1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 笹川平和財団

    笹川平和財団から見た加藤良三加藤良三

    2013年に戦略国際問題研究所(CSIS)と共同で、日米の著名な政策立案者と研究者から成る「日米安全保障研究会」を設置した。日本からは会長の羽生次郎、参与の山口昇のほか、折木良一前統合幕僚長、加藤良三元在米特命全権大使、田波耕治元大蔵事務次官らが参画している。笹川平和財団 フレッシュアイペディアより)

  • 与那嶺要

    与那嶺要から見た加藤良三加藤良三

    アメリカ仕込みのスライディング、タックルなどの激しいプレースタイルは、当時「スカートをはいたお嬢様野球」と揶揄された日本プロ野球に新風を吹き込んだ。「スライディングの際、足の甲で相手野手のグラブを叩いてボールをこぼれさせることでセーフになる」という走塁技術や、現在では当たり前に行われている打者の一塁ベースランニングの常識(コーナー内側を足で蹴り、90度の角度にすばやくスライドする)を日本プロ野球界に普及させた選手でもあった。また、犠打ではなく進塁を目的としたドラッグバントや、フライ球へのダイビングキャッチなどの新しい戦術は、与那嶺によってもたらされたと言われる。日本プロ野球界の走塁の意識を変えた外国人選手として、与那嶺はダリル・スペンサーと共に名前がよく挙がる選手であり、加藤良三は「日本の野球に革命をもたらしました。戦闘的スライディングはその一例で、芸術的な打撃はいまもまぶたに残っています」と語っている。与那嶺要 フレッシュアイペディアより)

  • 由利本荘市

    由利本荘市から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三(元プロ野球コミッショナー)由利本荘市 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表

    2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表から見た加藤良三加藤良三

    オリンピック終了後、WBCの監督問題について報道が多くなる。監督を変えなくていいという声もあがった一方、中日ドラゴンズ社長の西川順之助は星野の監督としての資質を疑問視する発言をした。NPBでは、加藤良三コミッショナーがWBC体制検討会議を招集して監督問題などを検討したが、星野の就任を規定路線化するものであったと報道された。また、イチローらが監督選考に対して発言。イチローの発言については多くのファンが支持した。ファンの世論に押された格好で、星野はWBCの日本代表監督就任を断念することとなった。2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市営奥武山野球場

    那覇市営奥武山野球場から見た加藤良三加藤良三

    また前述の横浜対ヤクルト戦が開催された6月29日、那覇市の翁長雄志市長(当時、現・沖縄県知事)は、早ければ2014年以降にもオールスターゲームを開催したい意向を表明した。2009年末にはNPBの加藤良三コミッショナー(当時)に対し要望を済ませており、引き続き開催要請を進める方針である。那覇市営奥武山野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 外務省

    外務省から見た加藤良三加藤良三

    加藤良三 - 外務審議官、駐米大使。退官後日本野球機構コミッショナー。外務省 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚富司

    飯塚富司から見た加藤良三加藤良三

    2009年8月30日の日本ハム対ソフトバンク第20回戦(札幌ドーム)で球審を務めた飯塚は、打者走者二岡智宏と捕手田上秀則が接触したプレーを二岡の守備妨害と判定し、抗議した日本ハム・梨田昌孝監督を遅延行為で退場処分とした。この件に関して日本ハムは翌31日、守備妨害には抵触せず審判団のルール適用は誤りであるとして加藤良三コミッショナーへ提訴したが、「規則の適用に誤りはなかった」として却下された。一方で審判部が講習会を開催したことも明らかにされた。飯塚富司 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「加藤良三」のニューストピックワード