105件中 51 - 60件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た居飛車舟囲い急戦

    対振り飛車戦の居飛車では、特に大山康晴との戦いの経験を生かして作り上げた居飛車舟囲い急戦の各種の定跡において、加藤の創案が多い。対三間飛車急戦も、加藤の創案した仕掛けが多い。基本的に振り飛車には急戦で立ち向かうが、大山康晴にタイトル戦で挑戦した際に居飛車穴熊を採用したことが2回ほどある。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た稲築町

    1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)生まれ。同年代の棋士からの愛称は「ピン(一)さん」。ファンからは「ヒフミン」の愛称で親しまれている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た名人 (将棋)

    加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。実力制6人目の名人。剱持松二八段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た湾岸戦争

    1986年にローマ法王ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章。有事の際には馬に乗って駆けつけなければならない、と、将棋観戦記者である東公平に語ったのは、湾岸戦争の話をしていた時であった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た名人戦 (将棋)

    さらには、同年度から順位戦で4年連続昇級して18歳でA級八段となるという偉業を成し遂げ、「神武以来の天才」と呼ばれた。A級順位戦の1年目は負け越したが、2年目(1959年度)で第19期名人戦(1960年)の挑戦権を得、20歳でタイトル初挑戦。七番勝負は大山康晴名人に1勝4敗で敗れた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た東京新聞社杯高松宮賞争奪将棋選手権戦

    高松宮賞争奪選手権戦 3回 ・・・ 優勝2回(1956年度=第1回、1964年度)、高松宮賞1回(1966年度)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た将棋講座 (NHK)

    ハイトーンの早口が特徴的で、人によっては慣れるまで聞き取りづらいこともある。NHK将棋講座の講師を務めたときも、やはり早口であった。2008年の第66期名人戦第3局の立会人を務めた際にNHK衛星放送の中継でゲスト解説も行ったが、解説に熱が入るあまり中継終了間際まで話し続け、司会者や放送解説の井上慶太らを慌てさせた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た王位戦

    その後は、1984年度の第25期王位戦で高橋道雄から奪取するが、翌年に高橋に奪回され、以降、タイトル戦の舞台から遠ざかっている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た袖飛車

    相居飛車戦では、矢倉▲3七銀戦法や、中飛車に対する袖飛車からの急戦は「加藤流」と呼ばれ、多くの棋士が採用している。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た将棋棋士の在籍クラス

    竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 51 - 60件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード