853件中 91 - 100件表示
  • 安宅

    安宅から見た加賀国加賀国

    一方、義経と弁慶、その他義経の家来、強力の総勢12人が山伏姿で橋懸(はしがかり)から登場。「旅の衣はすずかけの」という有名な謡を謡う。2月10日に都をでて逢坂関から近江にぬけ琵琶湖を船で海津までわたり、有乳山をこえて気比の海(今の福井県敦賀市)にたどりつき越前をとおって花の季節に加賀国安宅についたという謡である。安宅 フレッシュアイペディアより)

  • 正親町三条実福

    正親町三条実福から見た加賀国加賀国

    正親町三条実福(おおぎまちさんじょう さねとみ、天文5年(1536年) - 永禄11年1月25日(1568年2月22日))は、室町時代後期の公卿。後奈良天皇(105代)・正親町天皇(106代)の二帝にわたり仕えた廷臣で官位は従二位権中納言まで昇った。父は内大臣正親町三条公兄。母は加賀介藤原某(富樫氏と言われる)の娘。子に権中納言正親町三条公仲がいる。正親町三条実福 フレッシュアイペディアより)

  • 斯波義種

    斯波義種から見た加賀国加賀国

    斯波 義種(しば よしたね)は南北朝時代から室町時代の武将・守護大名。室町幕府小侍所頭人、侍所頭人、加賀・越前・若狭・信濃・山城守護。斯波高経の5男。家長、氏経、氏頼、義将の弟。子に満種、満理。斯波義種 フレッシュアイペディアより)

  • 畠山家俊

    畠山家俊から見た加賀国加賀国

    1531年(享禄4年)、本願寺10世証如の後見人(外祖父)蓮淳と一門衆との争いにより加賀で発生した大小一揆が勃発すると、甥で蓮能所生の実悟(蓮如の10男)救援のために能登守護畠山義総の許しを得て朝倉宗滴と富樫稙泰・泰俊父子と共に加賀に出陣するが、本願寺から派遣された討伐軍に敗れて戦死した。畠山家俊 フレッシュアイペディアより)

  • 康正

    康正から見た加賀国加賀国

    元年(1455年) - 富樫政親、加賀守護(長享2年死去)康正 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮悟

    蓮悟から見た加賀国加賀国

    幼少時代に次兄の元に養子に出されたと見られ、次兄と共に加賀・越中を転々とした。加賀一向一揆が一揆側の勝利に終わり、加賀国内が一応の安定を見た文明14年(1483年)に父の名代として加賀を訪れた長兄順如の手によって得度した。養父となった次兄・蓮乗は北陸の門徒のまとめ役になる事を期待されていたが、病気がちであり、蓮悟の得度の際にあわせて本泉寺を継承している。やがて蓮悟は三兄の蓮綱、四兄の蓮誓と共に北陸門徒のまとめ役となる。蓮悟 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮綱

    蓮綱から見た加賀国加賀国

    幼い頃、浄土宗の寺院に預けられていたが、文明年間初め頃に加賀に下る。後に同国波佐谷(現在の石川県小松市)に松岡寺を建立する。しかし、蓮如と加賀守護富樫政親が対立した文明7年(1476年)に越前吉崎御坊にいた父と合流して一旦加賀を離れた。だが、5年後に再び松岡寺に復帰すると隣国の越中一向一揆を指導していた弟蓮悟や吉崎に残っていた同じく弟の蓮誓と連携して富樫氏と対抗した。長享2年(1488年)に政親が一揆討伐軍を上げると逆にこれを攻め滅ぼした(長享の一揆)。蓮綱 フレッシュアイペディアより)

  • 溝口善勝

    溝口善勝から見た加賀国加賀国

    天正12年(1584年)、加賀国大聖寺にて溝口秀勝の次男として生まれる。はじめ父と共に豊臣氏に仕えたが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与し、戦後は徳川秀忠の家臣となった。慶長10年(1605年)、秀忠の上洛に随行して従五位下、伊豆守に叙任される。慶長15年(1610年)、父が死去して家督(越後新発田藩主)は兄の宣勝が継いだが、兄から1万2,000石を分与され、それまで領していた2,000石と合わせて1万4,000石の大名・越後沢海藩主となった。溝口善勝 フレッシュアイペディアより)

  • 学問料

    学問料から見た加賀国加賀国

    ところが、その主たる面積を占めていた加賀国の旧大伴家持没官領が、藤原種継暗殺事件関係者の名誉回復に伴い、当時の官界の実力者伴善男の要求で伴氏(旧大伴氏)に返還されることとなった。しかも、応天門の変によって伴善男が流罪となり、再度当該地が没官された後に大学寮ではなく、穀倉院に編入されたことから経営基盤を失った大学寮と新たに当該地を得た穀倉院の間で対立が生じた。更に藤原氏などの有力諸氏が自己の氏族に属する学生のために大学別曹を設置して生活を支援したことから、大学寮に替わって大学別曹の支援を受けた有力紙族の子弟と生活支援を失った他氏の学生の間に一種の「格差」が生じるようになっていった。三善清行が『意見十二箇条』によって勧学田の復興を唱えたのはそんな時期のことであった。学問料 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正陳

    堀田正陳から見た加賀国加賀国

    第2代藩主・堀田正朝の長男。母は板倉重常の娘。正室は正朝の兄・堀田正方の娘。継室は水谷勝比の娘。子に正邦(長男)、本多正命(次男、本多正安養子)、本多助友(三男、本多紀知養子)、脇坂安親(四男、脇坂安種養子)、屋代忠良(五男、屋代忠国養子)。官位は従五位下、出羽守、加賀守。堀田正陳 フレッシュアイペディアより)

853件中 91 - 100件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード