853件中 111 - 120件表示
  • 津神社

    津神社から見た加賀国加賀国

    社伝によると、推古天皇の時代、伊勢国安濃郡津(現・三重県津市)より勧請されたという(神社名は不明)。別の説では加賀国江沼郡(現・石川県加賀市)の潮津神社の勧請という。津神社 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原隆房

    藤原隆房から見た加賀国加賀国

    保元3年(1158年)に従五位下に叙爵。以後加賀国・因幡国の国司や右近衛中将・左近衛中将・蔵人頭などを歴任し、元暦元年(1184年)に従三位に叙せられる。文治5年(1189年)に権中納言、正治元年(1199年)に中納言・正二位、元久元年(1204年)には権大納言に至る。建永元年(1206年)に出家し引退。法名は寂恵。藤原隆房 フレッシュアイペディアより)

  • 持明院保家

    持明院保家から見た加賀国加賀国

    嘉応3年(1171年)従五位下に叙爵。承安4年(1174年)従五位上・加賀守に叙任され、安元元年12月(1176年2月)侍従に任ぜられる。持明院保家 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵山村

    蔵山村から見た加賀国加賀国

    村名の由来は、現在の白山市月橋町の東側の山が「御蔵山」と呼ばれていたことによる。なお、この御蔵山の名は、加賀国守護大名の富樫氏の食糧を貯蔵していた蔵が在ったという伝承に因むと言われている。蔵山村 フレッシュアイペディアより)

  • 伴友足

    伴友足から見た加賀国加賀国

    淳和朝では加賀守・遠江守・常陸介と地方官を歴任したのち、左衛門佐を務めた。天長10年(833年)正五位下次いで従四位下、承和8年(841年)従四位上に至る。承和10年(843年)1月5日卒去。享年66。最終官位は散位従四位上。伴友足 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原仲統

    藤原仲統から見た加賀国加賀国

    文徳朝では引き続き左近衛少将を務めながら、仁寿3年(853年)正五位下、斉衡2年(855年)従四位下と順調に昇進する。のち、備前権守・左馬頭・民部大輔・加賀守等内外の諸官を歴任した。また、天安2年(858年)8月の文徳天皇の崩御にあたっては、装束司を務めている。藤原仲統 フレッシュアイペディアより)

  • 源生

    源生から見た加賀国加賀国

    承和3年(836年)11月に無位から従四位上・加賀守に叙任される。承和12年(845年)備後守、嘉祥3年(850年)山城守、嘉祥4年(851年)左京大夫、仁寿4年(854年)美作守、斉衡2年(855年)治部卿を歴任し、天安2年(858年)正四位下に昇る。貞観2年(860年)大蔵卿を経て、貞観3年(861年)筑前権守、翌年には讃岐権守任ぜられる。源生 フレッシュアイペディアより)

  • 源寛

    源寛から見た加賀国加賀国

    元服と同時に正六位上に叙せられ、のち省試に及第して文章生となる。承和3年(836年)正五位上から従四位上に昇叙される。のち加賀守・阿波守と地方官を経て、承和12年(845年)神祇伯に任ぜられると、右京大夫・刑部卿と京官を歴任。仁寿2年(852年)越中守と再度地方官を兼ね、斉衡4年(857年)讃岐権守に転じた。この間の斉衡3年(856年)20年ぶりに昇叙され正四位下となるが、以降死去までの20年間この位階に留まった。源寛 フレッシュアイペディアより)

  • 多治貞岑

    多治貞岑から見た加賀国加賀国

    右京の出身。若い頃から大学寮にて学ぶが、文才があり、奉試に及第して文章生となる。天長9年(832年)多治比貞成の奏請により、一族とともに多治比から丹墀に改姓する。翌天長10年(833年)兵部少丞に任ぜられ、兵部大丞を経て、承和5年(838年)従五位下・加賀介に叙任される。多治貞岑 フレッシュアイペディアより)

  • 溝口直信

    溝口直信から見た加賀国加賀国

    ハ女:幾姫 - 加賀大聖寺藩主・前田利考正室。溝口直信 フレッシュアイペディアより)

853件中 111 - 120件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード