197件中 61 - 70件表示
  • 川島裕

    川島裕から見た加藤紘一加藤紘一

    慶應義塾幼稚舎、東京都立日比谷高等学校、東京大学法学部を経て、1964年(昭和39年)、外務省入省。同期には加藤紘一、法眼健作、原口幸市、橋本宏、渡辺伸、松尾克俊ら。川島裕 フレッシュアイペディアより)

  • 報償費

    報償費から見た加藤紘一加藤紘一

    宮沢内閣の内閣官房長官であった加藤紘一が与野党政治家主催のパーティー券購入や会食、背広の購入費、出身高校同窓会費に使った事、さらには官房長官による私的流用をしたと、日本共産党が官邸の内部文書を入手して明らかにした。なお、加藤当人は否定している。報償費 フレッシュアイペディアより)

  • 岩永峯一

    岩永峯一から見た加藤紘一加藤紘一

    1996年の第41回衆議院議員総選挙で旧滋賀3区から無所属で立候補して当選する。石破茂、新井将敬らの作った会派21世紀にオブザーバ参加の後、自由民主党に入党した。自由民主党では宏池会に属し、加藤の乱では加藤紘一と行動を共にするが、後に堀内派に移る。岩永峯一 フレッシュアイペディアより)

  • 原口幸市

    原口幸市から見た加藤紘一加藤紘一

    東京都生まれ。東京都立日比谷高等学校、東京大学教養学部を卒業後、1964年に外務省に入省。同期には加藤紘一、川島裕、法眼健作、橋本宏、渡辺伸、松尾克俊らがいる。原口幸市 フレッシュアイペディアより)

  • ゴー宣道場

    ゴー宣道場から見た加藤紘一加藤紘一

    アドバイザー : 五反分正彦(加藤紘一衆議院議員の政策秘書、第17回から参加)ゴー宣道場 フレッシュアイペディアより)

  • 川上義博

    川上義博から見た加藤紘一加藤紘一

    2008年5月、超党派の日朝国交正常化推進議員連盟の立ち上げに参加し、事務局長に就任。同議連には山崎拓、加藤紘一(自民党)、菅直人(民主党)、東順治(公明党)、福島瑞穂(社会民主党)、亀井静香(国民新党)らが参加した。川上義博 フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会 (古賀派)

    宏池会 (古賀派)から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年11月、宏池会会長加藤紘一の第2次森内閣不信任決議案同調の動きに反発した宮澤喜一元首相、池田行彦、堀内光雄、丹羽雄哉ら反加藤グループが、2001年1月に堀内派を結成。第2次森改造内閣発足に伴う党役員人事では、野中広務幹事長の後任に国会対策委員長の古賀誠を送り込んだ。宏池会 (古賀派) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田たかよし

    吉田たかよしから見た加藤紘一加藤紘一

    元自由民主党幹事長・加藤紘一の公設第一秘書や自民党かながわ政治大学校6期生を経て、2003年に執行された第43回衆議院議員総選挙に神奈川県第8区から自民党公認で立候補し、39,434票を得たが落選している。吉田たかよし フレッシュアイペディアより)

  • 郵政解散

    郵政解散から見た加藤紘一加藤紘一

    この解散を、元郵政相の自見庄三郎は「自爆解散」、前首相の森喜朗は「花火解散」、元自民党幹事長の加藤紘一は「干からびたチーズ解散」、前農水相の島村宜伸は「驚き解散」、民主党代表の岡田克也は「日本刷新解散」、公明党幹事長代行の太田昭宏は「突発解散」、共産党委員長の志位和夫は「ゆきづまり解散」、社民党党首の福島瑞穂は「八つ当たり解散・わがまま解散」と呼んだが、総選挙後は「郵政解散」が定着した。郵政解散 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢元彦

    井沢元彦から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一宅放火事件では、加藤紘一に見舞いの言葉を発し、加藤の政治家としての評価の見直しを主張した。井沢元彦 フレッシュアイペディアより)

197件中 61 - 70件表示