197件中 81 - 90件表示
  • 山本公一

    山本公一から見た加藤紘一加藤紘一

    2000年の第2次森内閣不信任決議案をめぐる所謂加藤の乱では、加藤派の一員であったため加藤紘一に従い、その後小里派、谷垣派を経て、古賀派に所属。山本公一 フレッシュアイペディアより)

  • 中川泰宏

    中川泰宏から見た加藤紘一加藤紘一

    しかし、最近では自民党内でも小泉と距離がある加藤紘一に接近していると伝えられている。中川泰宏 フレッシュアイペディアより)

  • 田野瀬良太郎

    田野瀬良太郎から見た加藤紘一加藤紘一

    対北朝鮮政策に関しては、安倍晋三らが主張する圧力路線には否定的で、対話路線を支持。2007年1月、山崎拓の電撃訪朝に同行して北朝鮮を訪問した。青山繁晴によれば、訪朝した山崎は北朝鮮政府高官に対し、加藤紘一を首班とする北朝鮮に宥和的なリベラル政権の樹立に言及し、北朝鮮側も強い関心を示したという。田野瀬良太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤精三 (政治家)

    加藤精三 (政治家)から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤 精三(かとう せいぞう、明治33年(1900年)11月20日 - 昭和40年(1965年)5月3日)は、日本の政治家、旧鶴岡市第6代市長、衆議院議員(5期)、致道博物館顧問、栄典は正四位・勲二等・瑞宝章。山形県西田川郡鶴岡町(現・鶴岡市)出身。防衛庁長官・内閣官房長官・自民党幹事長を歴任した加藤紘一の父。加藤精三 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 森田実

    森田実から見た加藤紘一加藤紘一

    現在の森田のスタンスは、経済においては「修正資本主義」に近く、政治・外交においては「平和主義」「反米・対アジア協調」「9条護憲」、とりわけ日中友好論者で台湾独立・靖国神社公式参拝には反対している。政治評論家としては珍しく、政治家・政党の支持・不支持を明確にしており、亀井静香や野中広務、綿貫民輔、鈴木宗男といった、小泉政権時の郵政民営化法案や対米依存政策における自民党内の抵抗勢力、河野洋平、加藤紘一、二階俊博、福田康夫ら親中派の支持者である。とりわけ、綿貫に関しては「日本一品格のある政治家」と、最大限の賛辞を送っている。鈴木についても、かつては激しい批判を加えていたが、現在では評価に転じている。森田が最も評価していた政治家はかつて小沢側近だった熊谷弘で、朝日ニュースターに出演した際には「真の改革者は熊谷さんだけ!」と大絶賛していた。思想的にはリベラル左派である。森田実 フレッシュアイペディアより)

  • 保岡興治

    保岡興治から見た加藤紘一加藤紘一

    東京都に生まれた(中学の途中までは鹿児島市内で育つ)。父は衆議院議員の保岡武久。鹿児島大学教育学部附属中学校から転校して千代田区立麹町中学校、東京都立日比谷高等学校卒業(高校の同期に政治家加藤紘一・黒岩秩子らがいる)。1964年に中央大学法学部を卒業する。1964年10月、24歳で司法試験合格(中大法学部の同窓で司法修習19期同期生に三瀬顕)。1967年に判事補に任官し、鹿児島地方裁判所に裁判官として赴任するが、翌1968年に退官し、父親の選挙を手伝う。選挙後に弁護士登録。保岡興治 フレッシュアイペディアより)

  • 古川禎久

    古川禎久から見た加藤紘一加藤紘一

    2007年6月26日、加藤紘一の新著「強いリベラル」の出版記念会見に後藤田正純と共に出席し、加藤を「本当の保守政治家だ」と称賛した。古川禎久 フレッシュアイペディアより)

  • 戸井田三郎

    戸井田三郎から見た加藤紘一加藤紘一

    1972年の第33回衆議院議員総選挙に清瀬の後継者として自由民主党公認で兵庫4区から立候補し、初当選(当選同期に小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓・石原慎太郎・村岡兼造・保岡興治・瓦力・三塚博・越智通雄・野田毅・深谷隆司など)。当選7回。自民党内では田中角栄→竹下登→小渕恵三派に属す。1977年福田改造内閣において厚生政務次官、1982年第1次中曽根内閣において郵政政務次官、1989年第1次海部内閣において厚生大臣に就任。厚生・福祉の政治家として活動する。1995年、前任の中川秀直の辞任に伴い、村山内閣首相補佐に任じられるが、翌1996年の内閣総辞職に伴って退任する。戸井田三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 議事進行係

    議事進行係から見た加藤紘一加藤紘一

    加藤紘一(1978年12月19日?)議事進行係 フレッシュアイペディアより)

  • 西村幸祐

    西村幸祐から見た加藤紘一加藤紘一

    2009年(平成21年)7月に発売された、小林よしのり編纂の『日本を貶めた10人の売国政治家』(幻冬舎新書)では、加藤紘一を担当・執筆している。西村幸祐 フレッシュアイペディアより)

197件中 81 - 90件表示