前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 加藤良三

    加藤良三から見た王貞治

    外交官になる以前からの野球好きで、公邸にはサインボールなどのコレクションを100点以上展示していた。駐米大使時代はブッシュ大統領に堂々と「野球のファンだ」と言い切り、2002年にソフトバンクの王貞治監督とコリン・パウエル国務長官との会談の席を設けるなど野球外交を展開していた。WBCや大リーグで始球式を務め、日米のホームラン王であるハンク・アーロンと王監督を日本大使公邸に招いてパーティーを開くなど、国内外の野球界に広く通じていた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たコリン・パウエル

    外交官になる以前からの野球好きで、公邸にはサインボールなどのコレクションを100点以上展示していた。駐米大使時代はブッシュ大統領に堂々と「野球のファンだ」と言い切り、2002年にソフトバンクの王貞治監督とコリン・パウエル国務長官との会談の席を設けるなど野球外交を展開していた。WBCや大リーグで始球式を務め、日米のホームラン王であるハンク・アーロンと王監督を日本大使公邸に招いてパーティーを開くなど、国内外の野球界に広く通じていた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た新井貴浩

    2011年3月17日、11日に発生した東日本大震災の影響でプロ野球の開幕延期が議論される中、選手会の反対を押し切ってセ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表した。翌18日に文部科学省から東京電力・東北電力管内での試合はできるだけ開催しないこととナイターの自粛を求められたが、加藤コミッショナーは取材を受けずコメントも出さなかった。22日に新井貴浩選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相を訪ねた際、東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、選手会との協調も重ねて指導された。加藤は翌23日において「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。シーズン終了後には統一球の導入により本塁打数が激減したことが問題になったが、統一球に対応できてこそ「一流の一流である」との私見を述べ、各打者の技術向上を要望した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た蓮舫

    2011年3月17日、11日に発生した東日本大震災の影響でプロ野球の開幕延期が議論される中、選手会の反対を押し切ってセ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表した。翌18日に文部科学省から東京電力・東北電力管内での試合はできるだけ開催しないこととナイターの自粛を求められたが、加藤コミッショナーは取材を受けずコメントも出さなかった。22日に新井貴浩選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相を訪ねた際、東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、選手会との協調も重ねて指導された。加藤は翌23日において「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。シーズン終了後には統一球の導入により本塁打数が激減したことが問題になったが、統一球に対応できてこそ「一流の一流である」との私見を述べ、各打者の技術向上を要望した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た高木義明

    2011年3月17日、11日に発生した東日本大震災の影響でプロ野球の開幕延期が議論される中、選手会の反対を押し切ってセ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表した。翌18日に文部科学省から東京電力・東北電力管内での試合はできるだけ開催しないこととナイターの自粛を求められたが、加藤コミッショナーは取材を受けずコメントも出さなかった。22日に新井貴浩選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相を訪ねた際、東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、選手会との協調も重ねて指導された。加藤は翌23日において「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。シーズン終了後には統一球の導入により本塁打数が激減したことが問題になったが、統一球に対応できてこそ「一流の一流である」との私見を述べ、各打者の技術向上を要望した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た川上哲治

    2008年6月18日、都内で開かれたプロ野球12球団のオーナー会議にて第12代コミッショナーに選任された。記者会見では中学時代に父からプレゼントされた川上哲治のサインバットを取り出して野球への想いを語った。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たSMAP

    2011年3月17日、11日に発生した東日本大震災の影響でプロ野球の開幕延期が議論される中、選手会の反対を押し切ってセ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表した。翌18日に文部科学省から東京電力・東北電力管内での試合はできるだけ開催しないこととナイターの自粛を求められたが、加藤コミッショナーは取材を受けずコメントも出さなかった。22日に新井貴浩選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相を訪ねた際、東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、選手会との協調も重ねて指導された。加藤は翌23日において「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。シーズン終了後には統一球の導入により本塁打数が激減したことが問題になったが、統一球に対応できてこそ「一流の一流である」との私見を述べ、各打者の技術向上を要望した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た三菱商事

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た下田武三

    1967年(昭和42年) 在アメリカ合衆国日本国大使館三等書記官(下田武三大使秘書)加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た2009年

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「加藤良三」のニューストピックワード