35件中 21 - 30件表示
  • 天童市

    天童市から見た加藤武治加藤武治

    加藤武治 - プロ野球選手(北海道日本ハムファイターズ)天童市 フレッシュアイペディアより)

  • 松家卓弘

    松家卓弘から見た加藤武治加藤武治

    プロ入り1年目の8月13日と9月に出場選手登録されたが2度とも登板の無いまま登録抹消。6月7日に約4年ぶりに登録され、6月10日に初登板を果たした。11月26日に坂元弥太郎、松山傑、稲田直人と交換トレードで加藤武治、関口雄大とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍した。松家卓弘 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た加藤武治加藤武治

    1500試合出場:2009年8月19日、対横浜ベイスターズ17回戦(東京ドーム)、8回裏に東野峻の代打として出場、加藤武治から二ゴロ ※史上167人目木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • レニー・ハート

    レニー・ハートから見た加藤武治加藤武治

    この他、2006年は横浜スタジアムなどでの横浜ベイスターズ主催試合での「クアトロK」(木塚敦志、川村丈夫、加藤武治、マーク・クルーン)及び土肥義弘(登場曲がPRIDEのテーマだから)投手の登場時のコール(録音)も担当している。レニー・ハート フレッシュアイペディアより)

  • 大矢明彦

    大矢明彦から見た加藤武治加藤武治

    前年の2006年から外野のレギュラーを務めていた吉村裕基を一塁手へ、牛島和彦監督時代に「クアトロK」と呼ばれていた中継ぎ投手陣の加藤武治と川村丈夫を先発へ、中継ぎ左腕不足の事情から那須野巧を先発から中継ぎへ、2008年のシーズン途中には吉見祐治を先発と中継ぎを掛け持ちさせ、同じくシーズン途中から先発の寺原隼人を、マーク・クルーンの移籍によって手薄になっていた抑えへ転向させるなど、第1期同様積極的なコンバート策を打っている。2007年の那須野はほぼ年間を通して左の中継ぎとして活躍したが、加藤と川村はローテーションを守れず、失敗に終わっている。また、吉村の一塁コンバートにより、前年2006年の不調から一転して開幕から復調したベテラン一塁手・佐伯貴弘は年間を通じて外野手として出場することになった。大矢明彦 フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た加藤武治加藤武治

    横浜ベイスターズ(2006年):木塚敦志 (Kizuka)・川村丈夫 (Kawamura)・加藤武治 (Katoh)・マーク・クルーン (Kroon) の4人で「クアトロK」。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た加藤武治加藤武治

    150本塁打:2006年8月3日、対横浜ベイスターズ10回戦(横浜スタジアム)、9回表に加藤武治から左越2ラン ※史上144人目タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 稲田直人

    稲田直人から見た加藤武治加藤武治

    は一塁に高橋信二、三塁に小谷野栄一が定着したために出場機会が減少するが、試合終盤の守備要員で起用されるだけでなく、8月6日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では9回表に決勝適時打を放つなど、代打の打率が4割を超える活躍を見せた。同年11月25日、加藤武治・松家卓弘・関口雄大との交換トレードで、坂元弥太郎・松山傑とともに横浜ベイスターズへ移籍した。背番号は32。稲田直人 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た加藤武治加藤武治

    初打席:同上、2回表に加藤武治から投ゴロ坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見た加藤武治加藤武治

    3月24日 - 加藤武治、プロ野球選手1978年 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示