148件中 51 - 60件表示
  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た法眼晋作

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、法眼晋作外務事務次官の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。同年12月の第33回衆議院議員総選挙に父・精三の後継者として旧山形県第2区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。1978年、当選2回で第1次大平内閣の内閣官房副長官に抜擢される。同年12月、将来有望な若手が任命されるケースの多い衆議院議事進行係を務める。1979年、第35回衆議院議員総選挙で3選を果たし、これを受けて成立した第2次大平内閣でも官房副長官に再任された。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た黒岩秩子

    愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。1952年、鶴岡第三中学校に入学。父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選を果たす。その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東大法学部政治学科を卒業。朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。そのため4月に法学部法学科公法コースに内部学士入学する。その後あらためて外務省を受験し直し、合格。1964年、東大法学部公法学科を卒業し外務省に入省した。在職中台湾大学、ハーバード大学に留学する。1967年、香港副領事在職中に結婚。1970年に帰国し、外務省アジア局中国課次席事務官。この間、父・精三が死去。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た大平正芳

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、法眼晋作外務事務次官の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。同年12月の第33回衆議院議員総選挙に父・精三の後継者として旧山形県第2区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。1978年、当選2回で第1次大平内閣の内閣官房副長官に抜擢される。同年12月、将来有望な若手が任命されるケースの多い衆議院議事進行係を務める。1979年、第35回衆議院議員総選挙で3選を果たし、これを受けて成立した第2次大平内閣でも官房副長官に再任された。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た阿部寿一

    2012年12月の総選挙において、従来通り山形県第3区で自民党の公認を得るが、これに県連が反発。独自に前酒田市長の阿部寿一を無所属で擁立し分裂選挙となる。加藤は当時健康不安説が囁かれており、選挙活動中も言語および歩行障害がみられるなど、満足な支援は得られなかった。党の規定のため比例重複立候補が認められず、阿部に敗れ落選した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た山尾三省

    愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。1952年、鶴岡第三中学校に入学。父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選を果たす。その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東大法学部政治学科を卒業。朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。そのため4月に法学部法学科公法コースに内部学士入学する。その後あらためて外務省を受験し直し、合格。1964年、東大法学部公法学科を卒業し外務省に入省した。在職中台湾大学、ハーバード大学に留学する。1967年、香港副領事在職中に結婚。1970年に帰国し、外務省アジア局中国課次席事務官。この間、父・精三が死去。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た衆議院議員総選挙

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、法眼晋作外務事務次官の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。同年12月の第33回衆議院議員総選挙に父・精三の後継者として旧山形県第2区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。1978年、当選2回で第1次大平内閣の内閣官房副長官に抜擢される。同年12月、将来有望な若手が任命されるケースの多い衆議院議事進行係を務める。1979年、第35回衆議院議員総選挙で3選を果たし、これを受けて成立した第2次大平内閣でも官房副長官に再任された。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た南京事件 (1937年)

    また、南京事件について「物の見方だと思います。南京大虐殺も(犠牲者は)30万人という人と3000人という人と。僕はこう思う。3000人でも一般市民を虐殺したら、された方は虐殺と思う。(慰安婦問題も)それに近いんじゃないか。だからそこをあんまりとやかく、細かく論じたくありませんね」と語ったとされる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た政治家

    加藤 紘一(かとう こういち、1939年6月17日 ‐ )は、日本の政治家。自由民主党所属の元衆議院議員(13期)。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た外務省

    外務省出身。中国語語学研修組でありチャイナ・スクールの系譜にあると言われる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た日本共産党

    2006年1月、堀江貴文が逮捕されると、第44回衆議院議員総選挙で事実上、堀江を支援した執行部に対して、「カネですべてが片付くという人物を応援したのはいかがか。判断は誤っていたと率直に認めたほうがいいのではないか」と非難したが、加藤が政治資金疑惑で議員辞職した過去を蒸し返され「(加藤)先生は一番、政治とカネの問題では苦労したんじゃないですか」と反論された。また、2006年8月15日、右翼団体の男による加藤紘一宅放火事件が発生すると、稲田朋美議員は保守派のシンポジウムにおいて「先生の家が丸焼けになった」と軽い口調で話題に出し、約350人の会場の爆笑を誘った。一方、日本共産党や社会民主党の議員らは加藤の発言に同調を示したため、加藤は自民党を越えたリベラル派との連携を意識し始める。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

148件中 51 - 60件表示