203件中 41 - 50件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た鎌田菜月

    2016年11月20日開催されたSKE48の「みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート〜未来のセンターは誰だ?〜」の鎌田菜月のパートにてゲスト出演して、アイドル力(歌、ダンス、リアクション芸)対決を行ない、鎌田菜月に見事勝利した。その際、応援のために観客が振るサイリウムのカラーは水色と決定した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た二上達也

    NHK杯戦で優勝した際、優勝セレモニーの祝辞で当時の日本将棋連盟会長・二上達也九段に、「アマチュアの人が(加藤の対局中の奇行を)真似すると困るのでマナーに気を付けてほしい」と言われた。もっとも二上は著書で、そのようなしぐさは本人が形勢の容易でないと思っているときに出るもので、対局相手にとっては良い兆候だったと述べている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た千田翔太

    関西将棋会館での対局では、鰻重ではなく「鍋焼きうどんとおにぎり6個」が定番であると答えている。加藤は、2016年10月に千田翔太にTwitterで教示されるまで「関西将棋会館では鰻重の出前がない」と長年に渡って思いこんでいた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た丸田祐三

    2017年1月3日に丸田祐三が持っていた最高齢現役棋士記録(77歳+1日)を、1月12日に同じく丸田が持っていた最高齢対局記録(76歳11ヶ月)を、それぞれ更新した。一方で順位戦C級2組では、3回戦で八代弥(当時22歳5ヶ月)に勝利したものの、他の対局で敗戦が続き、8回戦終了時点で1勝7敗の成績(1回戦は抜け番)。この時点で、加藤が降級点を回避できる条件は、残りの2局を加藤が連勝し、同時点で2勝しかしていない棋士のうち7人が全敗をすることだった。1月19日、当該7人の1人である竹内雄悟が佐藤慎一に勝利したことで、降級点回避条件を満たせなくなり、フリークラス規定による加藤の引退が決定した。名人経験者が規定で引退することになったのは史上初であった。これには、加藤本人の「名人経験者が降級したからといって、フリークラス宣言する理由も無ければ、途中で引退表明する理由も無い。」との自論(持論)からである。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た八代弥

    2017年1月3日に丸田祐三が持っていた最高齢現役棋士記録(77歳+1日)を、1月12日に同じく丸田が持っていた最高齢対局記録(76歳11ヶ月)を、それぞれ更新した。一方で順位戦C級2組では、3回戦で八代弥(当時22歳5ヶ月)に勝利したものの、他の対局で敗戦が続き、8回戦終了時点で1勝7敗の成績(1回戦は抜け番)。この時点で、加藤が降級点を回避できる条件は、残りの2局を加藤が連勝し、同時点で2勝しかしていない棋士のうち7人が全敗をすることだった。1月19日、当該7人の1人である竹内雄悟が佐藤慎一に勝利したことで、降級点回避条件を満たせなくなり、フリークラス規定による加藤の引退が決定した。名人経験者が規定で引退することになったのは史上初であった。これには、加藤本人の「名人経験者が降級したからといって、フリークラス宣言する理由も無ければ、途中で引退表明する理由も無い。」との自論(持論)からである。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た藤森哲也

    2011年11月1日、史上3人目の1,300勝を達成。2012年7月26日、通算勝数歴代2位の中原誠に並ぶ1,308勝を達成。2013年2月15日、東京・将棋会館で行われた王将戦1次予選で藤森哲也四段に勝ったため、公式戦通算成績が1,309勝(1,098敗)となり、通算勝数が歴代単独2位になった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た東公平

    1986年にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を授与された。「有事の際には馬に乗って駆けつけなければならない」と将棋観戦記者である東公平に語ったのは、湾岸戦争の話をしていた時であった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た客員教授

    実力制6人目の名人。剱持松二九段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。2017年6月20日に現役を引退した。福岡県嘉麻市出身、同市の名誉市民。仙台白百合女子大学客員教授(2017年6月23日 - )。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た関根茂

    1954年8月1日に四段となってからの現役勤続年数(62年10ケ月)は、大山康晴(1940年四段 - 1992年に順位戦A級在籍のまま死去)、内藤國雄(1958年四段 - 2015年引退)、有吉道夫(1955年四段 - 2010年引退)、丸田祐三(戦争によるブランクもあり、1946年に27歳で四段 - 1996年引退)、関根茂(1953年四段 - 2002年引退)らを抑えて歴代1位である。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た三枚堂達也

    東京・将棋会館での2015年2月12日の対局(順位戦C級2組、対 三枚堂達也)で、夕食に、カキフライ定食とチキンカツ定食の2つを注文して話題となった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

203件中 41 - 50件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード