37件中 21 - 30件表示
  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た加藤良三加藤良三

    9月1日のプロ野球実行委員会で監督人選問題が議論され、コミッショナーの加藤良三を中心に人選を進めることでまとまる。加藤は監督人事や選手選考の体制などについて協議するためのWBC体制検討会議を招集した。検討会議のメンバーは次の通り(肩書きはいずれも当時のもの)。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た加藤良三加藤良三

    7月20日の福岡ソフトバンクホークス戦で、見逃し三振の判定に対して福家英登球審に暴言を吐き、来日初の退場処分を受けた(リンデンは後日、このことに対し、判定に不服があったので抗議をしただけと語っている)。この件で、日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーは厳重注意と制裁金5万円を科した。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • 在アメリカ合衆国日本大使

    在アメリカ合衆国日本大使から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三、2001年 - 2008年在アメリカ合衆国日本大使 フレッシュアイペディアより)

  • ボール (野球)

    ボール (野球)から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三コミッショナーは混乱を招いたことについて謝罪する一方で、加藤の了承の上で変更が行われたという下田事務局長の主張について「昨日まで全く知りませんでした。」と否定し、責任を追及する記者に対しては「不祥事を起こしたとは思っていません」と答えた。しかし、実際には統一球検査の報告を随時受けていたことが取材で発覚しており、これにより加藤コミッショナーが辞任に追い込まれる事態にまで発展した。ボール (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件から見た加藤良三加藤良三

    2000年4月の派遣についての幹部決済者は川島裕外務事務次官、加藤良三外務審議官、卜部敏直大臣官房会計課長、東郷和彦欧亜局長、小寺次郎欧亜局ロシア課長、倉井高志欧亜局ロシア課ロシア支援室長、星山隆欧亜局ロシア課ロシア交流室長、宇山秀樹欧亜局ロシア課ロシア支援室首席事務官、香川剛廣中近東アフリカ局中近東第一課長であった。鈴木宗男事件 フレッシュアイペディアより)

  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た加藤良三加藤良三

    6月26日の対中日ドラゴンズ戦では3回裏に中村恭平のゴロの判定を巡って、審判たちへの暴力行為で退場処分を受けた。翌日、加藤良三コミッショナーより2試合の出場停止処分を受ける。代理監督は高が務めた。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城球場

    宮城球場から見た加藤良三加藤良三

    このような楽天側の姿勢について、NPBの加藤良三コミッショナー(当時)は、12月28日の総括会見で「プロ球団がどういうサイズの球場を持つかは非常に大事。楽天(当球場)と横浜(収容人数が3万人以上ながらセ・リーグ球団の専用球場では最少の横浜スタジアム)で日本シリーズをやったら、どれだけ観客が入るのか。日本シリーズをやる球場(の収容人数)は3万席が最低(必要)だと思う」という見解を披露。楽天側が計画していた入場料の値上げについても、「客席が少ないと座席料を高くするしかないが、今の経済状況で料金を上げるのは難しい」と否定した。これに対して、楽天の島田オーナーは、12月29日の総括会見で「(レギュラーシーズン中の観衆が)常に満員となれば増やす価値はあるが、慎重に考えないといけない。日本シリーズのためだけに増やすのは経営判断として違う」と反論。増席に慎重な姿勢を改めて示した。宮城球場 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立野球場

    秋田県立野球場から見た加藤良三加藤良三

    2011年8月30日、秋田県と秋田市が連名で、「2014年のプロ野球オールスターゲームを当球場に誘致したい」との要望書を、日本野球機構(NPB)の事務局長に対して提出した。9月9日には、佐竹敬久秋田県知事が「秋田県で開催される国民文化祭に合わせての開催を要望する」と表明した。これに対し、日本野球機構(NPB)は「地方開催を行うかどうかも決まっていない」と答えたという。その後、同年10月25日、石井浩郎参議院議員と佐竹秋田県知事、穂積志秋田市長が日本野球機構(NPB)を訪問し、加藤良三コミッショナーにオールスター開催の要望書を提出した。石井参院議員は「秋田ではまだ一度もオールスターが開催されていない。子どもたちの一生の思い出になるよう優先的に開催してほしい」とコメントしている。秋田県立野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 野球日本代表

    野球日本代表から見た加藤良三加藤良三

    2009年のワールド・ベースボール・クラシックでの日本代表の愛称は「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」であった。しかし2008年3月にホッケー日本代表が発表し商標登録していた愛称の「さむらいJAPAN」に酷似しており、日本ホッケー協会広報委員長の永井東一は「WBC日本代表より前に“さむらい”を名乗っていた。元祖は私たちなのでパクったのではない」「露出の差を考えれば、こちらがマネしたと思われる」と主張し、日本野球機構(NPB)など関係団体に抗議文を提出した。これに対し、NPB側は「商標類似」など、ルール上の問題はないとし「SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)」の取り下げをしなかったことで、日本ホッケー協会理事からは「オレたちの方が早かったのだから金を取れ」という意見も出た。これについて、当時のNPBコミッショナーの加藤良三は「双方の代表が親しまれ、さらに活躍できるように協力、応援をお願いしたい」と配慮するコメントを残したが、WBCで日本代表の活躍を見た永井は「“侍ジャパン”の名前がこうして表に出ていることに関しては、複雑な思いもありますね」とも語った。「サムライジャパン」は電通が商標登録している。野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 若松勉

    若松勉から見た加藤良三加藤良三

    2006年より、フジテレビジョン(2008年まで)・北海道文化放送・ニッポン放送解説者・サンケイスポーツ評論家に就任。2009年1月13日、野球殿堂表彰者選考に於いて競技者部門のプレーヤー表彰で選出され、野球殿堂入りを果たした。同年7月12日神宮球場で行なわれたヤクルト対横浜戦は皇太子徳仁親王一家が観戦した台覧試合となり、ヤクルトOBの若松が解説役を務めた。12月3日には若松の野球殿堂入りを祝うパーティーが行われ、加藤良三コミッショナー、王貞治、長嶋茂雄、金田正一、中西太、古田敦也、岩村明憲、五十嵐亮太、青木宣親ら約1,100人が出席した。若松勉 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「加藤良三」のニューストピックワード