148件中 61 - 70件表示
  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た弁護士

    祖父・幹雄も東大法学部卒の弁護士、精三の4男・次郎は中大法学部卒の弁護士。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た名古屋市

    愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。1952年、鶴岡第三中学校に入学。父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選を果たす。その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東大法学部政治学科を卒業。朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。そのため4月に法学部法学科公法コースに内部学士入学する。その後あらためて外務省を受験し直し、合格。1964年、東大法学部公法学科を卒業し外務省に入省した。在職中台湾大学、ハーバード大学に留学する。1967年、香港副領事在職中に結婚。1970年に帰国し、外務省アジア局中国課次席事務官。この間、父・精三が死去。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た盧溝橋事件

    1994年8月、当時自民党政調会長だった加藤は中国人民抗日戦争記念館を訪れ「ここに来るのは長年の願望だった」「来年は終戦から50年。日本では、どう50年を迎えれば良いか議論しており、日中戦争が本格的に始まるきっかけとなった盧溝橋を訪れることができたことは意義深い」とした。また、外務官僚時代にハーバード大学に留学した際に「蘆溝橋事件が起きるまでの一年」と題した論文で修士号を取得したことを述べ、「亜州歴史的真実只有一個(アジアの歴史の真実はただ一つ)」と記して抗日記念館の館長に献じた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た官僚

    1994年8月、当時自民党政調会長だった加藤は中国人民抗日戦争記念館を訪れ「ここに来るのは長年の願望だった」「来年は終戦から50年。日本では、どう50年を迎えれば良いか議論しており、日中戦争が本格的に始まるきっかけとなった盧溝橋を訪れることができたことは意義深い」とした。また、外務官僚時代にハーバード大学に留学した際に「蘆溝橋事件が起きるまでの一年」と題した論文で修士号を取得したことを述べ、「亜州歴史的真実只有一個(アジアの歴史の真実はただ一つ)」と記して抗日記念館の館長に献じた。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見たハーバード大学

    愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。1952年、鶴岡第三中学校に入学。父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選を果たす。その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。1958年、日比谷高校卒業。東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。翌1959年、東京大学文科一類に合格する。日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。ゼミの指導教官は坂本義和。1963年、東大法学部政治学科を卒業。朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。そのため4月に法学部法学科公法コースに内部学士入学する。その後あらためて外務省を受験し直し、合格。1964年、東大法学部公法学科を卒業し外務省に入省した。在職中台湾大学、ハーバード大学に留学する。1967年、香港副領事在職中に結婚。1970年に帰国し、外務省アジア局中国課次席事務官。この間、父・精三が死去。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た中央大学

    祖父・幹雄も東大法学部卒の弁護士、精三の4男・次郎は中大法学部卒の弁護士。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た事務次官

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、法眼晋作外務事務次官の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。同年12月の第33回衆議院議員総選挙に父・精三の後継者として旧山形県第2区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。1978年、当選2回で第1次大平内閣の内閣官房副長官に抜擢される。同年12月、将来有望な若手が任命されるケースの多い衆議院議事進行係を務める。1979年、第35回衆議院議員総選挙で3選を果たし、これを受けて成立した第2次大平内閣でも官房副長官に再任された。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た内閣官房副長官

    1971年5月、次期衆議院議員総選挙への出馬を表明し、同年12月をもって外務省を退官。翌1972年2月、法眼晋作外務事務次官の仲介で大平正芳に会い、大平派に加わる(加藤の父・精三と大平は1952年の総選挙当選同期である)。同年12月の第33回衆議院議員総選挙に父・精三の後継者として旧山形県第2区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした。1978年、当選2回で第1次大平内閣の内閣官房副長官に抜擢される。同年12月、将来有望な若手が任命されるケースの多い衆議院議事進行係を務める。1979年、第35回衆議院議員総選挙で3選を果たし、これを受けて成立した第2次大平内閣でも官房副長官に再任された。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓制度導入には賛同する。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た中央省庁再編

    党幹事長時代の1996年、前年の東京協和・安全二信組の乱脈経営に絡んだ大蔵官僚への接待問題や大和銀行NY支店の不祥事に引き続いて、住専国会の最中にあり、旧大蔵省がバッシングの的となっていたが、同年2月4日、『JNN報道特集』の番組中「金融と証券はできるだけ自由化して、大蔵省銀行局・国際金融局・証券局を金融庁として分離させ、日銀と一緒に大阪へ持っていく」事を話した。この発言を受けて、翌日の新聞各紙が“大蔵省の権限分散を強調”と大きく取り上げた。これをもって田原総一朗は、一連の大蔵省改革の始まりだったことを述べている。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

148件中 61 - 70件表示