853件中 101 - 110件表示
  • 堀田正誠

    堀田正誠から見た加賀国加賀国

    4,260石を領した大身旗本・本多助信の次男。母は堀田正穀の娘。正室は中津藩主・奥平昌高の娘。継室は福江藩主・五島盛成の娘。子に岩城隆彰(三男)、娘(堀田正養正室)。官位は従五位下、豊前守、加賀守。堀田正誠 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井宗茂

    藤井宗茂から見た加賀国加賀国

    その後、知己であった越中国富山藩前田家(加賀国金沢藩前田家の分家)の家臣金森八三衛門(山林見回り奉行)を頼り、越中国射水郡小杉村に身を寄せ、藤井左門と称した。大手崎村の豪農赤井屋九郎平の娘を妻に娶り、その間に二男一女をもうけた。なお、長男は後に明和事件で処刑される藤井直明である。藤井宗茂 フレッシュアイペディアより)

  • 橋健三

    橋健三から見た加賀国加賀国

    1861年(万延2年1月2日)、加賀国金沢区(現石川県金沢市)大豆田町で、加賀藩士の父・瀬川朝治と母・ソトの間に、二男として生まれる。幼少より漢学者・橋健堂(加賀藩学問所「壮猶館」教授)に学ぶ。橋健三 フレッシュアイペディアより)

  • 鏑木繁常

    鏑木繁常から見た加賀国加賀国

    鏑木 繁常(かぶらぎ しげつね、応永31年(1424年)? - 永正元年3月25日(1504年4月10日)?)は、室町時代から戦国時代初期にかけての武将、僧侶。加賀国松任城主。父は鏑木繁治。妻は富樫成春の娘、妙善尼。子に繁時、繁行(徳圓)、田屋某室。通称兵衛尉。法名は徳善。鏑木繁常 フレッシュアイペディアより)

  • 鶯宿温泉

    鶯宿温泉から見た加賀国加賀国

    開湯は天正年間の頃、約450年前とある。湯量の豊富な温泉であり、開湯伝説によれば、ウグイスが川床で傷を癒しているところを加賀国から移住してきた木樵「助」と名乗る男が発見したと伝えられ、以後は近郷の僧侶の助力もあり、庶民の湯治場として整備し、ウグイスの伝説に因み、鶯宿と名乗るようになった。鶯宿温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶夢

    蝶夢から見た加賀国加賀国

    1757年(宝暦9年)、敦賀に赴いたのをきっかけとして、支麦の系統の地方俳諧に接し、都市風の俳諧から地方風の俳諧に転じた。俳人で行脚僧の既白や加賀国出身の二柳・麦水などと交流し、蕉風俳諧の復興を志した。蝶夢 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀権守

    加賀権守から見た加賀国加賀国

    加賀権守 フレッシュアイペディアより)

  • 織田長頼

    織田長頼から見た加賀国加賀国

    元和6年(1620年)、加賀国にて生まれる。慶安元年(1648年)12月晦日、従四位下に叙任する。後に侍従に任官する。万治2年(1659年)12月23日、父・高長の隠居によって家督を相続する。翌年9月3日、弟長政に3000石を分け与える。これにより、宇陀松山藩の石高は2万8235石余となる。なお、長政は幕府の交代寄合に加えられる。長政の子の信明は、高家旗本になる。織田長頼 フレッシュアイペディアより)

  • 斯波義将

    斯波義将から見た加賀国加賀国

    幕府の管領に返り咲いた義将は、管領と政所の機構を整備して権限を強化、春屋妙葩を僧録に任命して禅僧の統括を図るなどよく義満を補佐し室町幕府の安定に力をつくした。また斯波氏としても建武以来の領国であった越前を取り戻し(越中を畠山基国と交換)、義将の弟・義種が加賀の守護に任じられ、弘和2年(1382年)12月には従四位下左兵衛督に昇進するなど幕府内で勢力を拡げていったが、頼之の領国伊予を没収し河野通堯に与えてこれを討伐しようとした計画は、通堯が返り討ちに遭ったことや、義満がこれ以上の細川氏への刺激を抑えたことによって失敗に終わった。斯波義将 フレッシュアイペディアより)

  • 茂世王

    茂世王から見た加賀国加賀国

    貞観元年(859年)従四位上に叙され、貞観3年(861年)阿波守に任ぜられる。貞観8年(866年)には大宰大弐に任ぜられ、貞観11年(869年)宮内卿を務める。その後刑部卿に転じ、貞観16年(874年)加賀守を兼任、さらにその後正四位下に叙された。茂世王 フレッシュアイペディアより)

853件中 101 - 110件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード