197件中 11 - 20件表示
  • 田原 総一朗

    田原総一朗から見た加藤紘一加藤紘一

    番組の取り仕切り方に関しては批判的な意見が多くある。『朝まで生テレビ』にパネラーとして出演したある海外メディアの特派員は週刊誌のインタビューで「司会者というよりも支配者として(番組を)仕切っている」と批判する。政治家の加藤紘一は、「この番組は政治家にとって非常に出るのが怖い番組なんですよ」と番組内で発言。しばしばパネラーが田原の気に入らない発言をすると遮り「違うって!はい、コマーシャル」と番組を中断し、コマーシャル終了後には話題を転じる手法を取る。田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎恭久

    塩崎恭久から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年、参院議員を任期途中で辞職。関谷の地盤を引き継ぎ、第42回衆議院議員総選挙に愛媛県第1区から出馬し当選(変則コスタリカ方式により関谷が参院へ転出)。同年末の第2次森内閣不信任決議案をめぐる、所謂「加藤の乱」では加藤派所属だったため加藤紘一に同調するも、加藤の思うように内閣不信任決議案への同調者が集まらず、倒閣運動は頓挫する。塩崎は石原伸晃と共に加藤を強く非難し、無派閥に転じた。塩崎恭久 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党の派閥

    自由民主党の派閥から見た加藤紘一加藤紘一

    テレビ・新聞報道などマスコミにおける自民党派閥の呼称は、総じて各派の会長職にある議員の苗字から、通称で「○○派」と呼ばれる。この呼称についてはマスコミ各社独自の判断で決定されているため、場合によっては各社において違った呼び方をすることもある(例として、「旧渡辺派」と「村上派」、「旧加藤派」と「小里グループ」など)。「○○派」と「○○グループ」の線引きも曖昧であるが、2006年以降は「○○グループ」の呼称を取りやめて、全派閥とも「○○派」に統一する報道機関が多い。自由民主党の派閥 フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤弘

    齋藤弘から見た加藤紘一加藤紘一

    日本銀行を経て、山形銀行の総合企画副部長や監査副部長などを歴任。その後、2005年1月の山形県知事選挙に地元選出の衆議院議員である加藤紘一の支援を受け出馬する。齋藤弘 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田孜

    羽田孜から見た加藤紘一加藤紘一

    1969年(昭和44年)12月、第32回衆議院議員総選挙に旧長野2区から自民党公認で立候補し、7万3325票を獲得しトップ当選を果たした。自民党の派閥は佐藤栄作→田中角栄派に所属した。羽田は、郵政政務次官を経て農林政務次官となり、農林族としてそのキャリアを歩むこととなる。衆議院農林水産委員長、自民党林政調査会長、総合農政調査会長などを歴任した。農林族としての羽田は、それまでのいわゆる「ベトコン議員」に代表される毎年米価を引き上げて、農村に一方的に利益を傾斜配分するものではなく、国内産業としての農業の位置づけや、国際経済における農業貿易問題を思考するもので、加藤紘一などとともに、「総合農政族」と呼ばれた。1984年(昭和59年)には、自民党を代表し牛肉とオレンジをめぐる日米農産物交渉解決に取り組んだ。翌年の1985年(昭和60年)12月に、牛肉オレンジ交渉の実績が認められて、第2次中曽根再改造内閣で農林水産大臣として初入閣する。ちなみにこの時自治大臣として小沢一郎も初入閣している。農水相としては「タブーへの挑戦」を掲げ、日米間で対立が大きくなってきたコメの自由化問題に対応する。羽田は、外国米に対して価格の高い日本米に国際競争力をつけるため、農産物価格の引き下げを断行しようとした。しかし1986年(昭和61年)の衆参同日選挙後、成立した第3次中曽根内閣で農水相は羽田から安倍派の加藤六月に交代し、農協の反対にもあい米価は据え置かれることとなった(農水相在任中、当時農水官僚だった荒井聰に対し、初当選同期で党派・与野党・保革を超えて個人的な親交があった横路孝弘が道知事時代の北海道庁への出向を命じている)。しかし、農水相を降りた羽田は、翌年の1987年(昭和62年)に、生産米に関しては、生産者価格を引き下げるという政府・自民党合意を取り付け、米価の引き下げを断行するに至る。羽田孜 フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤喜一

    宮澤喜一から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一は大平側近として知られ、個人としての宮澤は加藤よりも河野を後継に望んだとされるが、いわゆるKK戦争における宮沢の煮え切らない態度は、河野洋平の離脱による派閥分裂を招いた。加藤の乱では、田中六助直系の古賀誠と結ぶ形で、加藤を失脚させている。加藤の乱では、大平女婿の森田一は加藤についており、宏池会内抗争の系譜が現代まで影響を及ぼした側面もある。宮澤喜一 フレッシュアイペディアより)

  • 大平正芳

    大平正芳から見た加藤紘一加藤紘一

    1979年(昭和54年)の四十日抗争で大平続投か福田返り咲きかで自民党分裂直前までいった党内抗争が起こったが、四十日抗争中に首相官邸での食事中に側近であった内閣官房副長官の加藤紘一には「福田は俺にやめろと言った。しかし、後を誰にやらせるか考えると、俺にはやめる自由がない。しかし、万が一俺が今ここで死んだら、誰を日本の総理にすべきか」と話しかけ、少し沈黙が続いた後、大平が口を開き「いいか、(もし俺が死んだら)日本のために総理をさせなきゃならぬのは福田赳夫だ」と続けた。1978年自民党総裁選や1979年の四十日抗争などで感情も混じって福田赳夫と対立していたが、自分にとってかわる首相にふさわしい政治家としては福田赳夫を認めていたエピソードである。大平正芳 フレッシュアイペディアより)

  • 野田毅

    野田毅から見た加藤紘一加藤紘一

    フジテレビの「報道2001」にて中国の反日政策や朝鮮戦争の記述など明らかに間違えている中国教科書について、中国をフォローしているとも受け取れる発言に終始した野田に対し、民主党の原口一博は「野田さんは(テレビ番組を通して)中国政府に言っているので、こういうことを言う」と指摘した。また自民党の町村信孝からも、加藤紘一と野田を指して「中国にゴマをする人間がいるから真の意味での日中関係がおかしくなる」と批判されている。野田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た加藤紘一加藤紘一

    続く森内閣では、2000年(平成12年)の加藤の乱に際して加藤紘一と行動を共にして挫折。この際、山崎拓と二人だけで本会議に不信任票を投じに行こうとする加藤にすがりつき、「加藤先生、大将なんだから! 一人で突撃なんてダメですよ! 加藤先生が突撃するときは俺たちだってついて行くんだから!大将は自重しなきゃダメですよ!」と涙ながらに慰留するシーンが話題となった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田森

    岸田森から見た加藤紘一加藤紘一

    1947年(昭和22年)、8歳。帰京し、千代田区の九段小学校へ転校する。九段小学校の同級生に大空真弓がいた。麹町中学校から海城高等学校を卒業。麹町中学校の同級生に衆議院議員の加藤紘一、海城高校の1年後輩にはフリーアナウンサーの徳光和夫がいた。岸田森 フレッシュアイペディアより)

197件中 11 - 20件表示