加藤良三 ニュース&Wiki etc.

加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「加藤良三」のつながり調べ

  • 坂井遼太郎

    坂井遼太郎から見た加藤良三

    2010年8月に初めて一軍戦のジャッジを務めたが、一軍試合3戦目となる同年8月15日の阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ第17回戦(京セラドーム大阪)の2回裏、阪神・金本知憲が放った打球はドーム天井の「スーパーリング」に当たり、フェアグラウンドに落下した。一塁塁審を務めた坂井はこれを「ファウル」と判定したが、京セラドームでの「グラウンドルール」では「インプレー」とされていた。審判団が協議した結果ジャッジどおり「ファウル」としたが、その後金本はその打席で本塁打を放っている。このジャッジに対し日本プロ野球機構の加藤良三コミッショナーは翌16日、坂井に「厳重戒告」と「当該試合出場手当(24,000円)の50%減額」を課した。またこの試合の他の審判員(嶋田哲也、谷博、友寄正人)については「グラウンドルールの確認を怠った」として注意処分とした。さらに監督責任を問われる形で井野修審判部長、前川芳男審判部特命顧問も注意処分を受ける異例の事態となった。(坂井遼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ボール (野球)

    ボール (野球)から見た加藤良三

    加藤良三コミッショナーは混乱を招いたことについて謝罪する一方で、加藤の了承の上で変更が行われたという下田事務局長の主張について「昨日まで全く知りませんでした。」と否定し、責任を追及する記者に対しては「不祥事を起こしたとは思っていません」と答えた。しかし、実際には統一球検査の報告を随時受けていたことが取材で発覚しており、これにより加藤コミッショナーが辞任に追い込まれる事態にまで発展した。(ボール (野球) フレッシュアイペディアより)

「加藤良三」のニューストピックワード