前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た加藤紘一加藤紘一

    福田赳夫の秘書を経て、1972年の第33回衆議院議員総選挙で初当選し、以来連続当選を果たす。自由民主党では清和会(福田派、安倍派、三塚派、森派)に所属した。また、山崎拓や加藤紘一と「YKK」を結成し、経世会支配からの脱却や党の世代交代を訴え「グループ・新世紀」を旗揚げした。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷元

    中谷元から見た加藤紘一加藤紘一

    高知県高知市生まれ。土佐高等学校、防衛大学校本科理工学専攻卒業(24期)。陸上自衛官を4年間務め、二等陸尉で退官。その後加藤紘一、今井勇、宮澤喜一衆議院議員の秘書を務めた。中谷元 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎拓

    山崎拓から見た加藤紘一加藤紘一

    1967年に福岡県議会議員に当選。当時から演説では並はずれた弁舌で聴衆を引きつけ、大いに期待される存在であった。この頃に中曽根康弘に見出され、中曽根のすすめで1969年の総選挙に保守系無所属で出馬するも落選。浪人生活を経て、1972年に衆議院に初当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。同年輩の自民党議員の中では数少ない、非世襲の叩き上げで、防衛族として頭角を現していった。防衛庁長官、建設大臣を歴任する。山崎拓 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た加藤紘一加藤紘一

    この後、社会党と新党さきがけを排除して羽田内閣が成立した。森、亀井、白川勝彦らは社会党委員長の村山富市や、野坂浩賢など、社会党で連立政権に不満を持つ議員への接触を試みていた。自民党内にも、YKK(山崎拓、加藤紘一、小泉純一郎)の了解を取るなどの根回しを行ったが、中曾根康弘らには最後まで知らせなかった。6月28日、森は社会党の久保亘書記長(彼は連立残留派だった)と会談し、自民党は村山首班で行くと持ち出した。久保は「今の話は絶対に外に漏らさないで下さい」と言い、森は「私は漏らしません」と答えたが、「私」ではない小里貞利にそれとなく言うように仕向け、自民党の村山首班構想が明らかになった。6月29日、小沢は自民党から海部を首班候補として引き抜き、首班指名は村山と海部の争いになったが、決選投票の結果村山261、海部214で村山が指名された。こうして村山内閣が成立し、社会党、新党さきがけとの3党連立として、自民党は与党復帰を果たした。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た加藤紘一加藤紘一

    1996年(平成8年)1月、村山富市首相の辞任に伴い、小渕派の橋本龍太郎が内閣総理大臣に就任。小渕派会長の小渕は政権への意欲を示したものの、野中広務らの説得により、現実的判断をとって橋本支援に転換。橋本の対抗馬であった河野洋平とソリの合わなかった加藤紘一に党幹事長のポストを渡すなどの工作を行った。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺伸

    渡辺伸から見た加藤紘一加藤紘一

    山口県出身。都立日比谷高校を経て、1964年(昭和39年)、東京大学教養学部卒業。同年、外務省入省。同期に加藤紘一、川島裕、法眼健作、高島有終(駐ドイツ大使、国際情報局長)、佐藤俊一(駐ベルギー大使、中南米局長)など。渡辺伸 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見た加藤紘一加藤紘一

    7月6日 日本政府が吉見教授の資料発見を受けて行った慰安婦問題に関する調査結果を発表。100を超える関係資料を公開。加藤紘一官房長官(当時)は「朝鮮人女性の強制連行を裏付ける資料は発見されなかった」としながらも、「慰安所の設置や運営・監督などに政府が関与していた」ことを初めて公式に認める。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 保守本流

    保守本流から見た加藤紘一加藤紘一

    1990年代は長期的な経済不況に見舞われ累次の「総合経済対策」により公共事業を実施するが、すでに経済構造の変化により有効的な政策にはならず国・地方の財政赤字が増大。その一方で、金丸信ら竹下派を舞台とする東京佐川急便事件、宏池会の議員が関与した共和汚職事件など疑獄事件が繰り返され、政官財トライアングルの癒着、公共事業における談合、腐敗が明らかになり、利益誘導政治が批判された。また最大派閥竹下派による「数の支配」は厳しい批判の対象となり、とくに竹下、金丸、小沢一郎の三者による政治指導は金竹小と呼ばれた。この経世会支配は、党内においても反発を呼び、加藤紘一(宮沢派)、山崎拓(中曽根派)、小泉純一郎(三塚派)らが派閥横断的な提携関係により経世会支配に対抗しようとした(YKK)。こうして政治改革が最大の課題となり、これをめぐる混乱のなかで保守本流の流れを汲む2派閥は、経世会は政治改革をめぐって小沢一郎、羽田孜らが離脱、改革フォーラム21を結成(羽田派)、ついで離党した後、小渕恵三を会長とする平成研究会となり、橋本龍太郎、小渕恵三の2代の総理大臣を出した。また宏池会は宮沢喜一の後継会長をめぐって、河野洋平、麻生太郎らが離脱、ついで派閥会長加藤紘一が支持率の低迷する森喜朗内閣の倒閣を狙ったいわゆる加藤の乱で、古賀誠を中心とする古賀派と加藤に従った小里貞利ら小里派(のちに谷垣派)に3分裂した。また森喜朗の後継首相、小泉純一郎は旧経世会の支持基盤である郵政事業の解体、道路などの公共事業の削減を進めると同時に、派閥最高幹部である野中広務、青木幹雄のうち参議院議員を掌握する青木と提携することで平成研の分断をはかり、さらに日歯連闇献金事件をきっかけに橋本が政界引退を余儀なくされ、有力な総裁候補がいないこともあり平成研(津島派)は弱体化した。保守本流 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤淳

    斉藤淳から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一(自由民主党公認)に、52260票差で敗れた。斉藤淳 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た加藤紘一加藤紘一

    選挙前から民主党不利、自民党の政権復帰が半ば確実視されていたが、週刊誌などでは鹿野の衆議院副議長就任が予想されていた。同じく山形県の選出であり、当選13回を数えた自民党の重鎮加藤紘一(山形3区)の衆議院議長就任の可能性も予想され、同一県内での議長副議長独占も考えられた。しかし、加藤も支援団体の分裂により保守系無所属の阿部寿一に票を奪われ、高齢により党規で比例重複が出来なかったことから落選が確定。鹿野と揃って議長・副議長就任は幻となった。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示