105件中 71 - 80件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た矢倉囲い

    相居飛車戦では、矢倉▲3七銀戦法や、中飛車に対する袖飛車からの急戦は「加藤流」と呼ばれ、多くの棋士が採用している。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た番勝負

    一方、2007年8月22日の朝日杯将棋オープン戦予選、戸辺誠(当時四段)との対局において、史上初の通算1000敗を記録する(1261勝1000敗)。これは、加藤のキャリアの長さもさることながら、トーナメント戦(1敗すれば終わり)以外の対局、すなわち、タイトル戦の番勝負や挑戦者決定リーグ戦に数多く登場したことをも表す。なお、本人はテレビでこの話題に触れられた際、「150局くらいは逆転負けでした」と述べている。ちなみに、同日時点での通算敗数の史上2位は、有吉道夫九段の955敗(1061勝)であり、その後、有吉も通算1000敗を記録した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た伝説

    盤上・盤外においての独特なこだわり、その強烈な個性と言動は老年においてなお話題を欠かせない棋士であり数多くの逸話(伝説)を残し続けている。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たNHK杯テレビ将棋トーナメント

    常に最善手を探すタイプのため、序盤からたびたび長考することが多い。有名なのは1968年の十段戦第4局で、一手に7時間も考えたことである(休憩時間も含む)。長考するため終盤では持ち時間がなくなり、秒読みに追い込まれることが多い。しかし、そこからがまた強く、「秒読みの神様」あるいは「1分将棋の神様」の異名を持つ。その強さは早指しの棋戦でも発揮され、NHK杯戦では羽生、大山に次いで歴代3位の優勝7回を誇り、他の早指し棋戦(早指し選手権戦、日本シリーズ、早指し王位決定戦)でも数々の優勝をしている。ただしNHK杯戦においては、1993年の優勝以来、決勝の舞台に登場していない(もっとも、1993年当時53歳での優勝は大山には及ばないものの早指し戦としては際だった年長記録である)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た日本一杯争奪戦

    日本一杯争奪戦 2回(1958年度=第2回、1960年度)加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た紫綬褒章

    カトリック教徒であり、1986年に聖シルベストロ教皇騎士団勲章受章。紫綬褒章受章(2000年)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た王将戦

    中原との対戦成績は一時1勝19敗という大差であったが、本人は特に苦手意識はなかったという。この期間、タイトル戦に14回登場したが、そのうち中原との対決は9回にも上った。当初は、1973年度の名人戦、および、1976年度・1977年度の十段戦で、中原の前に3回連続で敗退した。ところが、1977年度の第3期棋王戦では、前年に大内延介から奪った棋王位を、中原五冠王を相手に3-0のストレートで防衛し、六冠独占を阻止した。1978年度の王将戦では中原から王将位を奪取し、(直後に棋王戦で米長邦雄に敗れるまでの束の間ではあるが)自身初の二冠王となった。1980年度の十段戦では中原から4-1で奪取、翌年度も米長を相手に防衛を果たす。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た現役

    棋界最古参棋士であり、戦前生まれの名人経験者最後の現役棋士である。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た棒銀

    何と言っても有名なのは、「加藤棒銀」と呼ばれるほど棒銀戦法の採用率が高いことである。四間飛車に対して居飛車穴熊が流行してもなお、加藤は棒銀で挑み続けている。また、相居飛車の一つである角換わりの将棋においても、加藤は棒銀を採用する傾向にある(棒銀よりも腰掛銀を採用する棋士が多い)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たキリスト教

    自戦記などを書くとき、必ずと言っていいほどキリスト教のことに触れる。「キリスト教について」という章名を入れることさえある。「将棋世界」誌で自戦記を連載した際も、毎回必ず冒頭にキリスト教の話題を持ち出した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード