227件中 31 - 40件表示
  • 林大幹

    林大幹から見た加藤紘一加藤紘一

    千葉県香取郡東庄町出身。小見川農学校を経て、金鶏学院を卒業。1972年の第33回衆議院議員総選挙に旧千葉2区から無所属で出馬し初当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。その後自民党に入党し、福田派、中川派を経て、中曽根→渡辺派に属す。当選1回だった1973年には保守派政策集団「青嵐会」に参加。1992年、宮澤改造内閣の環境庁長官として初入閣。翌年に行われた衆院選には出馬せず、長男・幹雄に地盤を譲り政界を引退した。林大幹 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤三郎

    佐藤三郎から見た加藤紘一加藤紘一

    佐藤三郎 (国会議員秘書) 加藤紘一事務所元代表兼金庫番佐藤三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺紘三

    渡辺紘三から見た加藤紘一加藤紘一

    渡辺良夫の三男として生まれる。新潟県北蒲原郡黒川村(現・胎内市)に本籍があり、現在の新発田市紫雲寺地区で幼少期を過ごした。早稲田高等学校卒業後、新潟県内の会社に勤務していたが兄の渡辺肇の引退を受け、1972年の衆議院議員総選挙に旧・新潟2区から自由民主党公認で出馬し初当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。渡辺紘三 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原祐幸

    栗原祐幸から見た加藤紘一加藤紘一

    参議院で2回当選の後、1972年、第33回衆議院議員総選挙に旧静岡2区から衆議院に鞍替え当選する(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。以後7回連続当選を果たす。参院時代は旧河野派の所属だったが、衆院転身後は大平派に加入した。栗原祐幸 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙で最後の明治生まれの桜内義雄と原健三郎が議員引退して明治生まれが全て引退して、2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で、中山太郎が落選して大正生まれ(大正世代)の議員がいなくなり全議員が昭和生まれとなった。1990年代は竹下派七奉行や清和会四天王と呼ばれた政治家が活躍した。20世紀の間は大正生まれから、昭和一桁生まれ・昭和10年代生まれの政治家に世代交代をする移行期であり、大正生まれ(中曽根康弘・竹下登・宇野宗佑・宮澤喜一・村山富市・梶山静六など)から昭和一桁生まれ(土井たか子・海部俊樹・武村正義など)・昭和10年代生まれ(小沢一郎・羽田孜・細川護煕・橋本龍太郎・小渕恵三など)までの政治家が1990年代の政界を主導したが、竹下派七奉行や安倍派四天王を中心に2000年代に入るとこれらの政治家の多くが死去したり引退した。自由民主党では自由民主党総裁選挙での自由民主党の派閥争いが弱体化したが総理大臣の座を巡って、ネオ・ニューリーダーと呼ばれた政治家が活躍して、金竹小・安竹宮・YKK(山崎拓・加藤紘一・小泉純一郎)・麻垣康三・NAISの会(根本匠・安倍晋三・石原伸晃・塩崎恭久)などと呼ばれた政治家が注目された。2000年代になると、昭和10年代生まれ(森喜朗・小泉純一郎・亀井静香・小沢一郎・福田康夫・麻生太郎など)・昭和20年代生まれ(鳩山由紀夫・菅直人・岡田克也・安倍晋三など)が主導権握り、2010年代になると、昭和30年代生まれ(前原誠司・野田佳彦など)の政治家が主導権を握り始めた。与野党で戦後生まれの党首が誕生して、国会議員は大日本帝国期の1945年(昭和20年)以前に誕生した戦前生まれ・戦中生まれの政治家より、団塊の世代など第二次世界大戦の後に誕生した戦後生まれの政治家の方が多数となった。新党ブームがあった1990年代には、昭和30年代生まれ・昭和40年代生まれ(新人類・バブル世代)が、小泉チルドレン・小沢ガールズなどが注目されるようになった2000年代には、昭和40年代生まれ・昭和50年代生まれ(氷河期世代・団塊ジュニア)が国会議員となった。2010年代には昭和60年代生まれが国会議員となった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・カーティス

    ジェラルド・カーティスから見た加藤紘一加藤紘一

    (2010年2月23日) - 共演:加藤紘一ジェラルド・カーティス フレッシュアイペディアより)

  • KK

    KKから見た加藤紘一加藤紘一

    KK戦争 - 1990年代に自由民主党の加藤紘一と河野洋平の間で繰り広げられた権力闘争。KK フレッシュアイペディアより)

  • 近岡理一郎

    近岡理一郎から見た加藤紘一加藤紘一

    2003年10月10日、衆議院解散に伴い「選挙民からいただいた議席をお返ししたい」として政界を引退。第43回衆議院議員総選挙では、秘書の逮捕を受け自民党を離党・議員辞職していた加藤紘一の政界復帰を支援した。近岡理一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 愛野興一郎

    愛野興一郎から見た加藤紘一加藤紘一

    佐賀県鹿島市出身。1951年に中央大学法学部を卒業。農協組合長、佐賀県議会議員、父・時一郎が創立したバス会社、祐徳自動車副社長・社長(議員在任中も社長を務め、後述の経済企画庁長官就任時に辞任し、初代会長に就任)を経て、1972年の第33回衆議院議員総選挙に自由民主党から立候補し初当選。当選回数9回(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。自民党では田中角栄→竹下登派に所属する。愛野興一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎武法

    神崎武法から見た加藤紘一加藤紘一

    【自民党】 二階俊博、加藤紘一、野田毅、村田吉隆、茂木敏充 らと野中広務元衆議院議員神崎武法 フレッシュアイペディアより)

227件中 31 - 40件表示

「加藤紘一」のニューストピックワード