651件中 91 - 100件表示
  • 曲水温泉

    曲水温泉から見た加賀国加賀国

    曲水温泉(きょくすいおんせん)は、石川県金沢市(旧国加賀国)にある温泉。曲水温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 梅岳寺

    梅岳寺から見た加賀国加賀国

    加賀国の大乗寺の卍字禅師を講じて、中興開山として、立花山梅岳寺と命名し、現在に至る。寺には心空院の位牌が安置される。また、寺産として黒田家より25石、立花家から30石寄進される。梅岳寺 フレッシュアイペディアより)

  • 三代相論

    三代相論から見た加賀国加賀国

    義介は自ら定めた行持を古規に戻すなど反対派との融和を図るが対立は深まる一方であり、7年後の弘安10年(1287年)永平寺を下山し加賀大乗寺に移った。この時、義介に従う多くの弟子も大乗寺に移り、道元の法系は永平寺と大乗寺に分かれることとなった。三代相論 フレッシュアイペディアより)

  • 布市藩

    布市藩から見た加賀国加賀国

    慶長13年、雄久の従兄弟である前田利長が能登国石崎ほか1万3000石の散在所領との交換を持ちかけ、幕府の許しを得て能登に移り、布市藩は僅か8年間で消滅した。布市藩土方家は能登石崎藩、次いで下総国田子藩、陸奥国窪田藩となり、貞享年間に御家騒動で改易された(『徳川実紀』)。越中布市を加賀国(石川県)の野々市と混同している資料(角川書店『日本史辞典』、藤野保編『藩翰譜』、旧版『菰野町史』ほか)もあるが、誤り。布市藩 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野源左衛門

    佐野源左衛門から見た加賀国加賀国

    鉢木では雪の日に僧が源左衛門の家に泊にきて貧乏ながらも精一杯のもてなしをし、自分が一族に佐野庄三十余郷の領土を押収されたことを僧に話した。僧が旅立ったその後に幕府から動員命令が下り、源左衛門も駆け付けた。源左衛門は執権に召し出されあの雪の日に泊まった僧が時頼だったことを知り、時頼は一族に押収された佐野庄三十余郷を返し与えさらに家でもてなしたときに使った薪の種類に合わせ、加賀国梅田庄、越中国桜井庄、上野国松井田庄の領土を恩賞として与えた。佐野源左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 名越時兼

    名越時兼から見た加賀国加賀国

    越中・能登・加賀の兵、約3万で京都を目指したが、大聖寺城での戦いで敗れた。名越時兼 フレッシュアイペディアより)

  • 二条師基

    二条師基から見た加賀国加賀国

    建武2年(1335年)、足利尊氏が反旗を翻し京へ攻め上ってくると、建武の新政に不満をもつ諸国の武士もこれに呼応し蜂起する。京では防御態勢が整えられ、師基は西北の山陰道方面の守りを任せられて、証月坊慶政開基の法華山寺(京都市西京区御陵峰ヶ堂)に布陣する。しかし、同3年(1336年)1月8日、但馬・丹後の兵を率いた久下時重らに撃破され、大枝山が占拠された。この軍勢は、新田一族の江田行義の軍によってその日のうちに追い払われたが、結局、その年の5月に京都は足利軍に奪われ、天皇とその軍勢は比叡山に籠った。6月に入ると比叡山は東西から繰り返し攻められるが、新田義貞等の奮闘により防衛に成功する。足利軍の士気が低下したのを見て、官軍は6月30日に反攻に転じ、京都市中に侵攻するが撃退される。『太平記』によると、この失敗により意気消沈していたところ、7月5日、二条師基が加賀・越前の軍勢を率いて官軍に合流したことで再度奮起し、第2回・第3回の京都市中への攻撃を実行、師基も兵を率いて参戦する。しかし、いずれも撃退され、膠着状態になったところで後醍醐天皇と足利尊氏との和睦へと物語は展開する。しかし、この3回に渡る京都侵攻作戦は、『梅松論』『常楽記』が6月30日の出来事として記すもので、『太平記』ではストーリー構成上、この日の戦いを3分割して描いていると推定されている。二条師基 フレッシュアイペディアより)

  • 北条時敦

    北条時敦から見た加賀国加賀国

    1306年(徳治元年)に引付衆の一員として幕政に参画し、従五位上に叙任された1310年(延慶3年)、六波羅探題南方に就任、1315年(正和4年)には北方に転進した。この頃持明院統と大覚寺統の間で皇位継承を巡る紛糾があり、時敦は大仏維貞と共に朝廷と折衝して問題の調停に尽力した。六波羅探題の北方は摂津と播磨の守護を兼備しており、時敦も摂津と播磨の守護職にあったようである。更に佐藤進一の指摘によれば加賀国の守護職も担当していた。北条時敦 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々平左衛門

    佐々平左衛門から見た加賀国加賀国

    天正12年(1584年)、末森城合戦に参加。 同年、加賀・龍ヶ峰城を守備するが前田秀継に攻め落とされている。佐々平左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木重泰

    鈴木重泰から見た加賀国加賀国

    顕如の命で加賀に赴き、同地の一向一揆を指導した。しかし本願寺が降伏した後、柴田勝家率いる織田軍に攻められて戦死した。鈴木重泰 フレッシュアイペディアより)

651件中 91 - 100件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード