものの早指し戦としては際だった年長記録である)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た十段戦 (将棋)

    1960年代は、上記の名人戦を含めタイトル戦に7回登場したが、相手はいずれも大山であった。当時は大山の全盛期であり、毎年全部ないしはほとんどのタイトルを大山が占めていた。しかし、6度目のタイトル挑戦となった1968年度の第7期十段戦において、大山十段(名人を含む四冠)をフルセットの接戦の末に破り、プロ15年目にして、ついに初のタイトル獲得を果たした。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た将棋世界

    自戦記などを書くとき、必ずと言っていいほどキリスト教のことに触れる。「キリスト教について」という章名を入れることさえある。「将棋世界」誌で自戦記を連載した際も、毎回必ず冒頭にキリスト教の話題を持ち出した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たNHK衛星第2テレビジョン

    甘いものが好きで、対局中に板チョコをばりばり食べる。NHK BS2で放送された「大逆転将棋2007」における米長との「はさみ将棋名人戦・最終章・陣屋決戦」でも、通常の対局のときのように持参してきた板チョコを対局中に食べ始め(同時にVTRにコミカルなBGMが流れ始め)、スタジオでVTRを見ていた出演者達の笑いを誘った。米長は「俺にも食べさせてくれないか」と申し出て、加藤から分けてもらって食べた。ちなみに対局内容の方は、加藤が絶対有利の局面から米長が‘泥沼流’で引き分けに持ち込み、指し直しの末に米長が勝った(米長が‘はさみ将棋名人’を防衛)。ちなみにカマンベールチーズも好物である。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た鰻重

    対局時の出前は、鰻重を毎回数年単位の長期にわたって、昼夜連続で取り続ける。鰻重を食べる理由は以下の2点。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た棋士 (将棋)

    加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。実力制6人目の名人。剱持松二八段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た六・五・四段戦

    六・五・四段戦 1回(1955年度=第1回)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード