197件中 71 - 80件表示
  • 加藤清隆

    加藤清隆から見た加藤紘一加藤紘一

    1977年(昭和52年)-早稲田大学政治経済学部卒業後、時事通信社入りし、政治部に配属。福田赳夫、大平正芳両首相番、森喜朗、加藤紘一両官房副長官番、新自由クラブ担当。加藤清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤鉄雄

    近藤鉄雄から見た加藤紘一加藤紘一

    1993年の山形県知事選では副知事だった高橋和雄擁立の中心となり、加藤紘一が推した土田正剛(当時山形県議会議員・現東根市長)と分裂選挙となった。結局、高橋は当選を果たしたが、12年後の知事選で加藤の推した斎藤弘に敗北する。近藤鉄雄 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤次郎

    斎藤次郎から見た加藤紘一加藤紘一

    1994年、自社さ連立政権の村山内閣が誕生し、自民党が与党に復帰。斎藤次官ら主計局は増減税一体案を提出。これに対して、ときの蔵相・武村正義が分離案を固持、新党さきがけが税制大綱への行財政改革明記による改革案を提示し対立。斎藤と共に「SKコンビ」と呼称された通産事務次官の熊野英昭と共に、両省の思惑も絡みながら協働して主だった政界関係者の間を動くが、ときの住専処理など一連の「大蔵スキャンダル」も噴出し、村山内閣時代に次官を辞任した。時の加藤紘一自民党幹事長らは増減税一体案を維持するも、国民福祉税構想のぶち上げ方など一連の小沢・斎藤らの強引な手法を危惧し、小沢路線に乗っかると国民世論の反発を買うとして篠沢の次の次官に小川是を後押ししたとされている。斎藤次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 藤野義昭

    藤野義昭から見た加藤紘一加藤紘一

    2008年7月3日、佐藤勝巳の後任として救う会代表に選出。7月7日、自民党幹事長経験者加藤紘一が日本BS放送の番組において、「(2002年小泉純一郎総理大臣の訪朝後に一時帰国した)拉致被害者は北朝鮮に戻すべきだった」と発言。今日の日朝交渉停滞の原因を、当時の福田康夫官房長官案から、途中で安倍晋三官房副長官案に切り替えた日本が彼らを北朝鮮に返さなかったことによるとした。また、金正日のことを「あの国では、一種、天皇陛下みたいなポジションの人物ですよね」と述べた。この発言に対し、藤野は救う会代表として抗議をおこなった。2009年の救う会の大会では、核武装論を主張した。藤野義昭 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生包囲網

    麻生包囲網から見た加藤紘一加藤紘一

    一方、安倍政権下で非主流派であった山崎拓・古賀誠・加藤紘一ら(いわゆる新YKK)は参院選の惨敗や内閣改造後も連発した閣僚の不祥事を受け、安倍と共に麻生の連帯責任論を唱え、同じく非主流派の谷垣禎一や、安倍とは路線の異なる福田康夫の擁立を模索していた。麻生包囲網 フレッシュアイペディアより)

  • 佐高信

    佐高信から見た加藤紘一加藤紘一

    第44回衆議院議員総選挙直前の2005年9月4日放送「サンデープロジェクト」(テレビ朝日)に『社民党応援団』として出演するなど、公然とした社民党支持者である。また、2007年3月まで新社会党の機関紙『週刊新社会』にコラム『毒言毒語』を連載していた。土井たか子らと“憲法行脚の会”を結成、加藤紘一との対談集会を開くなど護憲運動を行なっている。日本共産党には批判的で、九条の会への参加を呼びかけられた時は日本共産党の関係者が加わっていることを理由に拒否していたが、2005年3月、九条の会傘下の「マガジン9条」発起人となった。佐高信 フレッシュアイペディアより)

  • 吉泉秀男

    吉泉秀男から見た加藤紘一加藤紘一

    8月30日:第45回衆議院議員総選挙、民主党と国民新党の推薦を受けて出馬した山形3区では善戦したが、自民党前職である加藤紘一に敗れた。しかし、比例東北ブロックにおいて惜敗率でトップ(61.6%)となり、復活当選を果たした。吉泉秀男 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・カーティス

    ジェラルド・カーティスから見た加藤紘一加藤紘一

    (2010年2月23日) - 共演:加藤紘一ジェラルド・カーティス フレッシュアイペディアより)

  • 2009年衆議院解散

    2009年衆議院解散から見た加藤紘一加藤紘一

    一方、自民党元副総裁山崎拓は「野党転落寸前」の意味を込めて「がけっぷち解散」、党元幹事長加藤紘一は、「麻生は与党のままでいられると思っている」として「与党ぼけ解散」、党元幹事長中川秀直は勝算のなさを批判して「万歳突撃解散」と当事者でありながら他人事のようにそれぞれ命名している。2009年衆議院解散 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤利明

    遠藤利明から見た加藤紘一加藤紘一

    当選後、自由民主党に復党。自民党復党後は、同じ山形県選出の加藤紘一の側近。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では山形県第1区から出馬し、小選挙区では鹿野道彦に敗れたが、重複立候補していた比例東北ブロックで復活した。2000年の第42回衆議院議員総選挙では山形1区で鹿野に敗れ、比例復活も叶わず落選。同年、第2次森内閣不信任決議案をめぐる「加藤の乱」による加藤派分裂後は谷垣派に所属し、以降は谷垣禎一の側近。2006年自由民主党総裁選挙では谷垣陣営の選挙対策を取り仕切り、安倍晋三、麻生太郎に次ぐ3位に終わったものの予想を上回る議員票66票の獲得に貢献した。安倍内閣では文部科学副大臣に就任し。遠藤利明 フレッシュアイペディアより)

197件中 71 - 80件表示