前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 加藤良三

    加藤良三から見た折田正樹

    アメリカンスクール(英語研修組)の外交官として同期の折田正樹と共に早くから将来を嘱望されていた。1995年(平成7年)、北朝鮮外交に対応するため、加藤がアジア局長に、折田正樹が北米局長に回った。さらに総合外交政策局長、外務審議官(政治担当)などを歴任、総政局長→事務次官へのコースを、入省が1期先輩にあたる川島裕同様切り開くかと見えたが、川島の後任次官には野上義二(加藤の1期後輩の昭和41年入省組)が就任し、加藤は次官を経由することなく2001年(平成13年)10月に駐米大使に任命された。当時外務省本省は田中真紀子外務大臣と事務方との対立で機能不全に陥っており、田中は加藤の次官就任を希望したと言われるが、アメリカンスクールのエースであった加藤が事務次官としてトラブルに巻き込まれ傷つくのを事務方が懸念したことが、この人事の背景にある。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たコリン・パウエル

    公邸にはサインボールなどのコレクションを100点以上展示していた。ブッシュ大統領に堂々と「野球のファンだ」と言い切り、また2002年には王監督とコリン・パウエル国務長官との会談の席を設けるなど、野球外交を展開した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た新井貴浩

    2011年3月17日、東北地方太平洋沖地震と津波の影響で計画停電が起こっている関東と東北において、セ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表すると同時に、政府や監督官庁から受ける指示に従う意向を示していた。翌18日には文部科学省からNPB宛に「東京電力・東北電力管内以外の地域で試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします。」「東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします。」と要請があったときには、取材を受けず、コメントも出さなかった。3月22日、新井貴浩日本プロ野球選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相らを訪ねた際に東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、さらに選手会との協調も重ねて指導された。翌23日、「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。スポニチのツイッターには「国政にまで時間を取らせていることが悲しい」という意見などが寄せられた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た蓮舫

    2011年3月17日、東北地方太平洋沖地震と津波の影響で計画停電が起こっている関東と東北において、セ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表すると同時に、政府や監督官庁から受ける指示に従う意向を示していた。翌18日には文部科学省からNPB宛に「東京電力・東北電力管内以外の地域で試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします。」「東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします。」と要請があったときには、取材を受けず、コメントも出さなかった。3月22日、新井貴浩日本プロ野球選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相らを訪ねた際に東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、さらに選手会との協調も重ねて指導された。翌23日、「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。スポニチのツイッターには「国政にまで時間を取らせていることが悲しい」という意見などが寄せられた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た高木義明

    2011年3月17日、東北地方太平洋沖地震と津波の影響で計画停電が起こっている関東と東北において、セ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表すると同時に、政府や監督官庁から受ける指示に従う意向を示していた。翌18日には文部科学省からNPB宛に「東京電力・東北電力管内以外の地域で試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします。」「東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします。」と要請があったときには、取材を受けず、コメントも出さなかった。3月22日、新井貴浩日本プロ野球選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相らを訪ねた際に東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、さらに選手会との協調も重ねて指導された。翌23日、「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。スポニチのツイッターには「国政にまで時間を取らせていることが悲しい」という意見などが寄せられた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た田中真紀子

    アメリカンスクール(英語研修組)の外交官として同期の折田正樹と共に早くから将来を嘱望されていた。1995年(平成7年)、北朝鮮外交に対応するため、加藤がアジア局長に、折田正樹が北米局長に回った。さらに総合外交政策局長、外務審議官(政治担当)などを歴任、総政局長→事務次官へのコースを、入省が1期先輩にあたる川島裕同様切り開くかと見えたが、川島の後任次官には野上義二(加藤の1期後輩の昭和41年入省組)が就任し、加藤は次官を経由することなく2001年(平成13年)10月に駐米大使に任命された。当時外務省本省は田中真紀子外務大臣と事務方との対立で機能不全に陥っており、田中は加藤の次官就任を希望したと言われるが、アメリカンスクールのエースであった加藤が事務次官としてトラブルに巻き込まれ傷つくのを事務方が懸念したことが、この人事の背景にある。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た川上哲治

    同年6月18日の東京・グランドプリンスホテル高輪で開かれたオーナー会議にて、正式に第12代コミッショナー就任が決定した。会議後に行われた会見で、かつて父からプレゼントされた川上哲治1955年首位打者獲得時のサインバットを取り出し、子供の頃に抱いた野球への想いを語った。なお加藤の仲人は第7代コミッショナーの下田武三である。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たSMAP

    2011年3月17日、東北地方太平洋沖地震と津波の影響で計画停電が起こっている関東と東北において、セ・リーグは予定通り3月25日に開幕すると発表すると同時に、政府や監督官庁から受ける指示に従う意向を示していた。翌18日には文部科学省からNPB宛に「東京電力・東北電力管内以外の地域で試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします。」「東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします。」と要請があったときには、取材を受けず、コメントも出さなかった。3月22日、新井貴浩日本プロ野球選手会会長らと高木義明文部科学相、蓮舫節電啓発担当相らを訪ねた際に東京電力と東北電力管内でのナイター自粛を要請され、さらに選手会との協調も重ねて指導された。翌23日、「狭い利益ではなく、選手会を含めた野球世界全体として考えるべき。今の時期に野球をやることは不謹慎だとは思わない。SMAPだって何だって、仕事をするんだと言っていた。」と主張した。スポニチのツイッターには「国政にまで時間を取らせていることが悲しい」という意見などが寄せられた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た王貞治

    加藤は野球に造詣が深く、ワールド・ベースボール・クラシックや大リーグで始球式を務めた経験がある。また、ソフトバンク監督王貞治とも懇意であることから、夕刊フジ編集委員・江尻良文はコミッショナーにふさわしい人物と挙げたことがあった。他にも豊田泰光のコラムにもその野球通ぶりを紹介されたことがある。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た三菱商事

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。その後埼玉県に移り住むのでさいたま市出身とする文献もあるが誤りである。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「加藤良三」のニューストピックワード