1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示
  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た加藤武治加藤武治

    初打席・初安打:同上、7回裏に加藤武治から右前安打鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 清水直行

    清水直行から見た加藤武治加藤武治

    、開幕から不調が続き、6勝にとどまった。11月9日、那須野巧・斉藤俊雄との交換トレードで横浜ベイスターズへ移籍。2年目の年俸2億8000万円は横浜が支払うことになった。背番号は、入団して以来着けていた18番をエースの三浦大輔が着用しているため、同時期に日本ハムにトレード移籍した加藤武治が着用していた17となった。清水直行 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見た加藤武治加藤武治

    、は怪我との戦いもあり終始二軍だったが、2年目にはウエスタン打率.306と規定打席未到達ながら打撃センスの片鱗を見せた。広島に入団した2000年から、加藤武治(元横浜)・高橋敏郎(元ヤクルト)が入団する2002年オフまで日本の現役プロ野球選手で唯一の山形県出身選手だった。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 川村丈夫

    川村丈夫から見た加藤武治加藤武治

    は二段モーション禁止によるフォーム改造の影響により、シーズン序盤は打ち込まれ防御率が2桁の時期が続く。セットアッパーの役目も加藤武治に譲ることになったが、5月以降は持ち直して川村-加藤-クルーンの勝利リレーを確立。シーズン終盤にクルーンが故障で登録抹消されると抑えの役目を任され、プロ入り10年目で初セーブを挙げた。最終的な防御率こそ3.86と3点台を確保したが、この年優勝した中日相手に大量失点をするシーンが目立ち、数字以上に打たれるイメージを与えることになった。川村丈夫 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た加藤武治加藤武治

    DeNAでは秋山登→山下律夫→斉藤明夫→盛田幸妃→加藤武治が使用し、2010年からはロッテから移籍の清水直行が着用する。大洋時代から受け継がれ、現在までに使用した選手も前述の選手を含め8名である。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
35件中 31 - 35件表示