227件中 11 - 20件表示
  • 宮崎謙介

    宮崎謙介から見た加藤紘一加藤紘一

    2006年(平成18年)- 加藤鮎子(当時加藤紘一秘書・現衆議院議員)と結婚(2009年離婚)。宮崎謙介 フレッシュアイペディアより)

  • 大宏池会構想

    大宏池会構想から見た加藤紘一加藤紘一

    1998年、宮澤喜一から加藤紘一に宏池会会長の座が禅譲されることがほぼ確実となった段階で、これに不満を唱えた河野洋平に近しい議員たちが派閥離脱(河野本人はこれ以前に宏池会を離れており、当時無派閥)。河野系の離脱直後、加藤は宏池会会長に就任。河野は翌1999年1月に、宏池会を脱退した議員たちと共に、大勇会(河野グループ、その後麻生派・為公会)を結成(KK戦争参照)。大宏池会構想 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤鮎子

    加藤鮎子から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤 鮎子(かとう あゆこ、1979年(昭和54年)4月19日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。父は元内閣官房長官・元自民党幹事長の加藤紘一。本名は、角田鮎子。加藤鮎子 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎恭久

    塩崎恭久から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年、参院議員を任期途中で辞職。関谷の地盤を引き継ぎ、第42回衆議院議員総選挙に愛媛1区から出馬し当選(変則コスタリカ方式により関谷が参院へ転出)。同年末の第2次森内閣の内閣不信任決議案をめぐる、いわゆる「加藤の乱」では、当時加藤派に所属していたため加藤紘一に同調するも、加藤の思うように内閣不信任決議案への同調者が集まらず、倒閣運動は頓挫する。塩崎は石原と共に加藤を強く非難し、無派閥に転じた。塩崎恭久 フレッシュアイペディアより)

  • 大平正芳

    大平正芳から見た加藤紘一加藤紘一

    1979年(昭和54年)の四十日抗争で大平続投か福田返り咲きかで自民党分裂直前までいった党内抗争が起こったが、四十日抗争中に首相官邸での食事中に側近だった加藤紘一内閣官房副長官に「福田は俺にやめろと言った。しかし、後を誰にやらせるか考えると、俺にはやめる自由がない。しかし、万が一俺が今ここで死んだら、誰を日本の総理にすべきか」と話しかけ、少し沈黙が続いた後、大平が口を開き「いいか、(もし俺が死んだら)日本のために総理をさせなきゃならぬのは福田赳夫だ」と続けた。1978年自民党総裁選や1979年の四十日抗争などで感情も混じって福田赳夫と対立していたが、自分にとってかわる首相にふさわしい政治家としては福田赳夫を認めていたエピソードである。大平正芳 フレッシュアイペディアより)

  • 村上正邦

    村上正邦から見た加藤紘一加藤紘一

    1994年、自社さ連立政権の村山内閣が成立する。翌1995年3月、村上は自民党参議院幹事長に就任する。この政権は政策の違いの大きなガラス細工のような政権だった。社会党はすでに、安保や自衛隊で妥協し、戦後50年の不戦決議は至上命題であった。自民党にとってもこれは連立に当たっての合意事項だった。自民党は決議推進派と慎重派に割れていた。民間では「日本を守る会」「日本を守る国民会議」(のちの日本会議)が戦争謝罪決議の反対署名を集めていた。村上以外の党五役はいずれも決議に賛成であった。村上は一人反対しており、加藤紘一政調会長らが妥協案を模索していた。村上正邦 フレッシュアイペディアより)

  • 羽田孜

    羽田孜から見た加藤紘一加藤紘一

    1969年(昭和44年)12月、第32回衆議院議員総選挙に旧長野2区から自民党公認で立候補し、7万3325票を獲得しトップ当選を果たした。自民党の派閥は佐藤栄作→田中角栄派に所属した。羽田は、郵政政務次官を経て農林政務次官となり、農林族としてそのキャリアを歩むこととなる。衆議院農林水産委員長、自民党林政調査会長、総合農政調査会長などを歴任した。農林族としての羽田は、それまでのいわゆる「ベトコン議員」に代表される毎年米価を引き上げて、農村に一方的に利益を傾斜配分するものではなく、国内産業としての農業の位置づけや、国際経済における農業貿易問題を思考するもので、加藤紘一などとともに、「総合農政族」と呼ばれた。1984年(昭和59年)には、自民党を代表し牛肉とオレンジをめぐる日米農産物交渉解決に取り組んだ。翌年の1985年(昭和60年)12月に、牛肉オレンジ交渉の実績が認められて、第2次中曽根再改造内閣で農林水産大臣として初入閣する。ちなみにこの時自治大臣として小沢一郎も初入閣している。農水相としては「タブーへの挑戦」を掲げ、日米間で対立が大きくなってきたコメの自由化問題に対応する。羽田は、外国米に対して価格の高い日本米に国際競争力をつけるため、農産物価格の引き下げを断行しようとした。しかし1986年(昭和61年)の衆参同日選挙後、成立した第3次中曽根内閣で農水相は羽田から安倍派の加藤六月に交代し、農協の反対にもあい米価は据え置かれることとなった(農水相在任中、当時農水官僚だった荒井聰に対し、初当選同期で党派・与野党・保革を超えて個人的な親交があった横路孝弘が道知事時代の北海道庁への出向を命じている)。しかし、農水相を降りた羽田は、翌年の1987年(昭和62年)に、生産米に関しては、生産者価格を引き下げるという政府・自民党合意を取り付け、米価の引き下げを断行するに至る。羽田孜 フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤喜一

    宮澤喜一から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一は大平側近として知られ、個人としての宮澤は加藤よりも河野を後継に望んだとされるが、いわゆるKK戦争における宮澤の煮え切らない態度は、河野洋平の離脱による派閥分裂を招いた。加藤の乱では、田中六助直系の古賀誠と結ぶ形で、加藤を失脚させている。加藤の乱では、大平女婿の森田一は加藤に就いており、宏池会内抗争の系譜が現代まで影響を及ぼした側面もある。宮澤喜一 フレッシュアイペディアより)

  • ラーの会

    ラーの会から見た加藤紘一加藤紘一

    ラーの会(ラーのかい)は、自民党の加藤紘一代議士を中心とする超党派議員の勉強会。2008年3月26日に発足した。東アジアと日本の安全保障や外交をテーマに活動するのが設立の目的と言われる。ラーの会 フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会

    宏池会から見た加藤紘一加藤紘一

    現在の通称は岸田派。宏池会は池田勇人が佐藤栄作と袂を分かって旗揚げしたのが始まりで、通称の変遷としては、池田派→前尾派→大平派→鈴木派→宮沢派→加藤派→古賀派→岸田派。宏池会 フレッシュアイペディアより)

227件中 11 - 20件表示

「加藤紘一」のニューストピックワード