31件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国下院121号決議

    アメリカ合衆国下院121号決議から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三駐米大使は、決議の採択は「日米関係にとって有害」「正確な事実の説明は手広く行ってきたし、引き続き努力する」と述べ、米議会に対し、日本政府のこれまでの謝罪の経緯を説明することを継続する考えを示した。また加藤は決議案の委員会採決直前に、米下院の有力者に決議案全面撤回を求める書簡を送っており、その文書で「仮に決議案が可決された場合、日本政府はイラク復興や対テロ戦争でのアメリカへの支援の見直しなども含めた対策を取らざるを得ないだろう。日米の友好関係に長期にわたって悪影響を与える」と主張し、決議案の全面撤回を求めた。また日本の主要紙は社説などで「事実誤認」「おろかな選択」「有害である」などと批判を展開したが、『朝日新聞』社説のみ「日本は謝罪すべき」と述べた。アメリカ合衆国下院121号決議 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤純一 (野球)

    佐藤純一 (野球)から見た加藤良三加藤良三

    また、2001年9月26日大阪ドームでの近鉄対オリックス戦(北川博敏が大久保勝信から代打逆転満塁サヨナラリーグ優勝決定弾を放った試合)では球審を務めていた。2009年8月12日にKスタ宮城で行われた楽天―ソフトバンク戦の初回、2死満塁から多村仁の遊ゴロで一塁走者の小久保裕紀が二塁へ滑り込んだプレーをアウトと判定。秋山監督は制限時間の5分間抗議したが判定は覆らなかった。なお楽天野村克也監督(当時)は「あれはだれが見てもセーフだ」と発言した。ソフトバンクは13日、この判定を不服として日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーへ意見書を郵送とファクスで提出した。佐藤純一 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚富司

    飯塚富司から見た加藤良三加藤良三

    2009年8月30日の日本ハム対ソフトバンク第20回戦(札幌ドーム)で球審を務めた飯塚は、打者走者二岡智宏と捕手田上秀則が接触したプレーを二岡の守備妨害と判定し、抗議した日本ハム・梨田昌孝監督を遅延行為で退場処分とした。この件に関して日本ハムは翌31日、守備妨害には抵触せず審判団のルール適用は誤りであるとして加藤良三コミッショナーへ提訴したが、「規則の適用に誤りはなかった」として却下された。一方で審判部が講習会を開催したことも明らかにされた。飯塚富司 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井遼太郎

    坂井遼太郎から見た加藤良三加藤良三

    2010年8月に初めて一軍戦のジャッジを務めたが、一軍試合3戦目となる同年8月15日の阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ第17回戦(京セラドーム大阪)の2回裏、阪神・金本知憲が放った打球はドーム天井の「スーパーリング」に当たり、フェアグラウンドに落下した。一塁塁審を務めた坂井はこれを「ファウル」と判定したが、京セラドームでの「グラウンドルール」では「インプレー」とされていた。審判団が協議した結果ジャッジどおり「ファウル」としたが、その後金本はその打席で本塁打を放っている。このジャッジに対し日本プロ野球機構の加藤良三コミッショナーは翌16日、坂井に「厳重戒告」と「当該試合出場手当(24,000円)の50%減額」を課した。またこの試合の他の審判員(嶋田哲也、谷博、友寄正人)については「グラウンドルールの確認を怠った」として注意処分とした。さらに監督責任を問われる形で井野修審判部長、前川芳男審判部特命顧問も注意処分を受ける異例の事態となった。坂井遼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た加藤良三加藤良三

    7月20日の福岡ソフトバンクホークス戦で、見逃し三振の判定に対して福家英登球審に暴言を吐き、来日初の退場処分を受けた(リンデンは後日、このことに対し、判定に不服があったので抗議をしただけと語っている)。この件で、日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーは厳重注意と制裁金5万円を科した。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • 野上義二

    野上義二から見た加藤良三加藤良三

    同期には、内藤昌平(駐ベルギー大使、儀典長)、沼田貞昭(駐カナダ大使、外務報道官)、浦部和好(駐エジプト大使、内閣官房副長官補、外務大臣官房長、欧亜局長)、孫崎享(駐イラン大使、国際情報局長)、斎藤正樹(駐ニュージーランド大使、領事移住部長)、大塚清一郎(駐スウェーデン大使、文化交流部長)など。一期上には加藤良三(駐米大使、外務審議官)、折田正樹(駐英大使、北米局長、条約局長)ら。野上義二 フレッシュアイペディアより)

  • 小池百合子

    小池百合子から見た加藤良三加藤良三

    2007年(平成19年)8月、米下院慰安婦決議問題で内閣総理大臣安倍晋三、外務大臣麻生太郎、駐米大使加藤良三が日米関係に与えていたマイナス・イメージを払拭すべく、第167回国会を欠席してまでアメリカを電撃訪問し、国防長官ロバート・ゲーツや副大統領ディック・チェイニーと会談、野党がテロ対策特別措置法の延長に反対している状況を説明した上で、「これからも引き続き、役割を果たしていきたい」と、インド洋での自衛隊の給油活動を継続する方針を伝えた。国務長官コンドリーザ・ライスとの会談では「私は『日本のライス』と呼ばれているようですが、日本でライスは米(こめ)になります。よって、マダム・スシと呼んでみてはいかがでしょうか」などと英語でジョークを飛ばした。小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 高山久 (野球)

    高山久 (野球)から見た加藤良三加藤良三

    は新外国人のクリス・カーターなどの故障により、開幕を1軍で迎え、7番・ライトで開幕スタメンだったものの、その後6試合で、18打数3安打、打率.167という不振により、4月9日に鬼崎裕司とともに、出場登録抹消となった。4月18日、イースタン・リーグ対巨人戦で村山太朗審判員に暴言を吐いたとして退場処分を受け、翌19日に加藤良三コミッショナーから厳重注意、制裁金5万円の処分を受けている。7月13日に一軍登録されると、8月28日の対日本ハム戦では、代打の代打で石井裕也から2年ぶりの本塁打となる3ランホームランを放った。高山久 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 全日本野球会議

    全日本野球会議から見た加藤良三加藤良三

    2010年4月13日、日本オリンピック委員会(JOC)市原則之専務理事と野球日本代表監督経験者である松永怜一名誉委員は、日本野球機構の加藤良三コミッショナーと会談を行い、プロアマ全体をまとめる統括団体の創設を提案した。加藤コミッショナーは、全日本野球会議の活性化で将来の創設につなげる考えを示した。全日本野球会議 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た加藤良三加藤良三

    第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表首脳陣お披露目会見を開き、巨人・原辰徳監督の代表監督就任が正式に発表された。またコーチ陣は、山田久志投手コーチ(元中日監督)、伊東勤総合コーチ(前西武監督)、高代延博内野守備走塁コーチ(前中日コーチ)、与田剛投手コーチ(元中日など)、さらに巨人から篠塚和典打撃コーチと緒方耕一外野守備走塁コーチの6名体制となる。また、同席した日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーから、2009年のWBC日本代表の名称は「サムライジャパン」となることが発表された。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「加藤良三」のニューストピックワード