226件中 61 - 70件表示
  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た黒岩秩子

    その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た大平正芳

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、外務事務次官・法眼晋作の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た阿部寿一

    2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に際しては、自民党執行部と同党山形県連が加藤を継続公認したことに対し、山形県選挙区選出の同党参議院議員である岸宏一が反発、前酒田市長の阿部寿一を擁立したため、自民党系候補者同士による分裂選挙となった。反自民党勢力をも糾合した阿部に対し、選挙活動中も言語および歩行障害がみられた加藤は十分な支持を得られず接戦の末に敗れた。さらに、同党の比例代表では73歳以上の立候補は原則認められないため、比例東北ブロックとの重複立候補をしておらず、議席を失った。なお、東北ブロックの小選挙区から立候補した自民党候補者の中では加藤以外全員が小選挙区ないし比例代表で当選しており、加藤は東北地方で唯一落選した、自民党選挙区候補者となった。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た坂本義和

    東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東京大学法学部第3類(政治コース)を卒業。朝日新聞社の入社試験には合格したが、外務省の外交官試験は不合格であった。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た許宗萬

    ハンギョレ新聞によると、北朝鮮を支持の在日コリアン団体朝鮮総連の外交部門を担う国際局出身で後に総連のトップになる許宗萬とは社会党の田辺誠、自民党の野中広務、山崎拓、金丸信と共に日本の政治家の中で特に親しかった。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た渡辺伸

    東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東京大学法学部第3類(政治コース)を卒業。朝日新聞社の入社試験には合格したが、外務省の外交官試験は不合格であった。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た唐家セン

    落選後も政治活動を続け、2013年1月には日中友好協会会長及び同会訪中団団長として元首相の村山富市(日中友好協会名誉顧問・同協会訪中団名誉団長)や元防衛庁長官(自民党衆議院議員)の中谷元らと伴に、中華人民共和国を訪問。中日友好協会会長(元国務委員)の唐家と会談した。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た利根川進

    その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た灘尾弘吉

    灘尾弘吉(加藤の父・精三と灘尾は当選同期である)加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た東順治

    2007年2月、自民党の山崎拓、民主党の仙谷由人、枝野幸男、公明党の東順治、社民党の辻元清美らと超党派勉強会「ビビンバの会」を立ち上げる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

226件中 61 - 70件表示

「加藤紘一」のニューストピックワード