51件中 31 - 40件表示
  • 加藤良三

    加藤良三から見た社外取締役

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た仲人

    妻は法眼晋作(元外務事務次官)の二女で、仲人は第7代日本プロ野球コミッショナーの下田武三である。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た由利郡

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た2013年の日本シリーズ

    2013年6月12日、加藤は統一球の仕様変更を公表していなかった問題で会見を開き、混乱を招いたことについて謝罪する一方で、加藤の了承の上で変更が行われたという下田事務局長の主張について「昨日まで全く知りませんでした。」と否定し、責任を追及する記者に対しては「不祥事を起こしたとは思っていません」と答えた。この発言に対し苦情が殺到したため、14日の会見では「ファン、選手の方々に迷惑をおかけしたことについては大変な失態であったと思い、猛省しております」と述べたが、辞任については重ねて否定した。一方、実際には統一球検査の報告を随時受けていたことが取材で発覚したが、9月19日のプロ野球12球団オーナー会議の席上で挨拶し、日本シリーズ前日の10月25日までにコミッショナー職を辞任する事を表明した。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見たアメリカ合衆国下院121号決議

    アメリカ合衆国下院121号決議に対しては、決議案に書かれた「20世紀最大の人身売買」「集団強姦」「身体切断」などといった文面に対する反論ではなく、日本政府は既に謝罪を行っているとの立場で採択への反対論を展開し、決議案の委員会採決直前には米下院の有力者に決議案全面撤回を求める書簡を送っている。この文書で加藤は「仮に決議案が可決された場合、日本政府はイラク復興や対テロ戦争でのアメリカへの支援の見直しなども含めた対策を取らざるを得ないだろう。日米の友好関係に長期にわたって悪影響を与える。」と主張し、決議案の全面撤回を求めた。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た日本

    加藤 良三(かとう りょうぞう、1941年9月13日 - )は、日本の外交官、前プロ野球コミッショナー、三菱商事特別顧問で2009年6月より社外取締役。埼玉県生まれ、秋田県由利郡由利町(現:由利本荘市)出身。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た条約

    1981年(昭和56年)2月 条約局調査官加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た成蹊中学校・高等学校

    成蹊高等学校を経て東京大学法学部を卒業。1965年(昭和40年)に外務省入省。イェール大学で英語研修。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    2009年の第2回WBC終了後、日本代表の大会3連覇に向けてプロ野球の使用球をWBCで使われるアメリカのボールに合わせるべきとの見解を発表した。コミッショナー主導の下、2010年夏に翌シーズンからの統一球導入が決まった。加藤は統一球の導入により「国際試合でもNPBの選手のボールに対する違和感が少なくなることを期待」すると述べ、このボールが国際大会使用球となることを目指すとした。また、すべての統一球には加藤コミッショナーのサインが刻印された。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤良三

    加藤良三から見た瑞宝大綬章

    2017年4月29日付の春の叙勲で、瑞宝大綬章を受章。加藤良三 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「加藤良三」のニューストピックワード