62件中 11 - 20件表示
  • 加藤良三

    加藤良三から見た下田武三

    1967年(昭和42年) 在米国日本大使館三等書記官(下田武三大使秘書)加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た日本野球機構

    2008年7月、日本野球機構のコミッショナーに就任(根來泰周代行の後任)。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た2009年

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。その後埼玉県に移り住むのでさいたま市出身とする文献もあるが誤りである。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た江尻良文

    加藤は野球に造詣が深く、ワールド・ベースボール・クラシックや大リーグで始球式を務めた経験がある。また、ソフトバンク監督王貞治とも懇意であることから、夕刊フジ編集委員・江尻良文はコミッショナーにふさわしい人物と挙げたことがあった。他にも豊田泰光のコラムにもその野球通ぶりを紹介されたことがある。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た川島裕

    アメリカンスクール(英語研修組)の外交官として同期の折田正樹と共に早くから将来を嘱望されていた。1995年(平成7年)、北朝鮮外交に対応するため、加藤がアジア局長に、折田正樹が北米局長に回った。さらに総合外交政策局長、外務審議官(政治担当)などを歴任、総政局長→事務次官へのコースを、入省が1期先輩にあたる川島裕同様切り開くかと見えたが、川島の後任次官には野上義二(加藤の1期後輩の昭和41年入省組)が就任し、加藤は次官を経由することなく2001年(平成13年)10月に駐米大使に任命された。当時外務省本省は田中真紀子外務大臣と事務方との対立で機能不全に陥っており、田中は加藤の次官就任を希望したと言われるが、アメリカンスクールのエースであった加藤が事務次官としてトラブルに巻き込まれ傷つくのを事務方が懸念したことが、この人事の背景にある。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た法眼晋作

    妻は法眼晋作(元外務事務次官)の二女。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た朝海和夫

    朝海和夫(欧州連合大使、国際社会協力部長)加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たコミッショナー

    2008年(平成20年)7月 日本プロ野球コミッショナー就任加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たリチャード・アーミテージ

    加藤は入省直後から4回の在米勤務経験があり、外務省有数の米国通としてリチャード・アーミテージなど共和党系を中心とした外交・安全保障の閣僚クラス・大統領補佐官・連邦議員などに豊富な人脈を有していた。駐米大使としては戦後最長となる6年半に亘る任期を務め上げ、日米関係の発展に尽力した。アメリカのシンクタンクは加藤の功績を称えて「加藤良三記念賞」を創設した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た野上義二

    アメリカンスクール(英語研修組)の外交官として同期の折田正樹と共に早くから将来を嘱望されていた。1995年(平成7年)、北朝鮮外交に対応するため、加藤がアジア局長に、折田正樹が北米局長に回った。さらに総合外交政策局長、外務審議官(政治担当)などを歴任、総政局長→事務次官へのコースを、入省が1期先輩にあたる川島裕同様切り開くかと見えたが、川島の後任次官には野上義二(加藤の1期後輩の昭和41年入省組)が就任し、加藤は次官を経由することなく2001年(平成13年)10月に駐米大使に任命された。当時外務省本省は田中真紀子外務大臣と事務方との対立で機能不全に陥っており、田中は加藤の次官就任を希望したと言われるが、アメリカンスクールのエースであった加藤が事務次官としてトラブルに巻き込まれ傷つくのを事務方が懸念したことが、この人事の背景にある。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「加藤良三」のニューストピックワード