853件中 121 - 130件表示
  • 野沢凡兆

    野沢凡兆から見た加賀国加賀国

    野沢 凡兆(のざわ ぼんちょう、寛永17年(1640年) - 正徳4年(1714年))は、江戸時代前期の俳諧師。姓は越野、または宮城、宮部とも。加賀国金沢の出身と言われる。京都に出て医者になり、そのときに松尾芭蕉と出会い、師事したが後に離れた。晩年は零落したという。妻の野沢とめ(羽紅)も俳諧師である。写実的な句を得意とした。野沢凡兆 フレッシュアイペディアより)

  • 白峰温泉

    白峰温泉から見た加賀国加賀国

    白峰温泉(しらみねおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。白峰温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 美川温泉

    美川温泉から見た加賀国加賀国

    美川温泉(みかわおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。美川温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 深谷温泉

    深谷温泉から見た加賀国加賀国

    深谷温泉(ふかたにおんせん)は、石川県金沢市(旧国加賀国)の北部、津幡森本丘陵の深谷川沿いにある温泉である。口の湯(口ノ湯、口之湯)、中の湯(中ノ湯、中之湯)、元湯の異なる3つの泉源がある。深谷温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 橋健堂

    橋健堂から見た加賀国加賀国

    1822年(文政5年)、加賀国金沢(現石川県金沢市)で、加賀藩士の父・橋一巴(幸右衛門)と金沢出身の母との間に二男として生まれる。幼少より書を善くした。父・橋一巴(いっぱ)は漢学者、書家で、「鵠山」と号した。健堂の兄・往来(ゆきき)も漢学者、書家で、「石甫」「対蘭軒」と号した。橋健堂 フレッシュアイペディアより)

  • 平親国

    平親国から見た加賀国加賀国

    嘉応2年12月(1171年2月)従五位下・伊賀守に叙任されるが、ほどなくして阿波守に遷任。安元2年12月(1177年1月)従五位上に叙せられ、安元3年(1177年)には加賀守に任ぜられた。平親国 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原忠宗

    藤原忠宗から見た加賀国加賀国

    嘉承元年12月(1107年1月)左近衛少将に任ぜられる。嘉承2年(1107年)には伊予介を兼ね、五位蔵人に補任。天仁元年(1108年)正五位下・丹波権介に叙任され、天永3年(1112年)従四位下に叙せられた。加賀権介を経て、永久5年(1117年)従四位上に昇叙。永久6年(1118年)に備中権介を兼ねる。元永2年(1119年)正四位下・左近衛中将に叙任され、元永3年(1120年)美作介、保安3年12月(1123年1月)蔵人頭に補せられ、翌保安4年(1123年)には中宮権亮も兼ねた。藤原忠宗 フレッシュアイペディアより)

  • 亀鶴姫

    亀鶴姫から見た加賀国加賀国

    加賀にて生まれる。寛永3年(1626年)1月24日、徳川家光の養女となり、津山藩世嗣の森忠広と縁組する。寛永5年(1628年)に嫁いだ。亀鶴姫 フレッシュアイペディアより)

  • 和州吉野郡群山記

    和州吉野郡群山記から見た加賀国加賀国

    群山記の成立年代は定かではないが、最も新しい記事が弘化3年(1847年)12月付の十津川でのものであることや、伴存から門弟の堀田龍之介にあてた弘化4年(1847年)12月27日付の書簡で群山記の構成を伝えていることから、弘化4年頃のことであると見られる。伴存は、文政5年(1822年)に加賀国白山に赴き、『白山之記』および『白山草木志』(上下巻)を著しているが、これらの著作が群山記と構想や構成を同じくすることから、いわば白山は試行であったと考えられている。和州吉野郡群山記 フレッシュアイペディアより)

  • 木下祐久

    木下祐久から見た加賀国加賀国

    こうした祐久ら代官たちが越前支配の実権を持っているという事情もあり、天正2年(1574年)1月に越前一向一揆が勃発した際には名目上の守護代であった桂田を討ち果たした富田長繁ら一揆勢は次の標的として北ノ庄の3代官の命を狙った。北ノ庄を包囲された祐久らは絶体絶命の危機に立たされたが、安居景健、朝倉景胤らの説得によってどうにか一揆勢と和睦する事ができ、3代官は北ノ庄を明け渡すと京都へと逃げ帰った。天正6年(1580年)4月、魚住隼人正と共に加賀に入って情勢を視察し、任を終えるとそれを労われ、信長より服、柴田勝家より馬を与えられている。木下祐久 フレッシュアイペディアより)

853件中 121 - 130件表示

「加賀のできごと」のニューストピックワード