前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 加藤武治

    加藤武治から見た松家卓弘

    は中継ぎに専念することになり、退団したクルーンの後釜のクローザー候補としても名前を挙げられていた。開幕一軍は果たすが直後に太腿の肉離れで離脱。5月下旬に復帰したが、怪我をかばいながら投球していたため間も無く腰を痛めてしまい、7月1日の登板を最後に二軍落ち。その後二軍でも登板できないままシーズンを迎えた。2009年も二軍調整が続き、腰を痛めた影響でダイナミックなフォームは影を潜めてしまい、球威も落ちてしまった。結果、一軍登板は自己ワーストの僅か9試合に留まった。11月26日に、稲田直人、坂元弥太郎、松山傑との交換トレードで、松家卓弘、関口雄大とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍した。背番号は49に決定した。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見たマーク・クルーン

    シーズンは開幕から中継ぎで起用され、序盤に11試合連続無失点を記録した。当初は木塚敦志や川村丈夫の前を担うロングリリーフが予定されていたが、両者の不調により、クローザーのマーク・クルーンにつなぐセットアッパーを任されるようになった。僅差の試合でも先発が早い回で崩れた試合でも登板した結果、登板試合数はリーグトップの65となり、ホールドポイント35(勝利8、ホールド27)で藤川球児と並んで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。この年の加藤は木塚、川村、クルーンと共に4人揃ってリリーフとして好成績を残し、『クアトロK』という総称が与えられたが、翌に川村と加藤が先発に転向したためクアトロKはこの年限りで解散ということになった。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た藤川球児

    シーズンは開幕から中継ぎで起用され、序盤に11試合連続無失点を記録した。当初は木塚敦志や川村丈夫の前を担うロングリリーフが予定されていたが、両者の不調により、クローザーのマーク・クルーンにつなぐセットアッパーを任されるようになった。僅差の試合でも先発が早い回で崩れた試合でも登板した結果、登板試合数はリーグトップの65となり、ホールドポイント35(勝利8、ホールド27)で藤川球児と並んで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。この年の加藤は木塚、川村、クルーンと共に4人揃ってリリーフとして好成績を残し、『クアトロK』という総称が与えられたが、翌に川村と加藤が先発に転向したためクアトロKはこの年限りで解散ということになった。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た稲田直人

    は中継ぎに専念することになり、退団したクルーンの後釜のクローザー候補としても名前を挙げられていた。開幕一軍は果たすが直後に太腿の肉離れで離脱。5月下旬に復帰したが、怪我をかばいながら投球していたため間も無く腰を痛めてしまい、7月1日の登板を最後に二軍落ち。その後二軍でも登板できないままシーズンを迎えた。2009年も二軍調整が続き、腰を痛めた影響でダイナミックなフォームは影を潜めてしまい、球威も落ちてしまった。結果、一軍登板は自己ワーストの僅か9試合に留まった。11月26日に、稲田直人、坂元弥太郎、松山傑との交換トレードで、松家卓弘、関口雄大とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍した。背番号は49に決定した。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た木塚敦志

    シーズンは開幕から中継ぎで起用され、序盤に11試合連続無失点を記録した。当初は木塚敦志や川村丈夫の前を担うロングリリーフが予定されていたが、両者の不調により、クローザーのマーク・クルーンにつなぐセットアッパーを任されるようになった。僅差の試合でも先発が早い回で崩れた試合でも登板した結果、登板試合数はリーグトップの65となり、ホールドポイント35(勝利8、ホールド27)で藤川球児と並んで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。この年の加藤は木塚、川村、クルーンと共に4人揃ってリリーフとして好成績を残し、『クアトロK』という総称が与えられたが、翌に川村と加藤が先発に転向したためクアトロKはこの年限りで解散ということになった。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た山井大介

    初打点:2004年9月25日、対中日ドラゴンズ26回戦(横浜スタジアム)、5回裏に山井大介から右前適時打加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た川村丈夫

    シーズンは開幕から中継ぎで起用され、序盤に11試合連続無失点を記録した。当初は木塚敦志や川村丈夫の前を担うロングリリーフが予定されていたが、両者の不調により、クローザーのマーク・クルーンにつなぐセットアッパーを任されるようになった。僅差の試合でも先発が早い回で崩れた試合でも登板した結果、登板試合数はリーグトップの65となり、ホールドポイント35(勝利8、ホールド27)で藤川球児と並んで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。この年の加藤は木塚、川村、クルーンと共に4人揃ってリリーフとして好成績を残し、『クアトロK』という総称が与えられたが、翌に川村と加藤が先発に転向したためクアトロKはこの年限りで解散ということになった。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た松山傑

    は中継ぎに専念することになり、退団したクルーンの後釜のクローザー候補としても名前を挙げられていた。開幕一軍は果たすが直後に太腿の肉離れで離脱。5月下旬に復帰したが、怪我をかばいながら投球していたため間も無く腰を痛めてしまい、7月1日の登板を最後に二軍落ち。その後二軍でも登板できないままシーズンを迎えた。2009年も二軍調整が続き、腰を痛めた影響でダイナミックなフォームは影を潜めてしまい、球威も落ちてしまった。結果、一軍登板は自己ワーストの僅か9試合に留まった。11月26日に、稲田直人、坂元弥太郎、松山傑との交換トレードで、松家卓弘、関口雄大とともに北海道日本ハムファイターズへ移籍した。背番号は49に決定した。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た仁志敏久

    初奪三振:2003年5月25日、対読売ジャイアンツ11回戦(横浜スタジアム)、9回表に仁志敏久から加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た中日ドラゴンズ

    初登板:2003年5月22日、対中日ドラゴンズ10回戦(横浜スタジアム)、8回表に3番手で救援登板・完了、2回無失点加藤武治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示