52件中 41 - 50件表示
  • 加藤武治

    加藤武治から見たアテネオリンピック (2004年)

    に新人ながら主に中継ぎで44試合に登板し、防御率2.77の好投で、リリーフの頭数が足りないチームを救った。シーズン途中にエディ・ギャラードが移籍してくるまではデニー友利とともにクローザーも任され、5セーブを記録した。のアテネオリンピック期間中に先発投手に回り、6勝を挙げた。には開幕ローテーション入りしたが4度の先発で防御率7点台とあって二軍落ち。一軍に復帰した5月26日以降は中継ぎに再転向。6月18日対楽天戦で1回2アウト4点ビハインドから急遽リリーフに立ち8回2アウトまでを無失点に抑え、自分がリリーフ向きだと認識した。特に先発が序盤で崩れた際のロングリリーフで安定感を見せた。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見たホールド

    シーズンは開幕から中継ぎで起用され、序盤に11試合連続無失点を記録した。当初は木塚敦志や川村丈夫の前を担うロングリリーフが予定されていたが、両者の不調により、クローザーのマーク・クルーンにつなぐセットアッパーを任されるようになった。僅差の試合でも先発が早い回で崩れた試合でも登板した結果、登板試合数はリーグトップの65となり、ホールドポイント35(勝利8、ホールド27)で藤川球児と並んで最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。この年の加藤は木塚、川村、クルーンと共に4人揃ってリリーフとして好成績を残し、『クアトロK』という総称が与えられたが、翌に川村と加藤が先発に転向したためクアトロKはこの年限りで解散ということになった。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た山形県立山形南高等学校

    山形県立山形南高等学校から東京学芸大学、社会人の三菱ふそう川崎を経て、2002年のプロ野球ドラフト会議で横浜ベイスターズに4巡目で指名され入団。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た先発ローテーション

    に新人ながら主に中継ぎで44試合に登板し、防御率2.77の好投で、リリーフの頭数が足りないチームを救った。シーズン途中にエディ・ギャラードが移籍してくるまではデニー友利とともにクローザーも任され、5セーブを記録した。のアテネオリンピック期間中に先発投手に回り、6勝を挙げた。には開幕ローテーション入りしたが4度の先発で防御率7点台とあって二軍落ち。一軍に復帰した5月26日以降は中継ぎに再転向。6月18日対楽天戦で1回2アウト4点ビハインドから急遽リリーフに立ち8回2アウトまでを無失点に抑え、自分がリリーフ向きだと認識した。特に先発が序盤で崩れた際のロングリリーフで安定感を見せた。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見たプロ野球選手

    加藤 武治(かとう たけはる、1978年3月24日 - )は、元プロ野球選手(投手)。2012年より北海道日本ハムファイターズ二軍投手コーチ。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見たセーブ

    に新人ながら主に中継ぎで44試合に登板し、防御率2.77の好投で、リリーフの頭数が足りないチームを救った。シーズン途中にエディ・ギャラードが移籍してくるまではデニー友利とともにクローザーも任され、5セーブを記録した。のアテネオリンピック期間中に先発投手に回り、6勝を挙げた。には開幕ローテーション入りしたが4度の先発で防御率7点台とあって二軍落ち。一軍に復帰した5月26日以降は中継ぎに再転向。6月18日対楽天戦で1回2アウト4点ビハインドから急遽リリーフに立ち8回2アウトまでを無失点に抑え、自分がリリーフ向きだと認識した。特に先発が序盤で崩れた際のロングリリーフで安定感を見せた。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見たサイドスロー

    サイドスローからキレのある球を投げ、主に中継ぎとして活躍する右腕。膝を折り曲げて構える独特のセットポジションから、体を大きく沈ませながら腕を大きく振り上げて投球する。かつてはストレートが最速152km/hを記録したことがあり、ストレートで押していく投球が特徴であった。しかし晩年は140km/h前半に落ち着き、ボールのキレで勝負をするようになった。だが力強いピッチングの幻想に囚われたまま、スタイルを変える方法を模索しなかった事が引退を早めたとも自己分析している。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見たスライダー (球種)

    球種はストレートの他に独特の浮き上がるようなスライダー、近年は時折シンカーも投げる。からはスライダーを投げる割合が増えた。ただし、球種が少ないので他に決め球がなく、ストレートを続けてファウルされると投げる球がなくなり、結果として球数がかさむ。故意四球(敬遠)が苦手で、打者を敬遠する場合も常に全力で投球する。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た投球回

    中継ぎ時と先発時とでは成績に大きな差が出る。横浜ベイスターズ時代に2度、先発に転向したがいずれも結果を出せずに中継ぎに回されている。2007年などは、四死球は先発時の38イニングで20個に対し中継ぎでは43イニングで12個であった。本人曰く「先発は最初から全力投球しづらい」。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤武治

    加藤武治から見た東京学芸大学

    山形県立山形南高等学校から東京学芸大学、社会人の三菱ふそう川崎を経て、2002年のプロ野球ドラフト会議で横浜ベイスターズに4巡目で指名され入団。加藤武治 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示