227件中 51 - 60件表示
  • 山下芳生

    山下芳生から見た加藤紘一加藤紘一

    2010年8月19日、日韓併合100年を契機に「植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の斎藤勁衆議院議員・土肥隆一衆議院議員・相原久美子参院議員・今野東参院議員・那谷屋正義参院議員・首藤信彦衆議院議員、社民党の阿部知子衆議院議員、社民党党首の福島瑞穂参議院議員、無所属の糸数慶子参議院議員らと出席し、自民党の加藤紘一衆議院議員の代理人も参加し、韓国の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。その議論で山下参院議員は「友人を得ようと思うなら相手の立場に立つことだ。他の人もやっていたと、誤りを開き直ると友人は得られない。日韓併合条約は、日本が韓国に軍事的抑圧でやった不当なものだ。侵略戦争を美化する歴史教科書があるのも解決しなければならない。慰安婦問題で政府は謝罪と補償を行い、真の解決を図るべきだ。」と総括した。山下芳生 フレッシュアイペディアより)

  • 国立台湾師範大学

    国立台湾師範大学から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一 - 日本の政治家国立台湾師範大学 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀節

    志賀節から見た加藤紘一加藤紘一

    岩手県出身。早稲田大学卒業後、南カリフォルニア大学大学院に留学し、国際政治学を専攻した。1963年から、三木武夫が主宰する中央政策研究所に勤務する。父・健次郎の政界引退に伴い、1972年の第33回衆議院議員総選挙に旧岩手2区から自由民主党公認で出馬し、初当選した(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・三塚博・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。以後8期連続当選。当選後は三木派に所属。同じ旧岩手2区には経世会の小沢一郎がおり、長きにわたりライバル関係にあった。1978年に外務政務次官、1980年に農林水産政務次官に任命される。志賀節 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤誼

    佐藤誼から見た加藤紘一加藤紘一

    山形県鶴岡市出身。山形師範学校、東北大学を卒業。山形県立鶴岡工業高等学校教諭、県高校教職員組合執行委員長等を歴任。1971年・1974年・1977年の参院選落選を経て、1979年の第35回衆議院選挙で山形2区から、安宅常彦の引退を受け日本社会党公認で出馬。トップ当選した自由民主党の加藤紘一に400票弱に迫る僅差で、初当選。以後当選3回。佐藤誼 フレッシュアイペディアより)

  • 早坂茂三

    早坂茂三から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年11月の加藤の乱について、「平成日本のよふけ」スペシャルの中で、早坂自身も参加していた会合において倒閣宣言をしながら失敗に終わった加藤紘一を「自作自演のうちにあっという間に鎮圧された」「度胸ゼロ。東大法学部出身の悪い例」などと酷評している。早坂茂三 フレッシュアイペディアより)

  • 一龍戦争

    一龍戦争から見た加藤紘一加藤紘一

    また、小沢が金融特別委員会にて加藤紘一自民幹事長のヤミ献金問題による証人喚問を要求すると、与党は創価学会池田大作名誉会長の証人喚問を要求するなど半ば泥仕合の様相を見せ、結局加藤幹事長ならび創価学会秋谷栄之助会長(宗教法人特別委員会)の参考人招致で合意した。10月衆院選で新進党小沢党首は一気に政権奪取に動くが、自民党橋本総裁(首相)は、『新進党は、創価学会に支配されている』や『新進党=創価学会』など新進党や創価学会のネガティブキャンペーンをはり、結果は自民党は善戦し政権維持、新進党は現有議席割れの敗北であった。一龍戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 一六戦争

    一六戦争から見た加藤紘一加藤紘一

    梶山は小沢率いる新進党との保保連携のため、自社さ派の加藤紘一幹事長の更迭を求めたが、橋本龍太郎首相は最終的に自社さ派につき、加藤の幹事長留任が決定。このため梶山は官房長官を辞任。自社さ派についた竹下や野中との関係は悪化した。一六戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ストローブ・タルボット

    ストローブ・タルボットから見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一・茂田宏・桂誠訳『米ソ核軍縮交渉――成功への歩み』(サイマル出版会, 1990年)ストローブ・タルボット フレッシュアイペディアより)

  • 東家嘉幸

    東家嘉幸から見た加藤紘一加藤紘一

    1998年に勲一等瑞宝章を受章。同年、宮沢喜一から加藤紘一へと派閥会長交代の流れが強まるに当たって、石川要三、相澤英之、麻生太郎らと派閥を離脱。翌1999年に無派閥となっていた河野洋平を中心に河野グループを結成するが、同年、体調不良が原因で任期途中で議員を辞職した。これにより、比例代表九州ブロックで次点だった林田彪が繰り上げ当選を果たす。東家嘉幸 フレッシュアイペディアより)

  • YKK (政治同盟)

    YKK (政治同盟)から見た加藤紘一加藤紘一

    YKK(ワイケーケー)は、自由民主党所属の衆議院議員であった山崎拓、加藤紘一、小泉純一郎による盟友関係。YKKトリオとも呼ばれる。ローマ字表記した際の3人の頭文字 (Yamasaki, Katô, Koizumi) をジッパーの製造で有名な大手非鉄金属メーカーYKKに掛けて、このように呼ばれるようになった。山崎によると、「YKK」のネーミングは加藤が発案したという。YKK (政治同盟) フレッシュアイペディアより)

227件中 51 - 60件表示

「加藤紘一」のニューストピックワード