前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
853件中 1 - 10件表示
  • 押野後藤家

    押野後藤家から見た加賀国加賀国

    押野後藤家(おしのごとうけ)は、加賀国(現在の石川県南部)の守護大名冨樫氏の後裔で、安土桃山時代から昭和期までを押野村(加賀国)に住んで十村役などを勤めた武門に始まる家系。押野後藤家 フレッシュアイペディアより)

  • 白山比め神社

    白山比め神社から見た加賀国加賀国

    白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、石川県白山市三宮町にある神社。式内社、加賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。白山比め神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県

    石川県から見た加賀国加賀国

    石川県(いしかわけん)は日本の都道府県の一つ。本州の中央部、日本海側の北陸地方に位置する。県域は令制国 の加賀国と能登国 に当たる。県庁所在地は金沢市。石川県 フレッシュアイペディアより)

  • 飯久保城

    飯久保城から見た加賀国加賀国

    狩野氏は元々は加賀国の在地領主であった。鎌倉時代には加賀国大聖寺城を築いてこれに拠っており、中先代の乱では宮方として活躍している。その後は加賀国守護富樫氏の家臣であったが、長享2年(1488年)に発生した加賀一向一揆によって当主の富樫政親が敗死。加賀国の支配権は富樫氏から一向一揆勢力へと移行した。狩野氏はこの難を避けて越中国氷見へと落ち延びて定住したと云う。飯久保城の正確な築城年代は不明だが、これ以降であろう。飯久保城 フレッシュアイペディアより)

  • 清原惟岳

    清原惟岳から見た加賀国加賀国

    清原 惟岳(きよはら の これおか、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての皇族・貴族。もと惟岳王を名乗るが、清原真人姓を与えられて臣籍降下。加賀守・清原長田の子。官位は従五位上・豊前守。清原惟岳 フレッシュアイペディアより)

  • 坪内氏

    坪内氏から見た加賀国加賀国

    坪内氏(壺内氏 つぼうちし、つぼうちうじ)は、日本の氏族の一つ。鎮守府将軍藤原利仁流加賀国国主富樫氏の一族の他、下記の系統がある。坪内氏 フレッシュアイペディアより)

  • 御船彦主

    御船彦主から見た加賀国加賀国

    御船 彦主(みふね の ひこぬし、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。氏姓は御船宿禰のち菅野朝臣。官位は従五位下・加賀権介。御船彦主 フレッシュアイペディアより)

  • 富樫氏

    富樫氏から見た加賀国加賀国

    富樫氏(とがしし)は、藤原利仁に始まるといわれる氏族である。室町時代に加賀国(現在の石川県南部)を支配した守護大名である。。富樫氏 フレッシュアイペディアより)

  • 宮腰

    宮腰から見た加賀国加賀国

    この佐良嶽は現在の金沢市金石町あたり、犀川河口南岸の砂丘地とを指すと推測される。大野湊神社はこの佐良嶽に元々鎮座していたと考えられ、加賀国宮腰の地名は砂丘上にあった神社の麓(宮の腰)に由来すると考えられる(「温故集録」「加賀志徴」また、下の「石川郡誌における記載」も参照)。地名由来譚として他に、白山の宮の腰という説明もある(大野湊神社を参照)。いずれも、古語「腰」が山裾の意を持つことにちなむ解釈である。南北朝から室町時代初期に成立したと言われる義経記の巻第七目録「判官北国落の事」に、以下のように宮腰の地名が認められる(ただし加賀国宮越と書かれている箇所もある)。義経記は、室町前期の流通路を伝える資料と考えられている。宮腰 フレッシュアイペディアより)

  • 朝倉貞景 (9代当主)

    朝倉貞景 (9代当主)から見た加賀国加賀国

    明応2年(1493年)の明応の政変では細川政元に協力し、朝倉軍は将軍義材を捕らえている。ところが同年7月、義材が越中国放生津へ下向して越中公方を樹立すると、ただちにそのもとへ馳せ参じた。翌年10月、義材の上洛軍挙兵に呼応して加賀国より越前に攻め込んだ加賀の一向一揆や甲斐氏の軍勢と大野郡・坂井郡で交戦、勝利している。明応4年(1494年)に美濃で勃発した船田合戦には斎藤方として貞景自ら近江国柳ヶ瀬まで出陣、翌年の決戦にも朝倉軍を派遣、大勝している。朝倉貞景 (9代当主) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
853件中 1 - 10件表示