197件中 91 - 100件表示
  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一 自民党 衆議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 園田博之

    園田博之から見た加藤紘一加藤紘一

    1993年6月、宮澤改造内閣不信任決議案の採決では反対票を投じたが、内閣不信任案が可決された直後に自民党を離党し、新党さきがけの結党に参加。新党さきがけ代表幹事に就任し、同年8月に発足した細川連立政権下で、与党間の政策調整のために設けられた「与党代表者会議」には統一会派を組んでいた日本新党・新党さきがけの両党を代表して出席していた。1994年、自社さ連立政権の村山内閣で内閣官房副長官に任命される。この他、新党さきがけでは幹事長や総務会長を務め、さきがけ出身の議員が一定数所属する民主党にも知己が多い。1998年のさきがけ解党後、無所属を経て自民党に復党。2000年の第42回衆議院議員総選挙以降、自民党公認で4期連続当選。同年の第2次森内閣不信任決議案の採決に際しては、不信任案への賛成を公言した加藤紘一(加藤の乱)に同調したが、反対票は投じず、本会議を欠席して投票を棄権した。2002年、衆議院法務委員長に就任。園田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山憲夫

    杉山憲夫から見た加藤紘一加藤紘一

    当初は金丸側近として活躍。東京佐川急便事件で金丸が議員辞職すると小沢一郎側近となり、北村直人、藤井裕久、岡田克也ら竹下派の若手議員とともに新生党の結党に参加。その後新進党所属となるが、後に小沢と決別し1996年には自民党に復党した。復党後は宏池会(宮澤喜一→加藤紘一派)に所属した。建設政務次官・衆議院運輸委員長・衆議院環境委員長などを歴任。2000年の「加藤の乱」では、第2次森内閣への内閣不信任決議案に賛成の意思を示した派閥領袖の加藤紘一に反対した。2003年の第43回衆議院議員総選挙で、党の比例代表定年制に抵触し引退。杉山憲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原祐幸

    栗原祐幸から見た加藤紘一加藤紘一

    参議院で2回当選の後、1972年、第33回衆議院議員総選挙に旧静岡2区から衆議院に鞍替え当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。以後7回連続当選を果たす。参院時代は旧河野派の所属だったが、衆院転身後は大平派に加入。栗原祐幸 フレッシュアイペディアより)

  • 法眼晋作

    法眼晋作から見た加藤紘一加藤紘一

    1980年、勲一等瑞宝章を受章。加藤紘一に宏池会会長大平正芳を紹介した人物。法眼晋作 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛不祥事

    防衛不祥事から見た加藤紘一加藤紘一

    1986年 - 東部方面総監・増岡鼎陸将が『月曜評論』で「落ちこぼれが自衛隊に来る」と発言。加藤紘一防衛庁長官から譴責を受け、本人が引責、中村守雄陸上幕僚長も監督責任を取り辞任。増岡は退官後の89年にも『軍事研究』で「社会党中心の左翼政権など認められない、自衛隊は自民党によって作られたのだから去る者が多数出るだろう」と発言(11月号)。防衛不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺紘三

    渡辺紘三から見た加藤紘一加藤紘一

    渡辺良夫の三男として生まれる。新潟県黒川村に本籍があり、紫雲寺町(現・新発田市)で幼少期を過ごした。早稲田高等学校卒業後、新潟県内の会社に勤務していたが兄の渡辺肇の引退を受け、1972年の衆議院議員総選挙に旧・新潟2区から自由民主党公認で出馬し初当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。渡辺紘三 フレッシュアイペディアより)

  • 愛野興一郎

    愛野興一郎から見た加藤紘一加藤紘一

    佐賀県鹿島市出身。1951年に中央大学法学部を卒業。農協組合長、佐賀県議会議員、父・時一郎が中心となり鹿島市有志で設立したバス会社、祐徳自動車副社長・社長(議員在任中も社長を務め、後述の経済企画庁長官就任時に辞任し、初代会長に就任)を経て、1972年の第33回衆議院議員総選挙に自由民主党から立候補し初当選。当選回数9回(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。自民党では田中角栄→竹下登派に所属する。愛野興一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 池田行彦

    池田行彦から見た加藤紘一加藤紘一

    1998年、小渕恵三自由民主党総裁の下で自由民主党政務調査会長に就任。翌1999年の自由民主党総裁選挙では、政調会長在任中だった池田は宏池会会長の加藤紘一に出馬辞退を求めるが、加藤はこれに応じず出馬を強行し、小渕に敗れる。その後、自自連立政権発足を受けて小渕は内閣改造、党役員人事を行い、池田を自由民主党総務会長に横滑りさせた。この際、加藤は総務会長に小里貞利を推していたが、小渕は自身に反旗を翻した加藤による推薦を退け、加藤に出馬辞退を求めた池田を一本釣りする形で起用している。しかし、総務会長就任により池田は加藤の怒りを買うことになった。小渕首相が危篤に陥った際は、党三役の1人であったものの後継首班を内定したいわゆる五人組には体調が悪かったこと、また党務が苦手だったこともあり出席せずに随時電話連絡を受ける形で「森首班」に同意。2000年の第1次森内閣発足後も総務会長に留任したが、第2次森内閣の発足に伴う党役員人事により離任。池田行彦 フレッシュアイペディアより)

  • 住栄作

    住栄作から見た加藤紘一加藤紘一

    復員後の1946年、内務省入省。富山県に出向し経済部農務課長に就任。1947年、労働省新設に伴い移籍。1972年、富山1区から衆議院議員選挙に立候補し、トップ当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。以後6回連続当選。1983年の総選挙以外はすべてトップ当選であった。住栄作 フレッシュアイペディアより)

197件中 91 - 100件表示