前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た加藤良三加藤良三

    4月9日 - 日本プロ野球の次期コミッショナーに現駐米大使の加藤良三が就任することが明らかになった。5月のプロ野球実行委員会で正式決定する見通し。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 清武の乱

    清武の乱から見た加藤良三加藤良三

    13日、原監督が江川の入閣案を、渡邉会長との会談において多数出た案の一つとして認める発言をしている。14日には清武球団代表が球団業務を再開し、15日には桃井オーナーが宮崎の巨人キャンプを訪れ、岡崎に翌季のヘッドコーチ留任を伝え「特に迷惑をかけた」と陳謝している。 同日、桃井オーナーは加藤良三プロ野球コミッショナーにも日本シリーズの直前に騒動になったことを陳謝している。桃井オーナーは清武球団代表については「当分GM業務をやってもらう、ただ心配もある。取締役会もあるしどういう措置になるか」とコメントしている。清武の乱 フレッシュアイペディアより)

  • ホッケー男子日本代表

    ホッケー男子日本代表から見た加藤良三加藤良三

    2008年4月5日?13日の北京オリンピック最終予選に向けて全国から一般公募し、2008年3月に「さむらいJAPAN」を発表、同時に商標登録出願をした。一方で、同年11月12日にワールド・ベースボール・クラシックに向けた野球日本代表の愛称として、日本野球機構が「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」を発表した。日本ホッケー協会の永井東一広報委員長は「露出の差を考えれば、こちらがマネしたと思われる」「WBC日本代表より前に“さむらい”を名乗っていた。元祖は私たちなのでパクったのではない」と主張、野球機構など関係団体に抗議文を提出した。これに対し、野球側は「商標類似」などルール上の問題はないとし「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」を取り下げることはしなかったことで、日本ホッケー協会理事からは「オレたちの方が早かったのだから金を取れ」という意見も出た。これについて、日本野球機構コミッショナーの加藤良三は「双方の代表が親しまれ、さらに活躍できるように協力、応援をお願いしたい」と配慮するコメントを残したが、WBCで日本代表の活躍を見た日本ホッケー協会の永井東一広報委員長は「“侍ジャパン”の名前がこうして表に出ていることに関しては、複雑な思いもありますね」とも語った。ホッケー男子日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 由利町

    由利町から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三(プロ野球コミッショナー)由利町 フレッシュアイペディアより)

  • U-26 NPB選抜 対 大学日本代表

    U-26 NPB選抜 対 大学日本代表から見た加藤良三加藤良三

    8月31日 - U-26 NPB選抜の監督である高田繁と、日本大学代表である榎本保、NPBコミッショナーの加藤良三、全日本大学野球連盟会長の八田英二が記者会見を行い大会開催を発表し、抱負を述べた。また、選抜候補選手を代表して坂本勇人(巨人)と斎藤佑樹(早稲田大学)も候補選手を代表してコメントを述べた。U-26 NPB選抜 対 大学日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の阪神タイガース

    2012年の阪神タイガースから見た加藤良三加藤良三

    4月12日 - コミッショナー・加藤良三は11日の「広島対阪神」2回戦で挑発行為により退場処分となったクレイグ・ブラゼルに対し厳重注意、制裁金10万円の処分を科した。2012年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 朝河貫一

    朝河貫一から見た加藤良三加藤良三

    朝河の数々の業績を讃え、2007年(平成19年)10月にはイェール大学講師就任100年を記念し、セイブルック・カレッジ構内に「朝河貫一庭園」が造られた。この庭園は2000年(平成12年)にニューヨークの国連本部にある「平和の鐘」公園を造ったアベ・シンイチロウによってデザインされた。また、ダートマス大学には朝河貫一の業績を記したプラークが朝河貫一博士顕彰協会より贈られた。これに先立ち、2007年(平成19年)9月には、外交官時代にイェール大に学び、自称「弟子」を自認する加藤良三駐米大使(当時)を招いたシンポジウムを福島県郡山市の安積歴史博物館で開催、500人を超す福島県民、安積高校生等に真の国際人・朝河について講演した。朝河貫一 フレッシュアイペディアより)

  • 外務審議官

    外務審議官から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三(1999年?2001年)外務審議官 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純一 (野球)

    佐藤純一 (野球)から見た加藤良三加藤良三

    2009年8月12日にKスタ宮城で行われた楽天対ソフトバンク戦の初回、2死満塁から多村仁の遊ゴロで一塁走者の小久保裕紀が二塁へ滑り込んだプレーをアウトと判定。監督の秋山幸二は制限時間の5分間抗議したが判定は覆らなかった。なお当時楽天監督だった野村は「あれはだれが見てもセーフだ」と発言した。ソフトバンクは13日、この判定を不服として日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーへ意見書を郵送とファクスで提出した。佐藤純一 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 坂井遼太郎

    坂井遼太郎から見た加藤良三加藤良三

    2010年8月に初めて一軍戦のジャッジを務めたが、一軍試合3戦目となる同年8月15日の阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ第17回戦(京セラドーム大阪)の2回裏、阪神・金本知憲が放った打球はドーム天井の「スーパーリング」に当たり、フェアグラウンドに落下した。一塁塁審を務めた坂井はこれを「ファウル」と判定したが、京セラドームでの「グラウンドルール」では「インプレー」とされていた。審判団が協議した結果ジャッジどおり「ファウル」としたが、その後金本はその打席で本塁打を放っている。このジャッジに対し日本プロ野球機構の加藤良三コミッショナーは翌16日、坂井に「厳重戒告」と「当該試合出場手当(24,000円)の50%減額」を課した。またこの試合の他の審判員(嶋田哲也、谷博、友寄正人)については「グラウンドルールの確認を怠った」として注意処分とした。さらに監督責任を問われる形で井野修審判部長、前川芳男審判部特命顧問も注意処分を受ける異例の事態となった。坂井遼太郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「加藤良三」のニューストピックワード