148件中 91 - 100件表示
  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た所得税法

    2002年、事務所代表による所得税法違反の責任を取って離党、議員辞職して総裁候補としての地位は終了した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た古賀派

    2008年1月16日の谷垣派と古賀派の合流の正式合意に関しては、合流を報告した谷垣に対して「のどに刺さっていたとげが取れた感じだ。非常にほっとしている」と、合流を歓迎したが、自身の派閥への復帰には慎重な姿勢を示している。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た議事進行係

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、法眼晋作外務事務次官の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。同年12月の第33回衆議院議員総選挙に父・精三の後継者として旧山形県第2区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。1978年、当選2回で第1次大平内閣の内閣官房副長官に抜擢される。同年12月、将来有望な若手が任命されるケースの多い衆議院議事進行係を務める。1979年、第35回衆議院議員総選挙で3選を果たし、これを受けて成立した第2次大平内閣でも官房副長官に再任された。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た第18回参議院議員通常選挙

    第18回参院選で自民党は大敗、党幹事長を辞職するも後継総裁として小渕を支持、党内第2派閥の領袖として影響力を維持した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た学士入学

    愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。1952年、鶴岡第三中学校に入学。父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選を果たす。その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東大法学部政治学科を卒業。朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。そのため4月に法学部法学科公法コースに内部学士入学する。その後あらためて外務省を受験し直し、合格。1964年、東大法学部公法学科を卒業し外務省に入省した。在職中台湾大学、ハーバード大学に留学する。1967年、香港副領事在職中に結婚。1970年に帰国し、外務省アジア局中国課次席事務官。この間、父・精三が死去。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見たゴーマニズム宣言

    2006年に自宅を放火される事件の前後から、歴史認識問題等における保守派を「小林よしのり系」だと「みのもんたの朝ズバッ!」で発言し、放火事件の背景として小林の名を著書で挙げるなどたびたび攻撃している。加藤が「SAPIO」編集部からの討論打診を拒否したこともあいまって、小林からは「言論テロ」「異常な政治家」などと『新・ゴーマニズム宣言』において批判されている(もっとも、加藤の乱の時から小林は加藤に批判的であった)。その後、2009年に出版された小林編集の「日本を貶めた10人の売国政治家」(本書では、加藤は第9位にランクされている)の製作が縁で、一水会代表木村三浩の仲介によりようやく二人は対談を持ち、小林編集の対談集「希望の国 日本」に収録された。その後も、『WILL』2010年3月号や「ゴーマニズム宣言」において、小林は加藤をパトリオティストだとして、靖国問題などで意見の相違はあるもののその人格自体は評価するに至っている。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た福田康夫内閣

    2006年夏にTVに出演した際、総裁選出馬への意欲を聞かれ、「今回『は』そういうことはしない」と発言した。同年9月に誕生した安倍政権とも距離をとり続けてきたが、翌2007年7月の参院選敗北を期に批判を強めた。古賀誠、山崎拓と共に「新YKK」として会合を重ね、テロ特措法の期限切れを目途に倒閣に動き、麻生太郎以外の総裁候補を擁立するという計画が立てられていたとされるが、突然の安倍辞任により、続く党総裁選で新YKKはそのまま福田康夫支持になだれこんだ。福田康夫内閣の政治姿勢には支持を表明している。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、全国的に自民党に猛烈な逆風が吹き荒れたが、13回目の当選を果たす。総選挙後、衆議院予算委員会理事に就任した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た海上自衛隊

    2013年2月、中国海軍による海上自衛隊護衛艦に対するレーザー照射問題において、加藤は「ほんとに中国はやったのかな…?」などと発言。中国海軍のレーザー照射を裏付ける映像や写真などの証拠があるとの政府の主張に異議を唱えた。加藤は2012年の総選挙で落選しており、国政の要職にも就いていないため、この発言は自身の憶測に基づいたものと思われる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た新進党

    党幹事長として臨んだ第41回衆院選では小沢一郎率いる新進党との二大政党対決を勝利に導いた。その後、党幹事長代理の野中広務と新進党議員の引き抜き工作を行い、自民党の衆院における単独過半数復帰を実現した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

148件中 91 - 100件表示