105件中 81 - 90件表示
  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た音楽の広場

    NHKでかつて放送されていた音楽の広場にゲスト出演した時には、対局中に相手の側に立って自陣を反対から眺めるというエピソードが紹介されたが、それを極めて早口で説明したために、早口で鳴らす司会の黒柳徹子から「将棋の棋士なのに早口でいらっしゃるんですね」と感心されてしまう。対して加藤は「将棋はじっくり考えるんですがしゃべるのは早いんです」と応じた。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た棋界

    棋界最古参棋士であり、戦前生まれの名人経験者最後の現役棋士である。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た四間飛車

    何と言っても有名なのは、「加藤棒銀」と呼ばれるほど棒銀戦法の採用率が高いことである。四間飛車に対して居飛車穴熊が流行してもなお、加藤は棒銀で挑み続けている。また、相居飛車の一つである角換わりの将棋においても、加藤は棒銀を採用する傾向にある(棒銀よりも腰掛銀を採用する棋士が多い)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たローマ教皇

    1986年にローマ法王ヨハネ・パウロ2世から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章。有事の際には馬に乗って駆けつけなければならない、と、将棋観戦記者である東公平に語ったのは、湾岸戦争の話をしていた時であった。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た横歩取り

    また、ひねり飛車や横歩取り3三桂のような空中戦も得意としている。横歩取り3三桂戦法も、一時期後手番で採用した。さらに、その後は、後手番では矢倉中飛車を多用した。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た持将棋

    対局数2409(歴代1位)、1309勝(現役1位)、1099敗(歴代1位)、タイトル戦の持将棋1加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たネクタイ

    ネクタイを畳に着きそうなくらい長く結ぶ。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見たカトリック教会

    カトリック教徒であり、1986年に聖シルベストロ教皇騎士団勲章受章。紫綬褒章受章(2000年)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た将棋マガジン

    半世紀にわたる棋士人生を通して居飛車党を貫き、数々の定跡の発展に貢献してきた。また、よいと思った戦型は何度も何度も採用し続ける傾向にある。羽生善治は「作戦が立てやすいことは立てやすいが100%同じ戦法で来るとなると不気味でもある。一つの戦法を突き詰めていくのも一つの行き方だし、一局一局が確実に次への知識になる。悪いことばかりでもないようだが、作戦が読まれて相手の研究にはまる危険性を考えると現実にそういう人はほとんどいない。だが加藤先生は全然恐れておられないようだ」と書いている(羽生善治「羽生善治 好機の視点」小学館文庫、初出は月刊将棋マガジン)。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤一二三

    加藤一二三から見た元湯・陣屋

    甘いものが好きで、対局中に板チョコをばりばり食べる。NHK BS2で放送された「大逆転将棋2007」における米長との「はさみ将棋名人戦・最終章・陣屋決戦」でも、通常の対局のときのように持参してきた板チョコを対局中に食べ始め(同時にVTRにコミカルなBGMが流れ始め)、スタジオでVTRを見ていた出演者達の笑いを誘った。米長は「俺にも食べさせてくれないか」と申し出て、加藤から分けてもらって食べた。ちなみに対局内容の方は、加藤が絶対有利の局面から米長が‘泥沼流’で引き分けに持ち込み、指し直しの末に米長が勝った(米長が‘はさみ将棋名人’を防衛)。ちなみにカマンベールチーズも好物である。加藤一二三 フレッシュアイペディアより)

105件中 81 - 90件表示

「加藤一二三」のニューストピックワード