前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示
  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た山崎拓

    1999年の自民党総裁選では、自由党、公明党との連立政権を目指す小渕恵三首相に反発し、山崎拓と共に出馬するも、敗北。内閣改造で加藤派、山崎派は冷遇され、党内反主流派に転ずる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た森喜朗

    2000年、第42回衆議院議員総選挙で期間中民主党代表鳩山由紀夫から自民党離党した上での非自民首班指名候補期待されたが本人は一笑に付した。低支持率ながらも政権を維持する森喜朗に反発し、盟友の山崎拓とともに内閣不信任決議案提出時の本会議に欠席、または賛成する意向を示した(加藤の乱)。しかし、かつては盟友であった野中広務や、森派会長の小泉純一郎による派閥の分裂工作により加藤の思惑は失敗に終わり、宏池会が分裂。加藤派は小派閥に転落した。側近中の側近白川勝彦が落選し国政の場に不在だった事も響いた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た鳩山由紀夫

    2000年、第42回衆議院議員総選挙で期間中民主党代表鳩山由紀夫から自民党離党した上での非自民首班指名候補期待されたが本人は一笑に付した。低支持率ながらも政権を維持する森喜朗に反発し、盟友の山崎拓とともに内閣不信任決議案提出時の本会議に欠席、または賛成する意向を示した(加藤の乱)。しかし、かつては盟友であった野中広務や、森派会長の小泉純一郎による派閥の分裂工作により加藤の思惑は失敗に終わり、宏池会が分裂。加藤派は小派閥に転落した。側近中の側近白川勝彦が落選し国政の場に不在だった事も響いた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た野中広務

    党幹事長として臨んだ第41回衆院選では小沢一郎率いる新進党との二大政党対決を勝利に導いた。その後、党幹事長代理の野中広務と新進党議員の引き抜き工作を行い、自民党の衆院における単独過半数復帰を実現した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た小泉純一郎

    2000年、第42回衆議院議員総選挙で期間中民主党代表鳩山由紀夫から自民党離党した上での非自民首班指名候補期待されたが本人は一笑に付した。低支持率ながらも政権を維持する森喜朗に反発し、盟友の山崎拓とともに内閣不信任決議案提出時の本会議に欠席、または賛成する意向を示した(加藤の乱)。しかし、かつては盟友であった野中広務や、森派会長の小泉純一郎による派閥の分裂工作により加藤の思惑は失敗に終わり、宏池会が分裂。加藤派は小派閥に転落した。側近中の側近白川勝彦が落選し国政の場に不在だった事も響いた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た東京大学

    愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。1952年、鶴岡第三中学校に入学。父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選を果たす。その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東大法学部政治学科を卒業。朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。そのため4月に法学部法学科公法コースに内部学士入学する。その後あらためて外務省を受験し直し、合格。1964年、東大法学部公法学科を卒業し外務省に入省した。在職中台湾大学、ハーバード大学に留学する。1967年、香港副領事在職中に結婚。1970年に帰国し、外務省アジア局中国課次席事務官。この間、父・精三が死去。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た枝野幸男

    2007年2月、自民党の山崎拓、民主党の仙谷由人、枝野幸男、公明党の東順治、社民党の辻元清美らと超党派勉強会「ビビンバの会」を立ち上げる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た小林よしのり

    2006年に自宅を放火される事件の前後から、歴史認識問題等における保守派を「小林よしのり系」だと「みのもんたの朝ズバッ!」で発言し、放火事件の背景として小林の名を著書で挙げるなどたびたび攻撃している。加藤が「SAPIO」編集部からの討論打診を拒否したこともあいまって、小林からは「言論テロ」「異常な政治家」などと『新・ゴーマニズム宣言』において批判されている(もっとも、加藤の乱の時から小林は加藤に批判的であった)。その後、2009年に出版された小林編集の「日本を貶めた10人の売国政治家」(本書では、加藤は第9位にランクされている)の製作が縁で、一水会代表木村三浩の仲介によりようやく二人は対談を持ち、小林編集の対談集「希望の国 日本」に収録された。その後も、『WILL』2010年3月号や「ゴーマニズム宣言」において、小林は加藤をパトリオティストだとして、靖国問題などで意見の相違はあるもののその人格自体は評価するに至っている。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た中村喜四郎

    かつて山崎拓と加藤紘一、小泉純一郎の盟友関係は、3人の頭文字からY(山崎)K(加藤)K(小泉) でYKKと称された。竹下派支配に対抗する為に結成された。「加藤の乱」以後も3人の関係は続いたものの、3人の中で最も総理に近いとされた加藤が議員辞職などで力を落としていく一方で、小泉が総理になるなどの有為転変の後、加藤が公然と小泉の政策を批判するようになり、現在では3人の関係は山崎を通してのものとなっているとされる。加藤は橋本政権下で幹事長の要職に就き、ポスト橋本の絶好の位置に存在し、実際に竹下派(当時、小渕派)の中の有力者から総裁に推されることもあったものの、竹下派の影響力を受けた総裁では駄目だとこれを拒否。ポスト橋本の有力候補であり、幹事長時代は竹下派と良好な関係を構築していたが、あくまでも総裁は竹下派の影響を受けない形で就任することを目指すと当時公言していた。一時はN(中村喜四郎)を加え、NYKKとも称されていた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た小沢一郎

    党幹事長として臨んだ第41回衆院選では小沢一郎率いる新進党との二大政党対決を勝利に導いた。その後、党幹事長代理の野中広務と新進党議員の引き抜き工作を行い、自民党の衆院における単独過半数復帰を実現した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示