227件中 41 - 50件表示
  • 森田一

    森田一から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年、第2次森内閣において運輸大臣兼北海道開発庁長官として初入閣。その運輸大臣在任中に起きたいわゆる加藤の乱では、現職閣僚ながら加藤紘一を支持。当時法務大臣だった山崎派の保岡興治と事前に打ち合わせをして、加藤と山崎拓が本会議で森内閣に不信任投票した場合には、その場で大臣を辞して行動を共にするために辞表を用意していた。結局、加藤と山崎が欠席戦術に切り替えたため、森田は本会議に出席して不信任決議に反対票を投じた。森田一 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎茂一

    宮崎茂一から見た加藤紘一加藤紘一

    大学卒業後、内務省に入省。その後は経済企画庁を経て運輸省に移り、港湾局長などを歴任。退官後、政界入りを目指し1969年の衆議院議員総選挙に旧鹿児島1区から無所属で出馬したが落選。3年後の1972年の総選挙に再び旧鹿児島1区から無所属で出馬、初当選を飾った(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・三塚博・村岡兼造・保岡興治・瓦力・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。連続当選8回。宮崎茂一 フレッシュアイペディアより)

  • 石川要三

    石川要三から見た加藤紘一加藤紘一

    1993年の第40回衆議院議員総選挙では次点で落選する。1996年、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、東京都第25区から出馬し、当選。1998年、宮澤派会長の宮澤喜一元首相は加藤紘一に派閥を禅譲したが、これに反発した河野洋平らが宮澤派を離脱し、大勇会を結成。石川も宮澤派を退会し、大勇会に参加した。2000年の第42回衆議院議員総選挙では東京25区で民主党の島田久を破り、再選を果たした。2003年の第43回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退した(東京25区の地盤は井上信治が継承)。石川要三 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩秩子

    黒岩秩子から見た加藤紘一加藤紘一

    愛知県名古屋市出身。東京都品川区立第二延山小学校、東京都目黒区立目黒第九中学校、東京都立日比谷高等学校卒業。同高校の同級生に加藤紘一、保岡興治、利根川進、山尾三省などがいた。1958年(昭和33年)4月、東京大学理科?類入学。1960年(昭和35年)、黒岩卓夫と学生結婚。1963年(昭和38年)3月、東京大学理学部数学科卒業。同年、京華女子高等学校に数学教諭として奉職。1968年(昭和43年)、公立高校教師に転身し東京都立杉並高等学校に異動。黒岩秩子 フレッシュアイペディアより)

  • 原田昇左右

    原田昇左右から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年に派閥領袖である加藤紘一が起こした「加藤の乱」では、大半の宏池会幹部が加藤に反発する中、数少ない加藤の同調者となる。2002年春の叙勲で勲一等旭日大綬章を授けられた。2003年にくも膜下出血で倒れ、同年の総選挙には出馬せず政界を引退した。原田昇左右 フレッシュアイペディアより)

  • 李長春

    李長春から見た加藤紘一加藤紘一

    2007年4月27日に訪中した自民党の山崎拓前副総裁、加藤紘一元幹事長らと北京で会談し、その席で中国の軍事費急増の理由について「台湾解放のための装備近代化だ。平和解決が目標だが、武力行使を放棄したわけではない」と発言。これまで中国は軍事費急増について、経済成長に伴う兵士の待遇改善などを根拠としていたが、中国要人が、台湾の武力統一を理由に挙げるのは極めて異例で、軍事費急増が武力行使力増強の為であることを明確に意思表示した発言であった。李長春 フレッシュアイペディアより)

  • 中選挙区制

    中選挙区制から見た加藤紘一加藤紘一

    こうした状況を踏まえ、2011年に渡部恒三や加藤紘一を世話人とする「衆院選挙制度の抜本改革を目指す議員連盟」が発足した。同連盟は中選挙区制(大選挙区非移譲式単記制)を復活を目指すものとされ、この議員連盟の会合において、河野洋平前衆議院議長は、かつて自民党総裁時代に野党党首として小選挙区比例代表並立制の導入に協力したことについて「率直に不明をわびる気持ちだ。状況認識が正しくなかった」と発言した。また、小選挙区比例代表並立制は妥協の産物であり、細川護熙と同様、当時から中選挙区制限連記制を支持していたという。小選挙区比例代表並立制の採決の際の造反議員を処分した日本社会党(現・社会民主党)は、2006年に処分された議員の名誉回復をおこなった。中選挙区制 フレッシュアイペディアより)

  • 久間章生

    久間章生から見た加藤紘一加藤紘一

    一方で、「既に明らかになりブッシュ大統領も認めているが、開戦の大義であった大量破壊兵器はイラクには存在しなかった。(それなのにイラク戦争を批判したところで)そのことで米側から抗議を受けるものだとはとても思えない」などの反論もある。自民党内では、加藤紘一が久間を擁護し、「なぜ批判を受けなければならないのか。(イラク戦争開戦の誤りは)世界の常識だ」と政府側に詰め寄ったという。久間章生 フレッシュアイペディアより)

  • 土肥隆一

    土肥隆一から見た加藤紘一加藤紘一

    2010年8月19日、日韓併合100年を契機に「植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の斎藤勁衆議院議員・首藤信彦衆議院議員・相原久美子参院議員・今野東参院議員・那谷屋正義参院議員、日本共産党の山下芳生参院議員、社民党の阿部知子衆議院議員、社民党党首の福島瑞穂参議院議員、無所属の糸数慶子参議院議員らと出席し、自民党の加藤紘一衆議院議員の代理人も参加し、韓国の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。その議論で土肥衆院議員は「20年間、国会議員をやっているが、果たして国会議員が継続して歴史問題、日韓の重荷をともに考える人材足りえるかとの疑問を持っている。さりとて、政治が解決しなければならない。これまでの日韓国会議員連盟は50年以上、何をやってきたのか。歴史的使命を果たしていない。そこをどう認識し、交流し、和解するのか。和解では日本人だけが一方的に「お許しください」というのではなく、韓国側も同じく和解しようという意思でやるべきだ。」と総括した。土肥隆一 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見義明

    吉見義明から見た加藤紘一加藤紘一

    宮沢喜一首相(当時)の訪韓直前というタイミングで掲載されたこの記事は、一面で「慰安所、軍関与示す資料」「部隊に設置指示 募集含め統制・監督」「政府見解揺らぐ」と報じており、また、吉見が資料を「発見」したと報道されたが、研究者の間ではこの資料は既に周知のものであった。朝日はこの資料について吉見の解釈のみを載せ、吉見は紙面上で「軍の関与は明白であり、謝罪と補償を」とコメントした。この記事の説明や同日の社説には「朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」「その数は8万とも20万ともいわれる」との報道もなされた。翌1月12日の朝日新聞社説では「歴史から目をそむけまい」として宮沢首相には「前向きの姿勢を望みたい」と報じ、1月13日、加藤紘一官房長官(当時)が「お詫びと反省」の談話を発表、1月14日、宮沢首相は「軍の関与を認め、おわびしたい」と述べるに至った。吉見義明 フレッシュアイペディアより)

227件中 41 - 50件表示

「加藤紘一」のニューストピックワード